マクロスまとめ船団!祝劇場版マクロスΔ

話題のデカルチャー!!

相互リンク・RSS募集中です!サイト運営項目よりご連絡ください

マクロスまとめ船団人気コンテンツ

アニメ感想 | 考察まとめ | 楽曲情報
グッズ情報 | マクロス35周年プロジェクト

マクロスデルタとかいうアニメwwwwww

マクロスΔ26話追加100

1: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:02:48.31 ID:akiUo8lB0
くっそすこ

 

2: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:03:09.75
曲とクモクモはすこ

 

3: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:03:23.43
美雲おばさんすこ

 

5: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:04:07.31 ID:akiUo8lB0
>>3
3歳やぞ、おばさんいうたるな

 マクロスΔ23話追加6美雲

4: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:03:46.86 ID:akiUo8lB0
クモクモがワルキューレのみんなと初めて飯食うシーンすこ

 マクロスΔ23話残痕レクイエム感想まとめ15美雲

6: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:04:46.19
フレイアたそー

 

9: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:05:30.60 ID:akiUo8lB0
>>6 覚悟するんよー

 マクロスΔフレイア_ピカっとルンが光れば1028

7: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:04:57.43 ID:akiUo8lB0
曲が全部すこ
みのりんごがかわいすぎるんご

 

10: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:05:46.59
違法ロリババア

 

12: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:06:06.14
面白い
10、13話何回も見とる

 

14: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:06:24.96
カナメさんこそ至高

 マクロスΔ26話感想まとめ49カナメ

15: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:06:24.95
カナメさんカナメさんカナメさんカナメさんカナメさんカナメさんカナメさんカナメさんカナメさん

 

18: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:07:00.35
ミラミラとかいう横恋慕してるだけのモブ

 

20: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:07:40.36 ID:akiUo8lB0
>>18
ミラージュが一番すきなんだが・・・

 マクロスΔ24話ミラージュ0915_1

27: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:09:37.73
>>20
クモクモにヒロイン交代すべきやで

 

43: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:12:29.63 ID:akiUo8lB0
>>27
クモクモも大好きやで
なんならレイナもめっちゃ好きや。

 

22: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:08:08.49
おっぱいちゃんすこ
マクロスΔ17話拡散オンステージ感想まとめ25マキナ
29: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:09:44.27
ライブ行きたいンゴ

 

33: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:10:17.07 ID:akiUo8lB0
>>29
ほんそれ

 

32: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:09:57.33
三角関係(大嘘)

 

36: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:10:43.70 ID:akiUo8lB0
>>32
ミラージュにもっとがんばってほしかったわ

 

34: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:10:18.79
あのシナリオは劇場版ありきやろ
発表まだか?

 

38: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:11:06.36 ID:akiUo8lB0
>>34
まぁマクロスシリーズのいつもの流れですかね

 

39: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:11:14.76

3cDALvY.jpg 1fFV2gR.jpg rX2wACS.png 3aDU1in.jpg rqQ6mUt.jpg 42iIluu.jpg mmPiR0P.jpg luSGrUA.jpg

 

41: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:11:53.85
>>39
かなめさん欲張りセットすこだ😊

 

47: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:13:15.36

5aMmok5.jpg OUGiaUi.jpg YTvVGtD.jpg 1AJO8PZ.jpg qhPmfgQ.jpg DCTqcdn.jpg t26MrwG.jpg 4x07X1M.jpg i9jcZdh.jpg

 

86: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:20:21.16

uLyyICg.jpg 2QZiXLY.jpg nGw8vCi.jpg QaJKBAP.png 9BQ1lkP.jpg ZztRQoM.jpg TwkKfx8.jpg マクロスΔメッサー&カナメ1028GZgsG8C.jpg

 

45: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:12:51.18
メッサーくんは成仏して、どうぞ

 

42: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:12:29.63
イッチはなんでそこまで好きなんや?
ワイも好きやったけど終盤の起伏の無さは擁護出来ん

 

46: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:13:10.19
結局フレイアが歌ういけないボーダーラインが一番だったんだよな
ピークは一話で終わり

 

49: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:13:58.89 ID:akiUo8lB0
>>46
でもちゃんと毎回みたでしょ?

 

48: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:13:36.85
ハヤテが普通すぎた
あの踊ってる設定もどっかいったし

 

50: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:14:23.23 ID:akiUo8lB0
>>48
そういえばそんな設定もあったな。

 

52: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:14:47.79
>>48
予算の都合で踊らせられずバンクシーンばっかりになったとか聞いたが無能杉内

 

51: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:14:25.75
フレイアは好きなアニメキャラ3人の内に入るくらい好き

 マクロスΔフレイア1010_1.jpg

57: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:15:51.39 ID:akiUo8lB0
>>51
わいの好きなアニメのキャラ
TOP3
1位 シェリル
2位 冷泉麻子
3位 ミラージュ

 

53: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:15:07.02

踊ってやがる!

なんだァ…てめェ…

 

54: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:15:15.22
フレイアを生み出した功績は大きい

 

64: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:16:59.19

ウィンダミア人「風が…」「この風!」「いい風だ…」

(おっJか?)

 

66: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:17:14.09
くもくもはれや

 

73: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:18:11.32
>>66
マイベストクモクモ
5ga0lY4.jpg

 

75: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:18:47.88
>>73
色紙か?
スケベやなあ

 

67: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:17:29.31 ID:akiUo8lB0
わいが一番好きな回は、ミラージュとハヤテがくっついて
蓋?栓?を閉めるだかなんだかする回

 

70: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:17:50.63 ID:akiUo8lB0
ミラージュ先輩かわいすぎンゴォ

 マクロスΔミラージュ0915_2.jpg

71: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:17:56.73
劇場版あくしろよ

 

92: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:21:29.42
面白いんだけどマクロスの名前ついてるとレジェンドと比較されてしまうからな
オルフェンズみたいなとこある

 

95: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:22:10.77
途中でグループ脱退した金髪の子が可愛かった
マクロスΔ21話追加9クレクレ
96: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:22:18.00
インメルマンダンス活用するのかと思ってたらガウォーク主体ってお前

 

100: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:22:53.92
ミラージュも負けさせるなら戦闘で無双させたれや
血筋的に覚醒して無双してもおかしくないやろ

 

112: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:25:01.71
>>100
ぐうわかる教科書通りのテンプレ戦闘から一皮剥けるかと思えば大して剥けずのどっちつかず

 

125: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:28:12.09
>>112
あの中ではちょっと成長したっぽい描写になってたけどあんま伝わってこんかったよな
メッサーの残したもの全然伝わってない

 

131: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:29:43.32
>>125
まぁミラージュちゃんの母ちゃん放送前にバラしてたからなんとなく察してはおったで
普通隠すし

 

104: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:23:36.28
やっぱマクロスで人間同士の戦いは相性悪いわ

 

105: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:23:50.17
戦争の相手のしょっぱさもあるけど汎用機のスペック上がりすぎて乗り換えでワンオフ機体出せなくなってて草

 

120: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:26:10.52
>>105
FのVF-25の時点で瞬間的に人間が耐えられないほどのGが出るくらいのスペックやったやろたしか

 

126: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:28:17.17
>>120
化け物相手にこっちも人間の限界越えなきゃっていう展開にできなかったのは設定が悪いンゴ…
ヴァール化しても強化されない相手と戦って何が盛り上がるんや…しかも騎士はしないし

 

106: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:23:50.86
最初のキービジュアルは詐欺も良いとこや!
騎士が姫を守る的なアレかと思ったのに敵やぞ

 

108: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:24:13.71
ドッグファイトと板野サーカス充実すれば客来るのになぁ

 

110: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:24:28.97
くもくも(3)すこ 

 マクロスΔ21話美雲・カナメ・レイナ・マキナ・ワルキューレ.jpg

111: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:24:44.43
febri読んでると監督のインタビューで
21話の時点で最後の結末決めてないとか書いててキレそうになった

 

122: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:26:54.01
>>111
こマ?こういうのってどんでん返しとかあったストーリーならええ話に聞こえるけどこの結果があの起伏の無い終盤かと思うとガチで無能やん

 

127: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:28:25.47
>>122
白騎士がメガネ倒す流れだけは好きやで

 

113: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:25:08.26

absolute 5
ワルキューレ アタック
一度だけの恋

この辺はガチ

 

116: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:26:03.01
楽しめたけどやるべきことを終盤に詰め込みすぎた感

 

117: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:26:03.47
アルト君より才能ありそうな感じだったのに結局ほどほどの能力に落ち着いたな
インメルマンターンとか期待したんやけどな

 

130: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:29:35.38
男だけど白騎士が無双してたところは濡れた

 マクロスΔ26話追加77キース

133: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:30:40.00
次マクロス作品製作するならplus並みの戦闘寄りにして欲しい。眉毛が同じことやりたくないとかどうでもええねん。

 

139: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:31:56.01
せっかく作ったドラケン大した活躍もないのは困るンゴ…

 

140: マクロスまとめ 2016/11/17(木) 19:33:00.31
フレイアかわいいよフレイア

記事への感想等コメント欄までお寄せください!マクロスファン交流の場になれば幸いです。名前、mail、URL項目は空白のまま投稿可能です。

▼コメント欄基本方針
※キャラクターや作品への度を超えた批判はご遠慮下さい。嫌いな部分よりも好きを語り合える場になればとおもいます
※マクロス好きが語り合える場所としてコメント欄での多様な見解・議論・ぶつかり合いはあって当然かと思いますが、相手を誹謗中傷する様な書込みはご遠慮下さい
※NGワードをいくつか指定させて頂きました。その他不適切だと判断したコメントは予告なく削除する場合があります
多種多様な文化が共存するマクロスが根底にありますのであまり言論の統制はしたくないですが、上記を基本方針として逸脱する場合にはIPによる規制を行わせていただきます

