マクロスまとめ船団!デルタ速報部

話題のデカルチャー!!

相互リンク・RSS募集中です!サイト運営項目よりご連絡ください

マクロスまとめ船団人気コンテンツ

アニメ感想 | 考察まとめ | 楽曲情報
グッズ情報 | コミカライズ&ノベライズ

マクロスFebri感想 デルタを読み解く上でのポイントを一部紹介

マクロスフェブリ8月30日発売の「マクロスFebri」では本編22話放送終了までを前提として、制作秘話や今後の展開・注目点など制作陣のインタビューが多岐に渡り掲載されています。
当記事ではその中からデルタを読み解く上で気になったポイントを一部抜粋して紹介します。

※一部今後のネタバレを含む内容を含んでいますので閲覧の際はご了承下さい

シリーズ構成 根元歳三さんインタビュー

シナリオを書くうえでこだわったところ

・どのキャラクターも、全体的に語尾や一人称の統一をあえて気にせず、TPOに合わせて変えている
・話し方によって、そのキャラクターがどういう精神状態でいるのか、ONなのかOFFなのか、というのを明確にしようと思っていた

歌は兵器というテーマについて

・最終回まで書き切って、きちんとした答えは出せたのかよくわからないですが、「マクロス」に欠かせない歌というテーマに関して一歩踏み込めた気はします
・河森総監督と「できれば、ただの歌に戻る物語になったらいいよね」という話し合い
・やはり歌が兵器であることは否定したいというか、認めるのは悲しいこと
・プロトカルチャーシステムも、実際に戦争で使う為に作ったのかといえば、そうじゃないのではという部分もあって

三角関係について

・見ている方々に「3人は、このまま3人でいてほしい」と思ってもらえるように心がけている
・勝ち負けではなくて、3人で並んでいる画が素敵だと思ってもらいたい、というのがまずあった
・結末は最後までお楽しみ

この先のシリーズについて

・河森さんがこの「マクロス」という物語に決着を付けようとしているとは思えなかったんです

監督 安田賢司さんインタビュー

メカニック部分について

・バルキリーは戦闘機としての要素を特に強く意識して作っている
・大気圏内で人型になったところで、攻撃の的にしかならないという現実的な部分も考慮
・今回は戦闘機としてのリアルさ挙動を追及する方向性

三角関係の方針

・ドキドキ感よりも、少しずつ丁寧に関係性が深まっていくことを重視
・昼メロドラマではなく、リアルな恋愛に近い

最終話に向けて今後の展開のヒント

・ロイドが自分の野望をチラチラ見せ始めているところが鍵に
・ロイドが最終的に何をやろうとしているのか、それが明らかになったときに、ハインツとキースがどのように対応していくのか
・このタイミング(22話終了時点)で、1話から振り返ると内容面でも新たな発見が増えるのではないか

・メイン3人の三角関係は、どのように決着するのか、果たして決着するのかどうかも含めて楽しみにしてください
・3人がどのような答えをみつけていくのか。それは自信をもってお届けできるかと思いますので、期待して待っていてください

総監督・バルキリーデザイン 河森正治さんインタビュー

テーマ

・「今この瞬間を大事に生きる」というのが大きな柱(テーマ)
それを体現しているのがフレイアで、彼女をうまく描けるかどうかにΔの成功はかかっているともいえます

・19話でベルガーが語っているのはあくまで彼の仮説ですね(笑)「愛・おぼえていますか」はあくまで当たり前のラブソングなんです
・歌が地球を救う、みたいなキレイごとですませられない時代であることは確かなんです。実際によい、悪いではなく、歌が平和にも戦闘にも使われているというところを示せればと

戦闘

・「Δ」ではミサイルはほぼ手描きなんですよ。なので、重要なシーンでしか撃たせてもらえない(笑)

三角関係の見どころ

・美雲を恋愛としての三角関係から外し、ミステリアスな物語のキーとしている
・ミラージュはそろそろ一皮むけた頃。あまり活躍できない分、思わず応援したくなるミラージュが好きな人もいますよね(笑)
・ミラージュは視聴者代表に近い。その上で第22話のコンテ作業をしているときに、やっぱりもう少し活躍させたいなと思ったんです。だから、22話では彼女らしい見せ場を作れたかなと思います

