マクロスまとめ船団!デルタ速報部

話題のデカルチャー!!

相互リンク・RSS募集中です!サイト運営項目よりご連絡ください

マクロスまとめ船団人気コンテンツ

アニメ感想 | 考察まとめ | 楽曲情報
グッズ情報 | コミカライズ&ノベライズ

マクロスΔ(デルタ) ハヤテ覚醒時の描写がヴァール化と酷似していた理由とは【13話考察】GIF動画比較あり

マクロスΔ13話追加画像54マクロスΔ13話追加画像56

599: マクロスまとめ 2016/06/26(日) 23:17:03.33

ハヤテが白騎士と絡んだ際にヴァール化の描写があったのが気になる

てっきり神経細胞が青くなるのかと思ったら赤くなる描写だったけど
ちょっと違う感じの描写もあった

ヴァール化の先に何かあるのかもしれん

 

617: マクロスまとめ 2016/06/26(日) 23:17:54.71
>>599
あれフレイアの歌でオーバードライブする描写かとおもた

 

648: マクロスまとめ 2016/06/26(日) 23:20:09.10
>>617
確かにオーバードライブの描写なんだろうけど
ヴァール化の描写とも同じなんだよね

 

661: マクロスまとめ 2016/06/26(日) 23:21:15.34
>>648
歌で凶暴化するヴァール現象と、歌でオーバードライブするハヤテ
後者を研究することでヴァールを完全治療できるようになるかもナ

 

701: マクロスまとめ 2016/06/26(日) 23:23:54.07
>>661
本質的には同じで、細菌と共生できるかどうか、みたいな?

 

665: マクロスまとめ 2016/06/26(日) 23:21:39.18
>>648
オーバードライブとヴァール化が同源って描写なんかね?

 

669: マクロスまとめ 2016/06/26(日) 23:22:01.06
>>648
正のヴァール化なのかな?脳内神経の色変わってたし

 

656: マクロスまとめ 2016/06/26(日) 23:20:52.10
>>599
それ気になってた
メッサーもなんかオーバードライブの時出てたよね
超時空ビンタの後のシェリルさんみたいな感じかな?

 

683: マクロスまとめ 2016/06/26(日) 23:22:45.29

>>599
人類が認識するヴァール化という暴走ではあるが、
あれはプロトカルチャーが作った一つ上の遺伝子進化なのでは
(ウィンダミア人はルンで制御し、暴走の代わりに短命)

ハヤテはその遺伝子進化をフレイアの歌で発生させる(暴走もしない)
だからああいう演出なのかな、と思った

 

696: マクロスまとめ 2016/06/26(日) 23:23:30.24
>>599
メッサー覚醒のときは、赤い細胞から金色の光が溢れる感じだったな

 

722: マクロスまとめ 2016/06/26(日) 23:25:33.46
>>696
てことはハヤテはまだもう一段階進化するのか・・・

 

771: マクロスまとめ 2016/06/26(日) 23:29:58.77

>>696
本当だ

1話を見直したら普通の一般市民のヴァール化の時には青緑っぽい神経が赤ピンクに変質で、
メッサーの時はそこから更に金色の光の線が飛び散ってた

今回のは忘れた

 

421: マクロスまとめ 2016/06/27(月) 00:59:00.93
普通のヴァール化:青緑の神経細胞が赤ピンクに変質
メッサーオバドラ覚醒:赤ピンクに変質した後、光の線が放射状に飛ぶ
ハヤテオバドラ覚醒:赤ピンクに変質した後、全体的に光が飛んでキラキラ

ハヤテのは、メッサーの覚醒オバドラの更に上の完全なオバドラか
これがレセプター保持者の力か

 

531: マクロスまとめ 2016/06/27(月) 01:13:25.30
やっぱりオバドラした者同士って相手の行動を予測しながら戦うんだな
ハヤテは今回完全に風に乗れたからキースと渡り合えて最後にギリギリ落とせた

メッサーが負けたのは技量の差というより、レセプター保持者じゃなかったためか、
相手の風を完全には読めなかったため、最後に負けてしまったのか
(ただ最後、風?って言ってた時には読めてた気がするけど一歩遅かったのかな)