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 367 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. キャラも歌も前半の展開も神作になり得る要素しかなかったのに、
    後半のグダグダで普通アニメになってしまった感。

    • いや~、1クール目の最初のほうですでに「爆死」と言われてたんだがね。
      どこをどう見たら神作になるのか、さっぱりわからん。

    • 前半は駈け足のダイジェストみたいだった。まぁ話数の制約あるから仕方ないって思ってたけど…後半が…話が進まない進まない(笑)。

      小説版で何処までフォローしてくれるのか期待してる。2巻はまだか?。

    • 2クール目からは、意図的に違うアニメにしたんだから。

      2nd OPからしてべたな1st OPとはまったく変わってしまってたし。

  2. アホかよ。
    ロボットアニメで、しかもマクロスの世界観で2クールに収めようとするのが間違いなんだよ。
    分割でもいいから一年やらせてやれって話

  3. Fは今風アニメとしてマクロスを蘇らせ数字を稼いだ
    それはこういうマクロスを作りたいってちゃんとイメージがあったからだと思う
    DはFの売り上げに味をしめて「百合とかイケメン騎士団とか売れてる要素入れとけば数字取れるだろ」という浅い魂胆で作っただけって印象
    最終回見たら「スタッフはこのアニメで何がしたかったの?」って思った
    そこそこ数字稼げるだろってメッセージしか伝わってこない
    デレ美雲可愛かったけどハヤテに絡ませてヒロイン力足りないミラージュに代わってライバルポジ補強するとかしないし、
    脚本的にはデレさせる意味全く無かった

    • あれはデレというか人間味を表現してんだぞ

      • だよな。
        あれは、人間味がなかった美雲さんが人間になっていくという表現で、ちゃんと見てたら小学生でも分かるレベル。
        それが理解できない恋愛豚が暴れたせいでFの声優が潰れたんだよなあ。

        • Fの「二人が俺の翼だ」発言が叩かれたの が未だに理解出来ない。世間では二股発言だと言われているが違うだろ?。あれは二人のおかげで成長できた、前に進む事が出来たって意味だろ。どうすれば「二人とも俺のモノだ」って意味になるんだ?。
          …ここで言うことじゃ無いと思うけど…。

    • Fとデルタとの違いで一番感じたのは、

      ・ シェリルというキャラがいて May’n はそれにあわせてる
      ・ JUNNA は美雲というキャラに魂を吹き込んだ

      これはランカやフレイアにも同じことが言えると思う。

      Fのときはキャラを演じてるという感じだったが、デルタはキャラそのものが作られていった感じでエモーショナルな部分が非常に強い。

      • JUNNAちゃんはみのりんごと同じマクロスΔが初デビューだから、自然体で演じて歌えたんだろうな。

  4. 盛り上がりに欠けて、キャラなんて覚えられない、ワルキューレすこだ!っていうけど場外で盛り上がってる感ハンパなし…おお、救いようが無い
    オルフェンズ感、至極納得いく

    敢えて外すと言う空騒ぎ

  5. 信者かそうでないかで今作の評価がかわるよな
    もちろん俺は信者だ

    • というか叩いてるやつのコメント読めば一発でわかるけど、あいつらマクロスの設定どころか本編すら観てないの丸分かり。

      • 叩いてる奴で特にミラージュをネタに暴れるの大杉
        なんで戦闘で無双させなかったのージーナスなのにーとかそればっかで馬鹿なの?ってなる

        △小隊の使命とかミラージュが何に劣等感を持っていたのか何もわかってない

        マックスミリアみたいな「戦う」飛び方じゃなくて「守る」ことに重きをおいたミラージュらしい飛び方を見つけたって結論が最高なのに
        ミラージュの人を思いやれる優しい人柄が出てて良いパイロットになったなぁと最終回でしみじみする

        • 禿同

          ミラージュに同情してる体で他キャラをみっともなく叩きまくるのやめてほしいわ
          まともなミラージュファンの肩身がどんどん狭くなって迷惑極まりない

          自分が気に入らないだけなのにミラージュを盾にしないでほしい

  6. マクロスΔのことが嫌いでも、ワルキューレのことは嫌いにならないでください!

  7. 的外れな批判が多いのは昔からだよな
    気にしちゃいけない
    まぁ痛い所を的確についてくる奴もいるがな

    自分が好きならそれで良いでしょ
    Δも過去作も素晴らしいよ

    • 真っ当な「批判」ならファンとしても作品の批評の一環として認めてるし、話が盛り上がるから歓迎してるよ。
      問題なのは、言いがかり以下の「妄言」垂れ流してさもそれが公式設定のように語って場を荒らしたり、批判した後に「マクロスΔはクソw」とファンにケンカを売る行為をする輩がいること。
      しかもそいつらに限って、マトモにシリーズそのものを視聴せず偉そうに語ってるから、ファンや一般視聴者はウンザリしてる。

      • ほんとそれな
        なんか幼稚すぎて本当に困る

        だからここにはくるけど2chには行ってない

        • 2chの本スレ過疎りまくってるからね
          自演にも限界がきてるんじゃない?

          的外れな事を延々言ってるのしか残ってない
          自分たちが正しいと思ってるのがまた哀れを誘う

  8. ΔスクランブルのDLCの配信、11月30日だってさ!!。

  9. あの設定とプロットだったら
    むしろウィンダミア側を主人公にした方が盛り上がったんじゃないかとすら思う
    ケイオス側よりも騎士団のほうがキャラが立ってたし
    味方のトップが戦死、後釜の側近が暴走しちゃうとか波瀾万丈な展開になったろ
    対してケイオス側にはメッサーの死くらいしか盛り上がるモンがなかった
    戦場に謎のダンサー(ハヤテ)が現れて混乱するウィンダミア軍とかもっと見てみたかった

    • 敵(ケイオス側)が戦場で歌って踊ってパワーアップして邪魔してくるって相当なストレスだぞw
      しかも自軍(ウィンダミア側)の兵士を色気で惑わせ課金させるしボーグも切れて当然w

  10. 結局金が無いから萎んだ印象
    昨今のアニメは劇場版並に細かいとこにばっか神経使って
    肝心な動かす作業が萎んでいく
    サテライトは無理をしないしテレビは実験で良いから劇場版でなんとかあしろ

  11. 好きだから 出来の悪さに 腹が立つ

    • それな、いいところは沢山あるのにどうしてこんな展開に、みたいなのはよく判る。
      ファンだからってダメなところまでマンセーしてたら、昔の宇宙戦艦ヤマトみたいな悲劇を繰り返しかねないし。だからってダメなとこばかり叩いて悦にいってる奴も大嫌い。
      いいところはいい、悪いところは悪いでいいんだけど、バランスが難しいよねぇ。

      • 自分としては、ダメなのは「アクシア回より前」まで、良いのは「アクシア回とそれ以降の最終話」まで。

        • 1話はともかく、9話までは歌ってるところに敵が攻めてきてなんとなく撤退みたいなパターンがぬるく感じる方は居るかも知れませんね。あと、ハヤテの性格かな?飛ぶ事に目覚めてミラージュを教官として認める以前のハヤテはねぇ。

      • ワルキューレの曲と敵方も含めキャラクターは大好き
        1話のインメルマンダンスにワクワクが止まらなかった
        前作で荒れた三角関係の結末を劇場版までひっぱる手法をしなかった所も評価する

        だめな点はいくつかの謎を投げっぱなしにした所だな
        レディーMとかベルガ―とはなんだったのか
        あとインメルマンダンスどこいったww

        まあこれらは劇場版でちゃんと回収してくれればOKなんだけど

        • ワルキューレの曲も前半の方が好きですけどね。
          アルバム2枚買ったけど、ファーストアルバムの方が聴く頻度があきらかに多い。
          TRAP!のほうは繰り返し聴くのがJUNNAちゃんメインのLOVE!THUNDER GLOW、破滅の純情~Mikumo Solo~と、本来attack!に入るべきSilent Hackerくらいかな?他のも悪くなないけれど… 
          風は予告なく吹くはシングルの方が好きだし、God Bless Youは好きだけど毎回セリフを聞くのがつらい。
          まあよく言われてるけれど、1クールの勢い(こっちは急ぎすぎだけど)と2クールの減速(心理描写で見るべきところが有るとはいえ)は、どうしても感じてしまいますね。劇場版が有るのなら時系列から見直して、上手に纏めて欲しいところです。

          • まあ曲の感想は人それぞれだよね。
            個人的にはアルバムとしての纏まりはAttack、個々の曲としてはTrapかな。
            後半アルバム曲はOPED曲以外使用頻度が少なかったのが残念だったけど。

            • アルバムとしての纏まりはAttack!、よく判ります。
              特に、僕戦~AXIAの流れは本編とシンクロして、本当に何度聴いたか判らない。Trap!の方は先に上げた曲以外、やはり本編とのシンクロが薄いせいもあってもう一つ。
              後半主題歌の絶対零度も、前半の一恋がマクロスデルタの空間とか世界へ一気に引き込んでくれるのに比べるとちょっと弱い印象。
              ただエンディングの破滅の純情は別格。
              いけボ、ルンピカも含め超安定傑作連発のコモリタミノル氏は流石です。