今後の「マクロス」展開について

・企画段階で出ていた「バルキリーの競技会的な内容」は今でもアリかなと
・あとは、戦闘・歌・三角関係、どれかひとつに特化するような内容の作品とか
・バルキリーの描き方は、数年先でも、もう今のような描き方はできないかもしれない。そろそろ無人機だけの世界になる可能性があって、有人戦闘機のリアリティがなくなってしまう危険性が出てきますから

マクロスデルタの結末は…

・一応既に決まっている(いつもはそれができないが)。そう言いながらも3回くらい変えましたが(笑)
やっぱり、自分たちの思った以上の動きをキャラがし始めたとき、初めて本当にやり甲斐が生まれてくるし、そこでやっと本当の結末に辿り着くと思うんですよ

音響監督 三間雅文さんインタビュー

彼女(鈴木さん)はまだ若いので、三角関係の恋愛になると「あれ?」っていうときがある。
「マクロス」ってきれいそうにみえて、意外とドロドロしているじゃないですか。
まだ、その部分にピンとこないところがあるようで、少しヒントを与えないといけないんです。
ちょうど今、最終話近くのドロドロしている話数を収録しているところなので、一番苦労、いや楽しんでおります。

※声優陣とのやり取り、演技指導等の舞台裏が掲載されており面白い内容です

声優陣インタビュー

※各声優陣からみたキャラクターの魅力、演技をする上での苦労話などボリュームたっぷりの内容です!
また、ハヤテ役内田さん、ミラージュ役瀬人さんからみた2人の劇中恋愛観や三角関係の行方など興味深い(インタビュー時点では結末を知らないながらも突っ込んだ)内容となっていました。

マクロスΔプロデューサー 近藤文吾さんインタビュー

マクロスΔはマクロスシリーズの長い歴史のひとつであり、先につなげる作品にしたい
TVシリーズは10年に1本くらいしか制作されていないので、その間隔を縮めないと「マクロス」に出会わない人たちが出てきます
今後も携われたら全方位に向けたΔとは違って歌/バルキリー/三角関係のいずれかをフィーチャーするなど、内容的に細分化されたマクロスも作ってみたい

三角関係HISTORY

※デルタを含む歴代マクロスシリーズの三角関係の結末や見解が掲載されていますが、煽った表現もあり内容は公式という訳ではなく雑誌編集者の方の一意見/感想として捉えるのがいいのかなと思います

 

上記はマクロスfebri内からマクロスΔやシリーズを読み解く上で気になった部分のほんの一部の抜粋であり、雑誌は全159ページに渡るボリューム満載の内容です。
マクロスΔやシリーズが好きな方には是非読んで頂きたい内容となっており、より作品を楽しめると思います。

デルタの結末に関して悲観的な予想もありますが、インタビューを読む限りこの先大きな仕掛けはありそうですが、そこまで心しなくても良さそうな印象は受けました。
また、一部噂されていたデルタをもってマクロスシリーズが終わるのではないか!?という心配を感じさせない制作陣の前向きな内容も掲載されており今後の展開も楽しみです!!

 