となると、これはもう風に乗れるか否かの才能の差が戦いを決するように思う
メッサーは純粋なレセプター保持者じゃないのに、よくあそこまで到達したもんだ

ただ、キースはなんでオバドラできるのかは知らんw

 

554: マクロスまとめ 2016/06/27(月) 01:16:09.43
>>531
そりゃプロトカルチャーの成果ルンよ

 

962: マクロスまとめ 2016/06/27(月) 02:55:56.74
やっばり純正オーバードライブはスゴイね
ビーム掻い潜るとか頭おかしい

 

971: マクロスまとめ 2016/06/27(月) 03:00:46.78
>>962
ビーム掻い潜るだけならメッサーもやってたで
ハヤテのが完全に風に乗って相手の行動を読めてたのは、レセプター持ちないしクォーツ持ちのおかげだろうけど

そういえば最近踊ってやがるって聞かないな
ハヤテは天性のリズム感の持ち主ともあったし、
最終回あたりではオバドラしながら風に乗って更に踊るんだろうか

 

675: マクロスまとめ 2016/06/27(月) 15:26:41.96
普通のヴァール化
www.dotup_.org920330.gif

10話メッサー覚醒
www.dotup_.org920331.gif

13話ハヤテ覚醒
www.dotup_.org920332.gif

こういう違いもおもしろい

※上記3枚の画像はGIF動画となっています。ページ上で動かない場合には画像を選択(タップ)してみて下さい

698: マクロスまとめ 2016/06/27(月) 15:50:36.25
>>675
まさかgifで貼ってくれる人が現れるとは。ありがてぇ……
gifだと色数の関係で強調される結果になって分かりやすいな。やっぱ全然違うよなこれ

 

記事への感想等コメント欄までお寄せください!マクロスファン交流の場になれば幸いです。名前、mail、URL項目は空白のまま投稿可能です。

※マクロス好きが語り合える場所としてコメント欄での多様な見解・議論・ぶつかり合いはあって当然かと思いますが、相手を誹謗中傷する様な書込みはご遠慮下さい。

【12/2発売】マクロスΔキャラクターデザインワークス

マクロスΔ 05 [Macross Delta 05] (特装限定版) [Blu-ray]
5巻11月25日発売予約受付中!!
Amazon限定BD版(全巻購入特典付き)
第1巻 | 第2巻 | 第3巻 | 第4巻 | 第5巻
第6巻 | 第7巻 | 第8巻 | 第9巻
Blu-ray版
第1巻 | 第2巻 | 第3巻 | 第4巻 | 第5巻
第6巻 | 第7巻 | 第8巻 | 第9巻
DVD版
第1巻 | 第2巻 | 第3巻 | 第4巻 | 第5巻
第6巻 | 第7巻 | 第8巻 | 第9巻
CD情報
5月11日発売ワルキューレデビューシングル
一度だけの恋なら/ルンがピカッと光ったら
6月22日発売OST第1弾
オリジナルサウンドトラック1
7月6日発売ワルキューレ1stフルアルバム
Walkure Attack!(通常盤)
Walkure Attack!(初回限定盤)(DVD付)
8月10日発売ワルキューレ2ndシングル
絶対零度θノヴァティック
9月28日発売オリジナルサウンドトラック2
「マクロスΔ」オリジナルサウンドトラック2
9月28日発売ワルキューレ2ndアルバム
【早期購入特典あり】Walkure Trap! (初回限定盤)(クリアファイル付き)
Walkure Trap! (DVD付初回限定盤)
2017年1月25日発売ボーナスアルバム
ワルキューレがとまらない
ゲーム情報
10月20日発売マクロスΔスクランブル
【PSVita】ルンピカ♪サウンドエディション 【初回封入特典】
【PSVita】マクロス Δ スクランブル 【初回封入特典】
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 24 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. フォールドディメンショナルレゾナンスシステムによって機体性能が増幅して金色になります。いわゆるオーバードライブですね!YF-29から搭載されましたね!