              • Attack! はアニメBGM & キャラソン集でアニメとの連動率が高い。

                一方、Trap!のほうはリアルワルキューレのライブ用楽曲メイン、デルタから離れてもリアルワルキューレ自体のコンセプトがはっきりわかる楽曲が多い。

        • レディーM、インメルマンダンスについて気になるならもう何度か見直せば何故こういう扱いになっているのか分かるよ

          ベルガーを商人以上に深読みしてるなら彼の立場で考えてみると深読みする必要が全くないと気づく

      • ファン側としては、すべてマンセーする気は無いけど、荒らし連中が見当違いな言いがかりを連発してきてそれが原因でその見当違いな言いがかりを主軸とした対立が起きて、まともな「批判」を軸にした議論ができなくなった感があるね。
        今は2ちゃんの本スレを荒らしの隔離所にすることで落ち着いた議論ができるようになったけど。

    • 3か月以上も前の記事だけど、Exciteに載ってたライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんの対談。飯田さんはみのりんごに直接インタビューしたこともある人でガチなマクロスファン、一方の藤田さんは視点の意外さがおもしろい。

      マクロスΔほど思想的にリベラルなアニメはない!?
      ttp://www.excite.co.jp/News/bit/E1470221092808.html

      マクロスΔの空戦シーンはミュージカルのように演出…ってどういうこと!?
      ttp://www.excite.co.jp/News/bit/E1470220538783.html

  12. アンチの何がムカつくかって、的はずれな批判しかしてないのに正当化してるとこがほんまムカつく
    勿論Δで惜しいところや劇場版するなら直してほしい部分もあるが、そうじゃなくストーリーもちゃんと見てないのに自分の気に食わないもの全部叩くところがほんと嫌

    • 自分らが散々馬鹿にしてる△の脚本よりつまらない妄想垂れ流してるのがまた痛いんだよね
      よくそんなアホみたいな事ドヤ顔で語れるなって呆れるしかない

    • そのくせそんなに嫌ならとっとと他のマクロスなりロボットアニメに行けば良い物を
      いつまでもΔに未練たらたらで粘着してくるしなあ
      今だから吐き出しちゃうけどおかげで某カプの組み合わせが好きなんだけど苦手と言うおかしな状態になってしまったわ(苦笑)

  13. お師さーん、また妄想ネタが浮かんだら今度はこちらに書き込みしますね~。

    • 吉田兼好法師殿、了解しました。

    • そういえばヴァール化した状態だと、本人の自我というか意識というか、どういう状態なんでしょうね。

      AXIA回のメッサー君はヴァール化しても自我を保ち続けたのは明らかですが、一方、ララサーバルさんは表層意識は完全に洗脳下にあったけれど、もしかしたら潜在下の自我は子ども達の声が実は届いていて、自意識の主導権を取り戻そうともがいていた可能性はあるのかなぁと思ったり…。

      多重人格系の物語によくみられる、主人格が意識の奥底にひっこんで副人格(今回の場合は洗脳状態)が肉体を支配している状態で、でも意識は覚醒していて脳内で各人格同士で会話したり一時的に肉体の言動に干渉したり
      するようなことがヴァールシンドロームやヴァール化兵士にも当てはまるとしたら…。
      自我の保ち具合によっては、自分の肉体が意思に反して殺戮に溺れるのを、止めるすべなく見させられるわけですよね。しかもその犠牲は家族や仲間たちであることが多いわけで。大切な人々が、恐怖や絶望・怒りの表情を自分に向けながら殺されていく一部始終を、我が身が朽ち果てるまで見届けなきゃならない状態って筆舌に尽くしがたいです。

      メッサー君がうなされていたあの悪夢。
      “意識を取り戻してから、真っ赤に染まった手と壊滅状態の街を見て己がヴァール化したことを認識した”当時の状況を夢で追体験してるのかなーとはじめは思ったんですけど、もしかしたら“自身がヴァール化して仲間を殺す”悪夢からやっと目を覚ますことが出来たと思ったら、夢だと思っていたことが現実だった…という状態を追体験していたとしたら…。
      ヴァール化兵士の撃墜に躊躇いなんてなくなりますよね…。

  14. 移転早々深遠で興味深い考察をありがとうございます。

    悪夢から覚めた時が真の悪夢の始まりなんですね。アルブヘイムでのメッサー君は、ヴァール化した仲間たちへの惻隠の情から、安らかな死を与える方を選んでしまったのかもしれませんね。子〇れ狼化した拝一刀が介錯人の仕事を無双しっちゃった感じでしょうか。殿の指摘の通り、介錯される側のヴァール化した人達の、恐怖、絶望、怒りのこもったダイイング・アイで見つめられ続けたら、正気を保つのは不可能で、人格を解離せざるを得ませんよね。生き残ってもPTSDは必発な気がします。

    ヴァール化と多重人格の考察は秀逸で、ヒトとしての主人格以外に洗脳状態で現れる副人格は、フォールド細菌の人(?)格というか意思が、ヒトでいうところの交代人格として現れているのかもしれませんね。フォールド細菌がアストロサイトを支配して、ドパミンやセロトニン作動系ニュウーロンを介してヒトの感情を操ってしまうことは、前の考察の続きです。ララサーバルさんたち猫型遺伝子を含む人類種であれば、借りてきた猫状態にすることは最も容易だったのでしょう。表層意識では娘の歌が聞こえていても、ドパミン作動系をしっかりブロックされては、重度のパーキンソン患者さんのように、ララサーバルさんほどの歴戦の勇者でも、自分の意思では身動きできなさそうです。

    交代人格が現れない様に、メッサー君はぎりぎりまで人格交代が誘発される恐れのある酒席などは固辞していたのでしょうかね?

    フォールド細菌による感情や行動の支配を打ち破れる、ワルキューレの歌の多様性は今更ながら素晴らしいですね。

    • カナメさんが作中で言っていた『細胞内に寄生したフォールド細菌が、強烈な感情を亜空間を通じて伝播、増幅させ、人間を凶暴化させる』の「強烈な感情」が全銀河80億人分の感情ならびにタイムリープした別の次元の感情や情報まで含むとしたら、しかもそれが脳内で増幅までしちゃったら、主人格は一気に隅に押しやられて脳内はカオスの絶頂ですよね。
      副人格が多すぎて、頭がヒデブしちゃいそう。そりゃ統制が取れなくて暴れまわりますわ。
      魔眼もちの岡○倫○○氏もタイムリープの際に猛烈な頭痛や脳内の痒みにのたうちまわったり、狂ってしまう世界線もあったようですし。
      もしかするとフォールド細菌さんはそういった混乱で主人格の支配が及ばなくなった隙をついて、肉体をあやつり、殺戮ゾンビ化させて感染拡大を図るのかもしれませんね。
      そしてワルキューレやハインツ陛下の歌が混乱を治めるのでしょう。ハインツ陛下はその際に副人格の方に便宜をかけて、支配下に置いていたようですが。

      新型エンジェルダストでしたっけ、シティー○ンターでミック・エ○ジェルさんがユニ○ン・テオーペに投与されたおっかない麻薬って。
      全くの創作上の薬物だとばかり思っていたんですが、実際にあるみたいですね。
      さすがにマンガほどの爆発的な戦闘力はないんじゃないかとは思いますけどどうなんでしょう。
      あの症状って少しヴァールさんに似てますね。

  15. エンジェルダストと言えば、かつて○波○さんも投与されて無双し、一部隊を壊滅させてしまいましたね。その後シティ○ンターとなってからは、もっこ○+100tハンマーで、何時でもエンドルフィンを内因性分泌出来る体に成っていたように妄想していました。ヴァールさんにも強烈な苦痛を和らげる脳内麻薬が発動しているのかもしれませんね。

    法師殿の考察は相変わらず完成度が高いですね。多重人格の観点からの切り口は鋭く、納得しています。ヴァール化した人達の意識状態についての一つの解でしょうね。頭がヒデプしちゃった人は地球上にも一定の割合で出現しますが、多重人○や解離性○害は、統合○調と同じ様にヴァール化しているのかもしれませんものね。

    某レビューでも愚考させていただきましたが、ロイドカタツムリ(フォールド細菌さん)が目指した全宇宙の人類種を繋ぐニューロネットワークについて再掲させてください。亜空間を通じて強烈な感情を伝播、増幅されて繋がる80億人或いはそれ以上の人類種の意識を、ヒト一人の大脳でニューロネットワークで繋がる、数百億ある神経細胞にフラクタルして考えてみました。神経系の発生過程で司令塔の役割を果たす細胞集団でさえ、アポトーシスで除去される過程があります。個人の脳の完成までに統合と分裂が繰り返されるのだと想像されます。ヴァール化による自爆や殺戮は、まさにニューロネットワーク形成過程での神経細胞死をフラクタルしているのではないでしょうか?マクロス世界的に云えば、これ等の発生・形成過程を時に指揮し、時に共鳴させるものこそ、歌(波動による調律)というのは如何でしょうか。

    こうして形成される銀河宇宙規模のネットワークもまた数百億レベルで存在し、それこそ神々の極楽浄土と、悪魔的な殺生地獄を展開していそうです。以上Δ妄想劇場でした。

  16. アラド隊長、どのくらい出番増えますかねー。

    独立戦争のカーライルの黒い嵐でアラドさんも仲間をごっそり失ってるんですよね。
    仲間との死別にはつい最近まで民間人だったハヤテよりずっとずっと慣れていて、割り切り方も心得ているだろうに、メッサー君の死を作中キャラの誰よりも引きずってるように見受けられます。
    そのぐらいメッサー君はアラドさんにとって大事な仲間だったんですよね。