記事への感想等コメント欄までお寄せください!マクロスファン交流の場になれば幸いです。名前、mail、URL項目は空白のまま投稿可能です。

※マクロス好きが語り合える場所としてコメント欄での多様な見解・議論・ぶつかり合いはあって当然かと思いますが、相手を誹謗中傷する様な書込みはご遠慮下さい。

【12/2発売】マクロスΔキャラクターデザインワークス

マクロスΔ 05 [Macross Delta 05] (特装限定版) [Blu-ray]
5巻11月25日発売予約受付中!!
Amazon限定BD版(全巻購入特典付き)
第1巻 | 第2巻 | 第3巻 | 第4巻 | 第5巻
第6巻 | 第7巻 | 第8巻 | 第9巻
Blu-ray版
第1巻 | 第2巻 | 第3巻 | 第4巻 | 第5巻
第6巻 | 第7巻 | 第8巻 | 第9巻
DVD版
第1巻 | 第2巻 | 第3巻 | 第4巻 | 第5巻
第6巻 | 第7巻 | 第8巻 | 第9巻
CD情報
5月11日発売ワルキューレデビューシングル
一度だけの恋なら/ルンがピカッと光ったら
6月22日発売OST第1弾
オリジナルサウンドトラック1
7月6日発売ワルキューレ1stフルアルバム
Walkure Attack!(通常盤)
Walkure Attack!(初回限定盤)(DVD付)
8月10日発売ワルキューレ2ndシングル
絶対零度θノヴァティック
9月28日発売オリジナルサウンドトラック2
「マクロスΔ」オリジナルサウンドトラック2
9月28日発売ワルキューレ2ndアルバム
【早期購入特典あり】Walkure Trap! (初回限定盤)(クリアファイル付き)
Walkure Trap! (DVD付初回限定盤)
2017年1月25日発売ボーナスアルバム
ワルキューレがとまらない
ゲーム情報
10月20日発売マクロスΔスクランブル
【PSVita】ルンピカ♪サウンドエディション 【初回封入特典】
【PSVita】マクロス Δ スクランブル 【初回封入特典】
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 42 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. ハヤクモ展開なしかー…

    「ミラージュ傍観者」ってある意味正解だったな
    「視聴者に近い」立場にあえてしたってことだよね

    • ハヤクモ展開期待していたが、無しか…
      という事はフレイアのみに絞られるわけだが…どうなるのやら

      美雲が何かの鍵であるっぽいのは予想してたが…まあ、結果がどうあれ最後まで見るつもり

    • >視聴者に近い
      やっぱりいろんな意味でガムリンポジだったのか…

  2. もしかしたら、フレイアは思いを告げて、ウィンダミアに残るのかもしれないな。

  3. とはいえ、後で大人の事情か何かで改変されたりしてな…まあ、有り得ないが

  4. ただの歌に戻る物語と聞いて安心した、7ファンだけどいや7ファンだからこそバサラの伝えたかったただ心に響く熱い歌から離れていってた気がしてたから

  5. 戦闘シーンやはりドッグファイトのほうに重点が置かれてたのね
    航空機が好きだから自分的には嬉しい

  6. ミサイルのくだりはTVシリーズだと時間的にもコスト的にも手描き多用は厳しいみたいなこと書いてあったな。マクロス戦闘=ミサイルってどうしても期待してしまうから残念だった。

  7. シリーズ終わるどころか、競技物諦めて無かったんか?

    まぁ、作れないだろうけどね。
    バンダイが許さないだろ。戦争要素削除した競技ロボシリーズってカテゴリで、今バンダイが売ってるガンダムビルドファイターズともろかぶりしてる。

    • あれはガンプラの改造がメインテーマだしガンダムだからできるお祭り騒ぎ的なとこがあるから
      マクロスを競技ものにしたとこで食いあうことはないと思う

    • ガンダムのほうはビルド、自作の楽しみの延長で
      マクロスで競技というとエアレース(ひいてはカーレースなどにも通じる)のレース物だから大枠としては別物だけどね。

      • いや普通に模擬戦的な戦闘メインだろ。眉毛的には、わざわざミラージュとの模擬戦入れてる位だから。

        • どっちかというとISのような感じじゃね?
          バルキリーのようなトンデモ兵器が模擬戦のみに使用されてる筈がない

          • 一時代を築いたレースアニメ:サイバーフォーミュラーも最初のうちはマッハGOGOGOのようにレースに戦闘を持ち込む気満々だった・・・

          • トンデモ性能だけど結局本気出させたゴーストに比べたら雑魚なので全部ゴーストに取って代わられるってことじゃない
            暴走しないって唯一のメリットもヴァールのせいでなくなっちまったし

      • であれば、バンキッシュレースを扱ってるマクロス・ザ・ライドのアニメ化でよろしいんじゃないでしょうかw

  8. Δ1話から楽しんで観てるけど、唯一不満だったのが特定のキャラ同士の絡みが多かったこと
    折角敵味方たくさんキャラがいるから戦闘でも日常でも色んな絡みが観たかったかな