  2. フォールドクウォーツが反応したような描写に見えたけどね。

  3. ハヤテの場合はVF-31搭載のフォールドディメンショナルレゾナンスシステムとハヤテのフォールドクオーツとフォールドレセプターがフレイアのフォールドレセプターと共鳴&フォールドウェーブに反応して起きたものでハヤテの動きがよくなった理由は
    微弱のフォールドウェーブを瞬時に察知することで限界まで反応速度が上がり動きがよくなったという事です!ウィンダミア人が言うっている風の色とはフォールドウェーブの波の強さなどを表しています!

  4. フォールドディメンショナルレゾナンスシステムはフォールドクオーツを使用してます!機体の先端に付いているやつがそうですね!

  5. 細胞の核?が気持ち明るい色のような

  6. 通常、メッサーの描写は細胞が完全に赤に飲み込まれてるけど、ハヤテのだけは赤と青緑が共存してるんだよな。やはり理性を保ちつつ、ヴァール化と同様に肉体強化や反応速度がよくなるってことなんだろう。レセプター持ちだとみんなこうなって、ハヤテの場合はさらにバルキリーとペンダントのクオーツを併用して効果が引き上げられたってことなのかな

  7.  なんとなくだけど、ヴァール化って普通は神経繊維をとうして信号をやり取りしている脳細胞がフォールド細菌が作る微小なフォールドクオーツで直接周辺の脳細胞とリンクしてしまうためにチューニングがおかしくなって暴走するのかな?
     で、それに合わせたプロトコルができてくると脳機能が超光通信波により劇的に向上、直接的にフォールド波を受信することで未来予測まで出来るほどの超感覚的知覚を得ることも可能となるとか?
     レセプター持ちとは生まれつき活性化したフォールド細菌を持っていて成長過程でそのプロトコルを身につけた人のことかな。<かなり当てずっぽだけどな。

  8. スパロボ参戦したらハヤテ覚醒イベントからカットイン採用されそうなGIF

  9. Δ小隊のVF-31はフォールドクォーツ付いてるけど、フォールドディメンショナルレゾナンスシステムは付いてないぞ。
    FDRシステム作動させるには、フォールド・クォーツがあれでも全然足りない。
    あと、FDRシステムの制御AIも複製が難しいって理由で、VF-31からはオミットされたはず。

  10. VF-31は「S.M.S」のウロボロス支社が開発した「YF-30 クロノス」の制式採用型なので搭載されてますよw
    YF-29はフォールドウェーブシステムでYF-30からはその改良品のFDRになってますね
    あとFDRの起動に必要なのは量じゃなくて超高純度ですよ!YF–29は超高純度のフォールドクオーツ4つでフォールドウェーブシステムを起動させてましたがVF–31はそれが5個です!

    • YF-31がYF-30の制式採用型なのは知っている。
      ただ、量産するための高純度フォールドクォーツの確保は極めて困難で、FDRシステムはオミットされたって事になってる。
      また、YF-30のFDRシステムの制御AIには、YF-25から移植された「ブリュンヒルデ」が使われていて、これの複製が困難なことも、量産化を妨げている。
      ちなみに、YF-31の制御AIにはVF-19系の「エアリアル」が採用されている。

      YF-29のフォールドウェーブシステムの4つの「賢者の石」は、翼の付け根とエンジンの計4か所に設置されていて、これは当該システムがエンジン出力の増大に寄与させるためのと考えられる。
      同様に、YF-30もエンジンの上に付いている紫色の結晶体がフォールドクォーツと考えられる。機首部分にもフォールド・クォーツらしき結晶体が付いているが、これがFDRシステムのためのものか、それともISCシステムのためのものか等については、まだ公式に明言されていない。

      • 間違えた、YF-31→VF-31ね。
        Δ小隊のVF-31にはそこそこ高純度のフォールド・クォーツが採用されているようだけど、FDRシステムのためのものではなく、ワルキューレの歌の増幅装置としての用途が主であるとされている。

      • まあ、ワルキューレの護衛が主任務のΔ小隊機には、そもそも次元断層突入装備は必要ないよねw
        ただし、今後は、次元断層に覆われたウィンダミア本星に突入するため、VF-31にFDRシステムを導入するって展開も大いに考えられる。
        その時は、リオンやアイシャにもYF-30と共に是非ともご登場いただきたいものです。

  11. 超高純度のフォールドクオーツ使っているのはジークフリートですよw量産型カイロスはフォールドカーボンですwそれとエンジンの動力源の真上にフォールドクオーツあります!フォールドカーボンは量産できるのでほとんどの機体に使われています!