    ヴァール罹患者という秘密を共有し、いざという時はアラドさんがメッサー君にとどめを刺す約束までして、メッサー君がパイロットに戻れるよう尽力してくれて…。
    メッサー君がぎりぎりまでΔ小隊に残ろうとしたのは、カナメさんたちワルキューレを護りたいという思いが強いだけでなく、アラド隊長と飛び続けたい思いも同じくらい強かったんだろうなぁと思います。
    補充要員を見つける困難さも副官であるメッサー君にはお見通しだろうし、何よりΔ小隊を護りたい。アラド隊長の役に立って恩返ししたい。そう思っていただろうなぁ。
    カナメさんの歌ともしもの時は隊長が自分を殺してくれる、そのことがメッサー君には何よりの心の拠り所だったと思うんです。
    アラド隊長もその思いを充分すぎるほどに解っていて、だからこそメッサー君には人間らしく幸せになるために生き残ってほしかっただろうと思います。
    カーライルの黒い嵐で仲間を失った自分とヴァールで故郷を失ったメッサー君が重なって見えたこともあるんだろうな。
    一見、陰と陽みたいにキャラが違うけど、お互いにシンパシーを感じていたんじゃないでしょうか。
    アラド隊長は女性にもてそうなキャラなのに独身で浮いた噂もないので(カナメさんとの仲もきちんと一線引いて、深入りしてなさそうなので)、もしかしたらカーライルの黒い嵐で恋人(または妻子)を失ってるかもなぁ…と思ったりして。
    死別を経験しすぎてドライに感情がマヒしていくのではなく、ウェットに心の奥底で大事に思い続けていそう。

    アラド隊長は親メッサー派の同士ですし、メッサー君の大恩人でもあるので、激情版でいっぱい活躍してほしいなぁと願っています。
    そしてメッサー君ともども生き残ってほしいです。

    女性にもてそうなキャラなのに、Δ時代では独身だし女性の影がないのが不思議。カナメさんとも同僚以上の感情があるのかないのか微妙な感じでしたし…。

    • 何時もながら、私の思い描いていたことを余すことなく文章化していただき、溜飲が下がります。Δのキャラクターの描き方は、想像の余地を残しながらも、必要なピースはしっかり描き込まれているところが好きです。

      劇場版のポスターでは、Δ小隊の中で唯一テレビ版とは異なる武装で隊長だけ別に描かれてますよね。出番が多いこと、過去の描写があることに私もかなり期待しておりますよ。

      仲間思いのメルダーさん、カーライルの惨劇で多くの戦友を喪い、誰よりも臍を噛んだことでしょう。クラゲを生でなく干物でいつも噛み締めているのは、そのとき以来歯の食い縛りになってしまったのかもですね。

      メッサー君のみならず、ミラージュさんや、ハヤテ、恐らくチャックもリクルートしたであろう慧眼に加え、部下のよい面を引き出す包容力を感じます。やたら前面に出たがる、目立ちたがりの隊長よりも共感します。小隊のことより、メッサー君の体と命を優先して除隊させる判断に至っては、自分の出世と保身しか考えられないそこらの上司達とは雲泥の差を感じます。

      殿のご指摘通り”もてキャラ”なのは、ミズキ・ユーリちゃん始めブリッジクルーの女性から好かれている様子も描かれており、ほぼ鉄板ですよね。メッサー君のカナメさんへの気持ちに当然気付いていて、行動を抑制しているようにしか見えません。ハヤフレとミラージュさんの三角関係よりも、此方の三角関係の方が気になります(私的にはチャックの妹マリアンヌさんも参戦させてあげたいのですが)。劇場版でメッサー君の死亡フラグが解消されたとき、どのような展開になるのか?カナメさんの選択は?がん○れ元気の芦川○生の様に、どちらも良い男過ぎて選べずに逃避してしまうのかな。

      ライトに対する敬意というか、憧憬を抱き続けている所も人間性を良く表していますよね。新統合軍が死人に口無しとばかり被せた濡れ衣により、多くの人間は本人よりも張られたレッテルで人を評価しますもんね。息子のハヤテの勇姿を見て「あの人に似てやがるぜ」なんて激しく感動いたしましたよ私も。

      >>ドライに感情がマヒしているのではなく、ウェットに心の奥底で大事に思い続ける
      カラカラの乾燥クラゲスルメが、噛めば噛むほど口の中で深い味わいと共に生気を取り戻していく。遺されたものとしての責務(後進の育成)を果たしながら、乾いたクラゲを噛み締めることで戦友への哀悼を忘れない。アラド隊長なりのレクイエムなのかもしれないなあ。

      今回の文章からも、アラド隊長を通して殿のメッサー君愛が、ひしひしと伝わってきましたよ!劇場版が期待に応えてくれることを、私も切に願っています。

      また他のキャラクターに関しても、深い掘り下げに期待しております。ベス・マスカットさんの飲みっぷりの訳も、掘り下げたら興味深いですよね。

      追伸 みのりんごさんのリリイベ、仕事切り上げて参戦したいです(土曜も仕事なもので)。

      • アラド隊長はたぶんケイオスの妙齢の女性社員からは狙われていそうな気がします。
        打算的にみても顔よし、声よし、地位もあり高収入ですもん。性格もおおらかで懐深くて、女性の我が儘を軽くいなしてくれそう、というか楽しんで我が儘に振り回されてくれそうです。
        欠点は掃除や片付けが苦手そうな感じですかね。(偏見です) お誕生会で準備を手伝うようミラージュに叱られてましたよね。あんな感じで家ではぐうたらしてそう。
        ハヤテが恋愛方面に野次馬根性がないので、描写がまるごとカットされてるだけで、案外アラド隊長は女性からお誘いをバンバン受けてたりして。。。水面下で女の熱いバトルが勃発してても不思議ではありません。

        マリアンヌもいい娘ですよね、勝手ながら我が同志と思ってます。彼女にも幸せになってほしいですね。良妻賢母になりそう。生活能力もさることながら、あんなイケイケなルックスなのに実は乙女なギャップがまたいいですね。隠れてそっと見守る古風な乙女モードはメッサー君限定かもしれませんが。メッサー君は買い出しとか重い荷物の運搬とか進んで手伝ってくれそうな気がします。頬を赤らめてモジモジ嬉しそうなマリアンヌを想像すると、ついニヤニヤしちゃいます。

        ベル・マスカットさんはお酒好きでお師さんと話が合いそうですね。オペ子3人組の長女ポジションぽいですね。彼氏募集中のようですが、アラド隊長への特別な関心はなさげなので、競争率高め物件は狙わず手近な辺りで堅実な男性がストライクゾーンぽいですね。チャックに手厳しそうなのは何故でしょう、若干ノリが軽いからなんですかね。それとも幼い弟妹がもれなく付いてくるからなのかな?

        • ベス・マスカットさん始め、またまた見事に掘り下げて頂き有り難うございます。殿の人を観る洞察力の深さには、何時もながら感動しています。キャラの背景を想像すると、楽しさ倍増(当社比)ですものね。

          隊長をめぐる水面下の女の熱きバトル、是非とも一話費やして描いて欲しいものです。恋愛に疎いハヤテはお休み回ということで。隊長のお誕生日は1週間前の1月10日でしたね。フレイアに倣って誕生会は如何でしょうか。影の薄いニナ・オブライエンさん(何気に可愛らしい)の活躍にも期待したいです。テレビ版はオペ子ちゃんを描くには尺が短すぎたのが残念でした。ユーリちゃんのクラゲに海猫宜しく、レイナが目をつけていないのか、ちょっと心配です。

          それにしても、殿の女性心理の洞察は秀逸ですね。大変参考になります。是非、ミラージュさんのフレイアに対する本音についても(日記には素敵な女性だと書いていましたっけ)、開陳して頂けると嬉しいです。ミラージュさんは、劇場版でニナさん並に影が薄く描かれそうな悪寒がしています。

          チャックは弟妹が成人して独立するまでは、女子から見て不良物件ということでしょうか?私としては巨○の星の京子さんのような女性が現れて欲しいです。飛○馬の果たした月下氷人役はハヤテには荷が重そうですが。。。或いは手厳しそうなのは好意の裏返しで、ベス・マスカットさんと結ばれる展開はあり得ないでしょうか?ラグニャンニャンで生ビール飲み放題の特典が決め手になるかもしれません。

          • お褒めいただき、恐縮ですー。
            調子にのってベル・マスカットさんのこと考えていたら、最初のイメージと違う考えが浮かんできました。

            基本的にしっかり者の姉御肌タイプで落ち着いていそうなので、男性の好みも堅実な人かなと思ってたんですが、案外ダメンズ好きだったりして。大人の男性を理想としながらも現実の恋愛遍歴は年下のワンコ系男子ばかりだったりするかもです。
            もしも相手がフリーターやニートだったら、まともな職につけ!と怒りながらも養ってたり…。その場合だと、外聞を気にして彼氏の存在を伏せて、フリーを装ってニナさん達と話を合わせてる可能性もあるかもです。(ニナさんほど彼氏欲しい発言してないので)
            クラゲ祭前は露出控えめな私服だったのに、男性陣も多く出席した歓迎会では胸元アピールしたセクシーな私服でしたよね。内心優良物件な彼氏ゲットに燃えていたのかもしれません。(すでに彼氏持ちだった場合は優良物件への乗り換えに向けて布石を)
            さすがに打算的すぎてマクロスっぽくない気がするので、やはりフリーの可能性が高くて、攻めるときには攻める控えめ肉食系女子じゃないかな。

            チャックとの可能性においては、目下のところ、一つだけ明確な障害があります。
            それはマスタング家に嫁いだら、マリアンヌみたいに接客に大忙しでゆっくりお酒を飲めないことです。そこだけはベルさん的にマイナスポイントでしょう。