    実際終盤に入ってから美雲3とカシムがハヤテ達と絡んだら凄く面白かったし
    今後ありそうなのはボーグとレイナだけど、他の無かった組み合わせも色々期待してる

    制作関係者応援してるから、最終話まで頑張って~

  9. インタ読んでてバルキリーの存在にリアリティを持たせるって意味では競技モノやレースはありだなと思ったな。マクロス世界のバルキリーは既に特別なものじゃなくて日常生活に溶け込んでるものだし闘う為だけの道具ではないと思う。あとはアイドル寄りに振ってデルタ小隊がやってるような航空ショー的なみせかたで共演する姿もいいと思う。

  10. 実はあの巨大システムの正体はただの銀河間ネットライブシステムってオチで
    今回愛おぼは何の変轍もない歌の代表として最後に歌われそう

  11. 宮武さんとDr.千葉のインタビューが良かった
    特にDr.がフォールドウェーブシステムの基礎理論を作ったはグッジョb

  12. 誤変換を発見したのですが、管理人様へのコメントはこちらでよろしいのでしょうか?
    「声優陣インタビュー」内のミラージュ役「瀬戸さん」が「瀬人さん」になっています。

    • やめて!鳥の人の特殊能力で、AXIA~ダイスキでダイキライ~を歌われたら、カナメッサーで荒れてるアルヴヘイムの遺跡まで燃え尽きちゃう!

      お願い、死なないで管理人さん!あんたが今ここで倒れたら、Δの考察やゲームの発売はどうなっちゃうの? ライフはまだ残ってる。そこを直せば、マリクに勝てるんだから!

      次回「管理人誤字で死す」。デュエルスタンバイ!

  13. 最終話近くのドロドロが気になる…
    あまり変にひっくり返さないでほしいけど。
    次回かその次くらいなのかな?

    • 19〜22話のことみたいだぞ。
      23話以降ドロドロしたら、三人の絆を表す俺ツバシーンがとんだ茶番劇と化す。

      • いや、22話終了時点でって上の方に書いてあったから
        この先にドロドロが待っているんだと思うよ?

        一応ミラージュは視聴者代表と言っているからフレイア√で良いんだと思うけど(果たして決着するのかどうか?言ってるけどw)
        今回はハヤテが俺の翼だ!ではなくフレイアが選ぶっというか
        答えを導き出すってかんじじゃないかな?

        • フェブリの音響監督のインタビュー読むと、22話終了時点でのインタビューとは書かれてないよ。
          それにインタビューは22話放送よりはるかに前にやってるはずで、フェブリ内でのストーリー解説は18話までしかやってない。

  14. 競技物は純粋に応援できそうで観てみたいな
    戦争の歴史ばっかりだったから娯楽に特化してるパターン期待してる

  15. >彼女(鈴木さん)はまだ若いので、三角関係の恋愛になると「あれ?」っていうときがある。

    いいねぇ、音響監督楽しそうだな、すれてない若い娘とお仕事。
    みのりんご、しっかりしてる上にまだまだ伸び代も有りそうだな。

    • ラジオで小清水がみのりんごを「初々しいからこそ自分が忘れてしまった感性をたくさん持ってて勉強になる」って評価してたな

    • しかしフレイア役はみのりんごが本当に最適だよな
      みのりんご=フレイアで成長してるって感じ

      • 最近だとカシムのルンが尽きるシーンで、フレイアの「カシムさん、ルンが尽きる…」ってセリフとか。悲しいけれど泣きそうな感じじゃなくて、最後まで生き抜いた終わりを看取る感じで良かったな。
        ハヤテがショックを受けてるのと対照的で。
        ちょっと前までのハヤテに甘えた感じの声も萌えるけど。

  16. 地方の中小書店じゃ、まだ置かれてないんだよなぁ
    早く買ってゆっくり見たいのに

  17. ハヤクモ展開はよ

    というか増えろおおおおおおおお

コメント欄

*
DigiPress

話題のデカルチャー!!

Return Top