  12. ヴァール化って人間に通常以上の情報が入ってきて、その処理に精神が追いつけなくなって精神異常きたすものだったよな。
    じゃあ何でそんな情報が入ってくるかって言ったら、バジュラがいなくなった事によって人間へ乗り移ったフォールド細菌によって、フォールド波(例えばハインツの歌声)を通して入ってくる。
    一般人の場合はハインツの歌声(マインドコントロールのフォールド波みたいなの)に抗う術がなく、というより銀河リンゴと水の摂取で高濃度のセイツノールを体内に蓄積してるために強制的にヴァール化して、力の方向が筋力へ向いて、結果暴徒化。
    メッサーの場合はその力の方向が筋力へ向きつつも、情報処理も行う。つまりヴァール化した戦士の中では一番理想的な暴徒化。
    ハヤテのようなレセプターは、ヴァール化せずに確実な自我を維持したまま、つまり外部からのフォールド波に左右されずに情報処理できる。
    だからハヤテの場合にはメッサーのような戦士とは違って、感覚で空を飛ぶことができる。
    ってなかんじかな

  13. ほとんどの機体にフォールドカーボンが搭載されてます!
    Δ小隊の機体は1宇宙空間瞬間最大推力は
    フォールドディメンションナルレゾナンスシステム稼働時は最大15%程度のオーバードライブが可能になってますよw最大速度はM5、7でYF-29のM5、5を抜いています!

    • Δ小隊機のVF-31に搭載されているのは、FDRシステムじゃなくてフォールドウェーブシステム。
      おそらくはYF-29に搭載されているものと原理は一緒だが、使われているフォールドクォーツはYF-29の方が高純度かつ量も多い。

      エンジン推力はYF-29の方が上で、短時間ならM10以上まで加速可能。
      大気圏内での最大速度は、YF-29とVF-31共にM5.5(これ以上のスピードを出すと、装甲が熱で溶ける)。

      • フォールドウェーブシステムでしたねw
        しかしWikipediaではエンジン推力はYF–29と同じM5、5 短時間M10とされてますがVF-31ジクの方がスピードが速いと記録されていますよね(((o(*゚▽゚*)o)))装甲も一応フォールドカーボン使用なので

        • ほほう、そのような設定もあるのですか。
          しかし、カタログスペック上はYF-29のエンジン推力はVF-31を上回っていて、しかもサブエンジンと合わせて4発あるのに、スピード勝負で負けてるってのはどういう理屈なんだろうか。
          装甲に使われているというフォールドカーボンが、それを可能にしているのかしら。
          どうせなら、YF-29と同様に、ファイター形態時のピンポイントバリアシステムか、せめてエネルギー転換装甲の常時フル稼働を可能にしてくれてりゃ、メッサーも死なずに済んだのに……というのは穿ち過ぎでしょうかw

      • さらにVF YFシリーズは高度3万メートルでも飛行が可能です!YF-29の高度3万メートル飛行の際の最高速度はM26、5
        VF–31M27、21です!!!!!

      • 大気圏内速度はピンポイントバリア展開でもうちょい出せたはずですよ。
        出してどうすんだという速度になりますが。

  14. 人体の細胞に寄生するフォールド細菌が、「セイズノール」と呼ばれる物質の作用により増殖する事で発症するものですね!

  15. 通常とメッサーは金色の閃光がほとばしっている違いはあるけれど
    青から赤へ変わる現象はほぼ同じ
    ハヤテのは青から赤へ変わるけれど白い光がスパークしている部分は青色のまま残っているように見える
    だから理性を保ったままでいられるんじゃないかなと思ったり

コメント欄

*
DigiPress

話題のデカルチャー!!

Return Top