            幼い弟妹がいるとはいえ、チャックも優良物件の筆頭ですね。働き者でコミュ力抜群なムードメーカー。弟妹まで養う甲斐性があって、父性もあり、いいパパになりそう。あの醸し出す優しいオーラに癒される人は多いはず。
            弟妹の存在はモテモテへの障害にはなりますが、逆にスペックだけで群がるミーハー女子をふるい落とし、本当にチャックの良さを解ってくれる子だけを残すフィルターの役割をしてくれそうです。友人付き合いから発展して、家族ともども大切に思ってくれる女性がきっと見つかると思います。
            ベルさんもいいと思いますが、わたし的にはマキナ姐さんがチャックにはお似合いだな〜と思います。レイナもチャックが相手なら喜んでくれそう。

            • 実はセクシーなベス・マスカットさんが、ラグニャンニャンで働く場合は、カウンターに立ってガールズバー形態にしてはどうでしょう?独り身のお客さんの驕りで何杯でも飲めるので、お店の売り上げに大きく貢献しそうです。

              殿の考察からすると、Δ小隊のメンズは皆優良物件ですね。しいて言えばハヤテが一番ダメンズでしょうか?そう考えるとフレイアは外れクジを引いてしまったのでしょうか?覚悟しないといけないのはフレイアの方だったりして。カシムさんの懸念が現実にならないことを祈りましょう。

              殿の鋭い考察から、Δの女性達の世界観が大分変わりますね。もっともっとお願いしたいです。

              • アラド隊長のお誕生会編。

                アラドは人知れず鬱屈を抱えていた。
                メッサーを酒に誘うもすげなく断られる事早2桁。連戦連敗のカナメに比べればまだマシな戦果とはいえ、メッサーが誘いに乗ってくれることはめったにない。
                メッサーを見ていると歯がゆくてならない。生き地獄を味わわせたくて命を救ったわけではない。生き残ってしまって良かったのだろうか、その問いへの適切な解をアラドはもたない。カーライル事件以降、その悔恨はアラドの胸中でもくすぶり続け、どす黒く澱になっている。
                酒に逃げることもせず、ひたすら自罰的で自分を律して生きている部下の可愛げのない面が憎たらしくなる。
                たまには年相応にハメを外したり、みっともなく飲んだくれてみろよ。人生をもっと楽しめよ、楽しんでくれよ。
                そんな折だった。
                自分の誕生会が企画されたのは。
                30過ぎてお誕生会って…。
                丁重に断ろうと思ったが、あの付き合いの悪い堅物が出席すると知って気が変わった。

                幹事はおなじみマキナ・レイナ・チャックの野次馬3人組だ。
                3人は恋バナに飢えていた。目下のところ有望株とにらんで密かにモニターしているカナメとアラドの仲が一向に進展しなくてつまらない。
                2人を肴に騒ぎたい、ニヤニヤしたい、ひやかしたい。
                そこで波紋を起こそうと立ち上がったのだった。
                それにしてもまさかこれほどネームバリューがあったとは。

                腹心の部下にすら構ってもらえない寂しいクラゲ親父のはずが、女性の大群に埋もれている。
                普段はあまり付き合いのない部署からも女性社員が押し寄せていた。
                どこからか漏れ出たカナメとアラドとの仲は同僚以上でも以下でもないという噂。(もちろんレイナが流した。)
                今までにもアラドにモーションをかけるつわものはいたが、カナメというベストパートナーがいると専らの噂だったので遠巻きにしていた女性陣がここぞとばかりに立候補しだしたのだ。
                他のワルキューレメンバーがアラドとくっつかないよう、牽制も忘れない。
                彼氏持ちのフレイアや百合カップルは放置で構わないが、カナメや美雲は別だ。決して邪魔させるべからず。
                女性陣たちの共闘が始まった。
                にこやかな笑顔で美雲やカナメを取り囲み、蝶よ花よともちあげて、決して彼女達にライバル心は気取られないようにしつつ、アラドにはちゃっかり自分をアピールしていく女性陣。
                そんな思惑に気付いているのかいないのか、バナナ酒をたらふく注がれて、珍しく泥酔状態のアラド。
                そんなアラドを遠巻きに見守るメッサー。
                給仕をしつつ、そんなメッサーにみとれるマリアンヌ。
                カナメの動向に興味津々な野次馬トリオとオペ子3人娘。
                女性陣の異様な熱気にまったく気付かずにアップルジュースと海蜘蛛の姿煮に舌鼓を打つハヤフレミラ。
                あさましい女性陣の攻勢に呆れつつ、自分にもおこぼれがないか期待するアーネストと他男性陣。

                このまま何も起こらず終わるのだろうか、カナメがアクションを起こす気配はない。。。
                期待はずれな結果になりそうだ、と野次馬トリオがため息をついたとき、事件は起こった。

                壁にもたれてひっそりとウーロン茶を飲んでいたメッサーの周りにマスタング家の幼い子どもたちが群がっている。
                子どもたちに鉄面皮をはがされ、柔らかな微笑を浮かべたメッサーを目ざとく見つけたモブ子Aがいそいそと話しかけてきた。
                危機感を抱き、接客どころじゃないとばかりに邪魔に入ろうとするマリアンヌ。
                便乗するように現れ、さりげなくウーロン茶の代わりにブランデーを飲ませるカナメ。
                その光景を見て、今日ここに来た目的を思い出し、女性陣の群れをかきわけ「メッサーァァァァァ!」と絶叫しながら部下に泣きつき熱い抱擁をするアラド。
                「俺を置いて死ぬんじゃねぇぞ!絶対だ!」
                その場の空気がピシリと凍りついた。

                後日、ケイオス内ではアラドとメッサーのホモ疑惑がもちきりだった。
                泥酔していたアラドには記憶が残っておらず、周囲の好奇の眼にさらされていたたまれない思いを抱えるのはメッサー一人。
                優良物件ゲットの野望が思わぬ方向で崩れ去り、毒気を抜かれた女性陣たちは渦中の二人を生温かく見守るのだった。。。

                な~んちゃって、とっぴんぱらりのぷう。

                • まるでアニメを一話観せて頂いたようで楽しく読ませて頂きましたよ。「ためらいバースデー」ならぬ「ドン引きバースデー」となってしまったようで、二次会で荒れるケイオス女子の皆さんのお姿が目に浮かびます。アルファ、ベータ小隊の女性パイロットさん達が背後から隊長機に模擬弾を浴びせないことを祈るばかりです。

                  優良物件に高まりかけた隊長人気が、一気にドン引きされる展開は涙(抱腹絶倒の)なしでは読めませでした、流石の文章力ですね。失礼を承知で言わせて頂けば、小〇刀さんより面白いです。

                  誕生会後も隊長は普段と変わらずクラゲをかじっていそうですが、好奇の目にさらされるメッサー君はますます人付き合いが悪くなりそうですね。

                  ウィンダミア潜入回で、駐屯軍時代の写真をカナメさんに見せて懐かしがるアラド隊長。いい逸話だなあとお思ってみていましたが、もしや軍や刑〇所にありがちな、男子の秘め事を思い出して感傷に浸っていたのではないでしょうね。またまた妄想が広がってしまいます。

                  アラドさん、スルメおやじからイカおやじと陰口されないように祈っています。

                  • 楽しんでいただけたみたいで嬉しいです〜。オチがありきたりすぎるかなーと心配だったんですが、わたしの脳ミソではこれが限界でした。w

                    多分メッサー君はアラド隊長にお祝いの言葉を伝えたくて、女性陣の攻勢が一段落つくのを待ってたんでしょうね。アラド隊長はメッサー君に鬱憤をぶちまけれたので、二日酔いにもならず気持ちのいい朝を迎えたかもしれません。
                    アラド隊長をイカ親父呼びするのは、女性人気を目の当たりにしたモブ男性陣でしょうね。女性陣はアラド隊長の寵愛を受けるのがメッサー君ならノープロブレムかもしれません。同じ女性の中から1人だけ選ばれたら嫉妬とか敗北感で嫌な気分になったりしそうですが、選ばれなかったのは自分の魅力が足りないのではなく、アラド隊長がホモだったから!ってすんなり受け入れそうです。むしろ腐女子人気が出たり、セクハラされる危険がないと評判になったりして。w
                    メッサー君だけがアラド隊長の風評被害(?)に心を痛めていそう。

                    • 私もモブオヤジ思考に陥っていますね。

                      スカイツリーに来ています。小一の息子が選んだのは何故かアラド隊長機でした。
                      人多かったです。グッズの売りきれ状況から予想以上の集客の様で何よりです。

                      色紙もコースターもフレイアを引けてホッコリしています。

                    • 息子さんいい趣味していらっしゃいますね、アラド隊長機はスタイリッシュでかっこいいですよね~。
                      スカイツリーとのコラボも好評なようで嬉しいですね。
                      色紙やコースターも無事にフレイアをゲット出来たようで素晴らしいです。ワルキューレのチケットといい、お師さんの努力あっての成果であるのは言うまでもありませんが、すごい引きの強さですね。これこそ引き寄せの法則っていうやつですかね~。

                    • お返事ありがとうございます。
                      フレイアの半身フィギアライズバストを完成品と思い購入したところ、プラモデルでした。高1の娘に夜11時に渡したところ、朝には私の机の上に完成品が。。。ニッパがないので爪切りを使って作ったそうです。
                      アマゾンで安く買えるのですが、ツリーの販売実績を増やさんがためと、おまけでくれる買い物バック欲しさから、2月のスカイツリー再訪時に他のメンバー4人も揃えてしまいそうな自分が恐ろしいです。勿論家族からは生暖かくみられています。

                      展望回廊へのエレベーターは2基あり、ワルキューレヴァージョンと、ランカシェリルヴァージョンでした。往復で愛でたく両方乗れました。

                      私事ばかりで恐縮です。

                    • 理解あるご家族ですね。
                      楽しくオタ活するには家族の理解があってこそですよね。
                      隊長機の側にはやはり副官機も欲しくなりませんか〜?(悪魔のささやき)ワルキューレを守るΔ01とΔ02でワクチンライブの一幕をご自宅で再現!「ワルキューレは俺達が守る!」的な。

                    • 良いですね~そそられてしまいます。

                      ただ、1~3月は嬉しいことにイベントが目白押しなので、ヴァルキリー収集はイベントラッシュが落ち着いてからにしたいと思います。

                      今日はみのりんごさんのソロデビュー曲発売日、アマゾンからも届きますが、ジャケ違いを昼休みに買いに行かねば。

                      東京も雪景色でGod bless youが脳裏に響きますね。

                    • 〇葉原の〇ニメイトで買ってきました。〇ワーレコードは雪のため配達遅延で届いていませんでした。

                      webに流れているMVと、付録のDVDでは楽しさ3倍増(当社比)ですね。

          • ユーリちゃんはオペ子の末っ子キャラですかね。ユーリちゃんは相手が高圧的だったり大きな声を出されるとすると萎縮していそうなので、ちょっぴり気が弱く、押しに弱そうな気がします。
            レイナと歳が近そうですが、あの独特なオーラに若干気圧されていそう。とはいえレイナが頭上のクラゲちゃんを物欲しそうに見た時だけはムキになって、そんな彼女をレイナは面白がっていそうです。ちなみに援軍(お姉さんズ)はマキナ姐さんと一緒になって、二人のわちゃわちゃする様を生暖かく見守っていそうですね。

            ニナさんは若干ミーハー系女子の匂いがしますが、私服が割りとボーイッシュで男受けを狙ってなさそうなので、自分は自分と、芯のある女の子なんだろうな、と思います。物欲しそうな発言とは裏腹に、妥協を許さず、好みではない男性陣からのアプローチは眼中にないタイプな気がします。

            個人的に1番想像が難しいのが主人公△のフレイアとミラージュさんとハヤテです。ミラージュさん→←フレイア描写が来るとばかり思っていたら特にないままあの背中推しエンドが来たので、かなりビックリでした。
            ミラージュさんはコンプレックスを一杯抱えていても、相手を貶めたりして自分の価値を下げることは決してしない子ですね。根っからの善人で育ちの良さはもちろんありますが、高潔であろうと自分にいい聞かせていそうな気がします。
            なのでハヤテを好きになって、そのハヤテが見つめているのはフレイアで…、その事は最初から解っていつつもどうしようもなく沸き上がる切なさと妬ましさに、ミラージュさんは戸惑い葛藤していたんじゃないでしょうか。フレイアのように天真爛漫に振る舞いたい、フレイアのようにハヤテに大事にしてもらいたい、そんな思いは当然あったと思います。大きすぎる憧れと背中合わせにある妬み。でも日記にすらそんな悪口を書けないほど、ミラージュさんはアウトプットするまでに長く考えこんでしまうタイプなんでしょうね。
            初期のハヤテには意地悪な部分も出せていましたが、ハヤテが仕事を舐めたクソ生意気な勤務態度&ミラージュさんにとってまださほど大事な人になっていなかったからでしょう。好きになればなるほど、我が儘を自分からは言い出せなくなるタイプかもしれません。
            つくづく損な性分だと思います。でもそんな不器用さもミラージュの魅力ですよね。ミラージュさんには彼女の押し殺した我が儘を掬いとってくれるような人が現れてほしいです。ハヤテは悪友や姉弟のノリでじゃれるぶんにはいいのですが、恋人にするとミラージュさんが世話やきまくって、ハヤテがおんぶに抱っこ状態になりかねないので、ハヤテの良さを引き出す意味でも彼にはやはりフレイアがベストですね。

            • 深いですねー

              殿は恋愛コンサルタントをしても大成功しそうですね。ハヤフレがベストカップルと聞けて安心しました。

              ミラージュさんのコンプレックスの訳は、やはり偉大な祖父母にあるのでしょうか?人並み優れた容姿と能力を持ちながら勿体ないですよね。沢山のファンがミラージュさんについた理由はどう解析されていますか?個人的にミラージュさんにはキースがお似合いではないかと思うのですが、ダメでしょうか?

              殿の視点からオペ子ちゃんに注意して今度BD見直してみます。

              • わたしの思い込み100%なので話半分でお願いしますね〜。

                マリアンヌさんが全身打撲でしばらく接客は無理なので、裸喰娘々の看板娘の代打をベルさんにしてもらって、閉店後にお酒で感謝を伝えながら二人で晩酌…って流れでどうでしょう。
                しっとりと大人の話も出来て、普段見せてるお調子者モードとは違う一面を出せそうです。そしてゆくゆくは日中は中華料理屋、夜は大衆居酒屋、深夜はベル姐さんによるガールズバーの3形態へ。

                ハヤテは成長途中なので現時点での判断だと他Δ小隊メンバーより部が悪いのは否めませんね。(当社比)
                けれどもフレイアと共に生きていくことで男の魅力を深めていくんでしょうね。アラド隊長だってハヤテくらいの年頃にはかなりやんちゃしてただろうし。
                とはいえ地雷物件になる恐れもありますね。フレイアが○に○された後、重度の鬱とルンピカ中毒に陥るのはほぼ確実かと。フレイアの忘れ○見もいれば、ぶっちゃけ女性陣的にはトリプルコンボの事故物件で相当ハードルが高いです。
                フレイアはハヤテにとって生涯忘れ得ぬ永遠の人となるわけですから、例えハヤテ自身が新しい恋に前向きになっても、その女性はどんなに頑張ってもフレイアには敵わず永遠の二番手止まりです。それでもいいから寄り添って生きていこうという強く献身的な愛情と覚悟が必要不可欠ですね。

                ミラージュさんとキースもやはり寿命がネックですね。ミラージュさんの悲しむ姿は見たくないので、なかなか賛同しづらいなぁ。あとキースって女性の扱いはどうなんでしょう。騎士団が男所帯なのとウィンダミアでは職業婦人は少数派でしょうから、変な偏見を持っていないかなど、判断材料がもっと欲しいですね。
                もしミラージュさんとキースでカップル成立した場合は、いずれはフレイアともどもキースにも冷凍カプセルに入ってもらって、ハヤテと仲良くお百度参りするミラージュさんが見られそうですね。

                • 裸喰娘々をリニューアルする際は、男子寮を簡易宿泊所に改装してはどうでしょう。恋するダハブの様に宇宙放浪旅中の人々で賑わいそうです。弟妹達はスキューバのインストラクターを生業に出来そうですし、ムスタング家も安泰です。難点はベスさんのガールズバーで呑んだ暮れるア○コール依○症のおじさま達も、カプセルホテル代わりに居着いてしまいそうな事ですかね。チャックが用心棒として機能するので、狼藉が起こることはないでしょうけれども。
                  チャックはご指摘の通り、ギャップ萌えさせるものを色々持っていそうですね。

                  ご想像の通りハヤテが今のアラドさんの年齢になる頃には、渋味も加わり良い男になっていそうですね。なんならΔ小隊の隊長職を引き継いでいるかもしれません。フレイアロスに加えて、トリプルコンボとは殺生ですね。お百度参りの霊験があらたかになり、カプセルの中でルンピカする日を迎えられるよう切に願います。その目的完遂のためなら、ケイオス医療班にド○ター・ゲロを迎える暴挙も厭いませんよ私は。

                  「黒き翼の白騎士」の中で、ハインツ様の事を託す正妃様に見せた少年キースの柔和な表情から、騎士団の中では決して観られない彼の女性に対する優しさを垣間見ます。また、異母弟とは言え積み木でハインツ様と遊ぶ姿から、子供の面倒がみれるイクメンの素養も感じます。実質的な植民地状態や戦時下でなく、平和な時代に生まれていたら、キースの人生はどうなっていたのでしょうか? 何れにしても殿の考察通り、女性経験は無さそうなので、経験値の低い者通しのカップルなんて古風で良いなと思ってしまいました。

                  御曹司のテオ君の婚約者はどんなお嬢様でしょうね?此方も描かれたピースがないので、妄想の広がるところです。

                  • ドク○ー・ゲロはギャラクシー船団あたりに潜んでいそうですね。

                    ジーナス家に初めてご挨拶に伺う時のミラージュさんとキースさん。お付き合い始めました、くらいの挨拶のつもりが、
                    思い立ったが吉日・即実行なお国柄のキースがジーナス一族勢揃いの衆人環視のもと、ミラージュにラテン系な求婚したりして。そしたらミラージュさんは確実にテンパリますね。
                    ジーナス一族はウィンダミア王家の高貴な生まれなどには目もくれず、「生半可な青二才にミラージュはやれん。お前の腕前を見せてもらおう」とか言いそう。
                    初めての共同作業はケーキ入刀ではなく、祖父母相手のドッグファイトかも。

                    テオ君の婚約者はきっとユッシラ印の媚薬でめっちゃいいとこのお嬢様を堕としてたりして。
                    ほんとは必要なかったのに、2人を一気に進展させようとザオ君がこそこそ画策してテオ君に「俺に感謝しろよ~」とかドヤ顔してたら面白いかな。

                    • ジーナスvs白騎士バトル是非巨大スクリーンで観てみたいものです。
                      頬を紅潮させて記念日の日記を認めるミラージュさんの姿が目に浮かぶようです。

                      劇場版でミラージュさんがどう描かれるのか楽しみでなりません。レイナに対するボーグの課金場面ほどあからさまではなくとも、キースのルンを光らせるくらいの描写がほしいものです。

                      実行犯がどちらにせよ、双子君がそんなどこぞの〇〇〇の様な事をしていたら、週刊誌の記者が黙っていなさそうですね。ザオ君が媚薬をウィンダミアアップルワインに混入する監視映像を、莫大な金額で太っ腹なユッシラ商会が買い取らされていそうです。そんなことも知らずに相変わらずドヤ顔しているザオ君も嫌いではありません。

                      レイナ・プラウラはクラゲ大好き!クラゲの「プラヌラ」が訛ったネイミングでしょうか?

                    • ザオ君はオフホワイトではなく十中八九黒でしょうね!w
                      本編でもマンガでもすきあらば媚薬を布教してますから、その効能に絶対の自信があるのでしょう。
                      でももしかしたら媚薬はウィンダミアでは割りとメジャーなのかもしれません。以前の妄想考察で夜這い文化の可能性に少し触れましたが、農村以外でも性におおらかな文化だとしたら、多くのウィンダミア人が媚薬のお世話になっているかもです。
                      うっかり他の星で使ったらえらいこっちゃですね。○○○のような騒ぎになって、揉み消しに大枚をはたきながら「お〜ぅ、ヤック・デカルチャー…」「おのれ地球人め〜」と異文化交流の手痛い洗礼を受けるのでしょうか。w

                    • 白騎士漫画で、初めて双子に媚薬を勧められた時の、キースの狼狽とも思えるリアクションが好きです。

                      やはりザオ君はブラックですね。

  17. ライトさんはレディMとどういった繋がりで星の歌い手の細胞片を渡したんでしょうね。

    新統合軍は大所帯ですし、警察組織における公安や警務部と刑事部みたいに、反目しあったり腹の探り合いしてる可能性もありますよね。ライトの正規の任務が何か、逸脱した行動はどの辺りからなのかなーと漠然と疑問に思っています。

    もしも公安課のような軍内の防諜を任務としていた場合、元々からスパイのような活動をしていたでしょうし、二重スパイにはうってつけかもしれません。
    あるいはプロトカルチャー遺跡の解析はマクロス世界において重大機密であるのは間違いないので、通常業務と同様に特務として拝命して、軍内では後ろ暗いことなく活動してる可能性もあるのでしょうか。(でもそれだとライト信者のアラドさんがライトさんの特務的な行動に気づいていないのが辻褄が合わないような気もします。)
    プロトカルチャー研究の進んだレディMに細胞片を渡したのは軍の上層部の承認を得た行動なのか、ウィンダミアの遺跡の破壊も厭わない軍上層部の方針に危機感を抱いて、ライトが軍を裏切ってレディMに託したのか。レディMはライトが信頼するに足る人物なのか否か。
    判断材料が不足して、考えれば考えるほど沼に落ちていきそうです。

    • またまた考察(妄想)甲斐のあるお題ですね。レディMは公式情報が少なすぎますし、ライトさんは人柄の描写に比べ、特務諜報員業務の詳細は闇の中ですものね。

      新統合軍が一枚岩でないことは描かれてましたよね。地球の某国風に言えば、ライトは駐留軍(公安警察的な役割?)と特務諜報員(公安調査庁的な任務?)を上から与えられていたのでしょうか?
      アラドさん達に悟られずに特務活動をする為、パー〇ンのコピーロボ〇トを使って諜報活動に勤しんでいたというのはどうでしょう?「雪は歯にしみる」というハヤテへの書簡は、任務上生じる不条理から歯ぎしりや噛みしめ癖がついてしまい、結果生じる歯の知覚過敏と思っていましたが、サイボーグ0〇9の様に、歯にコピーロボ〇トを操るスイッチがついているせいかもしれませんね。

      白騎士漫画でキースと邂逅した時、ルンをつけていますよね。駐留軍としてフレイアを始めとするウィンダミア人と交流しているときは付けていません。いくら有能な諜報員でも、広大なウィンダミアの中で細胞片に単独で辿り着くのは、砂漠の中で砂金を探すようなハードルの高さを感じます。ダブルエージェントとして行動する時は、ルンをつけてウィンダミアの環境省遺跡保安庁(?)あたりに潜入していたのかもしれませんね。

      レディMに関しては衆目の一致する通り、解に至るピースが少なすぎますよね。Δのテーマの一つがワルキューレの様なユニットと考えると、またもや突飛な妄想が湧いてきます。レディMは一人の女性ではなく、未沙、ミンメイ、マオ、ミリア、美雲の意識をニューロネットでつないだマクロス世界の集合知という設定です。これならば、戦術音楽ユニットの発想や、多くのファンに唐突感を与えた最終回の設定も、レディMの正体の最終解を導く見事なピースを与えられていることになります。まあ、あくまで妄想ですが。

      レディMとライトさんの繋がりについても妄想しました。息子に送った珍品・奇品の数々が、レディMからの指令を伝える何らかのデバイスだったのでは?スパ〇大作戦の様に内容は自然に消滅してしまう作りになっていますが、何れレイナの手によってレストアされ、ライトさんの秘密が全て明かされるというのはどうでしょう?

      いずれにしても次元兵器の投下役は自ら買って出た可能性が高そうですよね。その時点では新統合軍から心は離反していたのではないでしょうか。細胞片を軍の上層部にではなく、レディMサイドに渡したのはそう考えたくなりますよね。それともレディMと新統合政府も裏ではつながっているという裏設定でしょうか。新曲のタイトルが「ワルキューレは裏切らない」なので、劇場版Δの中で何らかの裏切り行為が描かれるのは確実と思われますので楽しみです。

      判断材料不足から妄想だらけになってしまいましたが、チームカイジの様に「沼」を一緒に攻略したいものですね。

      個人的にはハヤテママンとライトの物語にもすごく興味あります。

      • 陰謀論も好きなので、こういう恋愛パートじゃない部分も気になります。ヴァールシンドロームにも関わりありますし。
        秘密を暴いてくれるよう、サイバー名探偵レイナ姐さんに期待しましょう。

        レディーMが複数キャラの集合知という存在となった場合は、混ざり合って結果的にどの既存キャラとも異なる別の人格になるのでしょうか。あるいは各人格が代わる代わる表層意識に現れる感じでしょうか。
        それらの人格をヴァールさんがいいように操っているのでしょうか。(しぶとく居座るカタツムリ説。。。)
        ライトさんもカタツムリブラザーズ疑惑が払拭できていませんし。

        ハヤテが軍人嫌いだったのは、ライトの殉職とその後の軍人仲間の冷たい仕打ちが原因ですかね。
        不在がちの父の死は喪失感が実感を伴うものだったかどうかは量りかねますが、カーライル事件のせいでライトを白眼視する軍人たちに、そんな事情を知らない少年ハヤテが彼らに怒りを覚えるのは至極当然な感情でしょうし。
        ハヤテママンは夫に先立たれ(しかも最期を看取ることが出来なかったどころか、遺体すら帰ってこなかった)、忘れ形見の一人息子は早々に手元から飛び去ってるわけですが、どんな心情で息子を送り出したんでしょうね。
        ハヤテ自身は自由気ままに銀河を放浪していただけかもしれませんが、裏に何か事情があったりして…という思いもなきにしもあらずです。軍から監視されていた等々。
        ハヤテ、ママンを一人ぼっちにしちゃって良かったのかなぁ…。

        • カタツムリ説恐るべし!
          我々が自意識と感じている物も、実は人類の集合知であったり、フォールド細菌さんのご意志なのかもしれません。こう書いているのも操られていたりするのかもしれません。これ以上語ると統○失調の烙印を押されますが。。。

          新統合軍の中ではロバート・キノさんのような考え方が主流で、アラド隊長の様な考えを持つ少数派は、居心地が悪く軍から民間に脱藩してしまうのかもしれませんね。ただハヤテはキノさんの言葉に対する反応から、軍人との接触はあまりなかったのかもしれません。殿ご指摘のように殉職したはずの父に対する軍の仕打ちは、10歳のハヤテにとって納得いくものでは無かったのでしょうし。

          ハヤテママンの時代の医師の仕事内容、社会的地位、経済状況は今とは大分違うのかもしれません。診断や治療のAI化が進み、現在の臨床工学士に近い職務が主体になっているかもしれません。新技術の開発に当たる研究者は高い地位を維持しているかもしれませんが、現在の臨床医の地位は低下し必然的に経済状況も悪化しているかもしれません。ハヤテのように自由な放浪を許容するのは、そんな時代背景の写し鏡なのでは?或いはハヤテママンの個人的な子育て方針なのでしょうか?ライトは直接的な子育てにはあまり関与してなさそうですし。

          軍がハヤテを監視していたとすると、勤め先に外圧をかけ放浪を余儀なくさせていた、なんて筋書きもありでしょうか?アラド隊長に発掘されなければ、磨かれない原石のまま無為な人生になっていたかもしれませんね。それこそが、謀叛を起こしたライトに対する最低な軍の意趣返しかもしれません。
          そうであれば、ママンも監視生活を余儀なくされているかもしれませんね。

          もう少しママンのピースも出して欲しいものです。

          • キノさんはライトへの嫌悪を抱えていても、それをハヤテにぶつけることはせず、ハヤテが父の負債に苦しんだり巻き込まれることがないよう気遣ったりできる大人でしたね。
            戦友の多くを奪われたやるせなさから、軍上層部の作ったシナリオを信じてライトを憎んでしまうのも無理からぬことでしょう。もしも上層部の発表に腑に落ちないものを感じても、アラド隊長みたいに信じ続けるのはとても難しい。7年経って、気持ちに折り合いをつけてからの邂逅だったのは、ハヤテにとってもキノさんにとっても幸いでしたね。

            お師さんの言うように、ハヤテ自身がライトさんの元同僚と接する機会は今までなかったと思います。ママンがずっと盾になり、ハヤテが傷つくことがないように守り続けていたのでしょう。ハヤテ自身の鈍感力もさることながら、あの屈託のなさはママンがハヤテが決して卑屈にならないように心を砕いてきた賜物なのでしょう。

            軍上層部もインメルマン親子が軍に復讐の刃を向けたり、ライトさんから重大機密を託されてる可能性を捨てきれないですよね。未解決事件の限りなく黒に近い重要参考人を刑事が張り込みするように、監視はつくのは自然な流れのようにも思われます。ママンが気丈に振る舞っていても、いくらハヤテが鈍感であっても日常でそんな息苦しさを感じとっていたのかな。年齢的にも反抗期を迎えて、親元を飛び出したくなったのかもしれませんね。

            ハヤテのΔ小隊入りこそ軍にとっては見過ごせない出来事だったと思いますが、あのレディMのお膝元では手の打ちようがなかったかも。楽しく飛びたいだけの初期ハヤテにはΔ小隊の任務は責任が重すぎるように思ってたんですけど、空を飛ぶにはケイオス以外に引き取り手はなかったのかもなぁ。ちゃんとΔ小隊の一員にふさわしい覚悟をもった芯のある男になってくれて良かったです。
            後日、ワルキューレライブを観に来たママンが楽しくインメルマンダンスするハヤテを見て、「あの人にホントよく似てる…」って涙ぐむ姿が見られるかもですね。

            • キノさんは出番は短いですが、物語的にも転機を与える重要な役回りですよね。カーライルで殉職した仲間が多い軍人ほど、ライトに対する陰性感情は強いのでしょう。しかし皮肉にも息子に助けられたことで感情に変化が現れ、後にボイスレコーダーの真実を受け入れて欲しいものです。

              ハヤテは一話でフレイアと出会い、ルンを目の前にしながらウィンダミア人と気付きませんよね。フレイアの「ウィンダミア魂を見せちゃるかんねー」を聞いて初めて「こいつウィンダミア人」と呟きます。ハヤテはルンを見たことも、聞いたことも無かったのでしょうね。殿のご指摘通り、ママンが10歳のハヤテには真相を伝えていないのでしょうね。そうすると、先のハヤテの「こいつウィンダミア人」という台詞には、どこまでの意味が込められているのでしょう?その後のフレイアへの接し方を見ても、ウィンダミアに対する先入観は感じられないのですが。

              ハヤテが自分探しの放浪に出るのを見送るママンは、可愛い子には旅させよを地でいきましたね。天職を見付けたハヤテに遺品を渡せて、さぞや安堵されたことでしょう。まだお若いことでしょうし、ママンにも幸せをつかんで欲しいものです。

              新統合軍はハヤテのΔ小隊入りを看過できないでしょうが、空中騎士団相手に戦死するだろうと傍観したのかもしれません。アラド隊長の意向を斟酌したメッサー君は、ハヤテの命を護るために、あのような態度で接し続けたのかもしれませんね。ハヤテとミラージュさんを共に成長させるアラド隊長の計らいも流石です。

              成長した息子の姿に最愛の人の姿が重なり涙ぐむママン。その心の襞にフレイアのGod bless youが優しく届いて欲しいものです。

              • ハヤテはウィンダミアへの予備知識は限りなく0に近いレベルだったんじゃないですかね。

                球状星団の民たちは、ラグナ人は魚類から、ヴォルドールは猫からとか、各人類種のおおまかな特長くらいは一般常識として知っていそうですよね。人類種のるつぼな星団ですから、初等教育の社会とかで習っててもおかしくないかなーと思います。
                ウィンダミア人に関しては、(ルンの詳細までは習わないとしても)ルンという触角のような感覚器官があること、優れた身体能力があること、短命であることくらいは、久しく交流が絶えているとはいえ同じ星団内の兄弟種として把握してる人の方が多いのではないでしょうか。いやむしろ独立戦争なんて大きな事件を起こしてる人類種ですから、絶縁状態になってからもその特長はカーライル事件の悪印象とセットになって、人々の間で浸透していそうです。若い子たちはともかく、大人達にとってはほんの7年前の出来事で、連日ニュースで大騒ぎした国際情勢ですよね、リアル世界での9.11の様な。

                ハヤテが知らなかったのは、ズバリまともに授業を受けてなかったからなのかな〜と思います。
                ジクフリを操縦する上で必要な座学すらサボってたハヤテですから、親元にいた頃も学校もサボってばかりだったのではないでしょうか。じっと座ってお勉強するハヤテの姿は想像しづらいです。
                とはいえその基礎知識がなく、まっさらだったおかげで偏見を持たずにフレイア自身と向き合い、ハヤテ自身も成長出来たので結果オーライですね。

                ハヤテの長所の一つが雑音に囚われずに本質だけを見ようとすることですよね。(メッサー君に対しては、本質を見抜くことが残念ながら出来なかったようですが)
                フレイアの生き方に影響を受けただけでなく、カシムさんとの出会いもハヤテにとって大きな財産になりましたよね。ボーグ君や双子のような過激派と先に遭遇していたら、相互理解のチャンスどころかさっさと殺されていたか、和解の可能性が完膚なきまで険悪化していたかも。カシムさんは空白騎士団であると同時にウィンダミアの一般人の代弁者でもありますよね。穏和で理性的な人柄も、ウィンダミア人の窓口としてとても理想的な人材です。そんなカシムさんと語らう機会があったからこそ、ウィンダミアのことも曇りなき眼で見つめることが出来た。そんな気がします。

                そんなハヤテに今思うことは、とりあえず戦局が落ち着いたら、アラド隊長にお礼を言うべき!プンスコ
                ライトパパを信じていてくれたこと、自分を拾ってくれたことへの感謝を伝えるべきだ〜!とヤキモキしちゃってます。
                アラド隊長がハヤテをスカウトしたのって、操縦センスやレセプター数値に着目しただけじゃなくて、ライト隊長への恩返し的な心情もあったと思うんですよね。尊敬する今は亡き隊長の忘れ形見がフラフラしていたら、ほっとけなくもなりますよね。機密の都合、話せないことが多すぎて、でも話したいこともいっぱいあって、適切な距離を保つのにアラド隊長苦心していただろうなぁ。

                • ハヤテノ授業ボイコット説はしっくりきますね。アーネスト艦長の武道の授業さえサボってしまうハヤテ君。歴史、地理、政治経済などの人文系の科目は特に苦手そうです。敬語も苦手ですよね。

                  ヴォルドールでのトラック移動中に次元兵器の話題になった際、ミラージュさんがキッパリと「いいえ、ウィンダミアが新統合軍に対して使用したの。数百万人の自国民を巻き込んで」と述べるのに対し、フレイアが「でも村長さんは」と言い返そうとして美雲さんにたしなめられるシーン(因みにこの美雲さんのセリフがテレビ版と漫画版で変更されています)がありましたよね。この時のハヤテはへ―そうなんだという表情で、次元兵器のことは何も知らない様にみえます。

                  常識(為政者が操作した情報)が欠如する分、本質を見抜く能力に長けたハヤテでも、メッサー君の本質を見抜くにはまだまだ修行不足の感は否めませんね。本質を見抜く能力という点では、兼好法師殿の洞察力を常々尊敬しております。

                  宇宙人類学?の授業に出ていれば、ルンにあのように気安く触ってアナフィラキシー(過去の妄想参照)を起こすこともなかったかもしれません。勉強嫌いなハヤテは地球年齢で言えば、義務教育終了後すぐに放浪を始めた設定でしょうか。

                  カーライルの黒い嵐がどの程度銀河ネットで取り上げられたかの妄想です。
                  駐留軍に対しては、徹底的な緘口令と機密漏えいの可能性のある危険分子の粛清の為、残存駐留軍をいったん全軍撤退させる必要があったのではないでしょうか。必要なら軍人に対し記憶の書き換えを行った可能性も大です。
                  真相を解明させないため、お抱えメディアは同時期のウロボロスのニュースや、シェリル、ランカのニュースを垂れ流し、耳目を反らして時間を稼いだはずです。都合のいい筋書きができたところで、一気にメディアを使いウィンダミアの罪業として騒ぎ立てる。地球人なら当然そうする気がします。
                  そもそも当時のウィンダミアに次元兵器を作る能力はあったのでしょうか。当然あったことにされているでしょうが真実は闇の中です?

                  ヴォルドールの長もロイドとの会談で、新統合軍の作ったシナリオ通りの見解を述べています。皆が洗脳されている中、ウィンダミア人のフレイアを参入させたケイオスとワルキューレの懐の深さは特筆ものです。色々考察の種は尽きませんが、長くなるので最後に一つだけ。テロ支援国家出身者も、ハッカ―も、クローンも受け入れてしまうワルキューレの存在は、違法性阻却説に基づいて強力な指揮権(レディM)のもとに作られているのでしょうね。

                  • ハヤテは“考えるな、感じろ”を地でいくキャラですね。

                    頭でっかちに知識だけ詰め込んでも実生活に活かせるかどうかは別問題だからなぁと思いつつ、でもやっぱりハヤテはもう少し基礎を大事にした方がいいぞーと謎の教師目線で見てしまう今日この頃です。

                    学校の掃除の時間とか委員会とかの雑用からも器用に逃れていそう。そこそこ問題児なんだけど、なんだかんだ先生達に愛されてる、そういうとっても羨ましいタイプですよね。

                    メッサー君は逆に先生達からも頼られるタイプですよね。先生と生徒のパイプ役をしてくれるような。教師の言うことには反発する生徒でもメッサー君に言われた場合は素直に従いそう。同級生からは一目置かれる存在のような気がします。欲目ですかね。ヴァール化さえなければ、メッサー君は早々にハヤテも掌で転がしてたかも。。。

                    お師さんにいっぱい誉めてもらえて、木に登ったまま降りてこようとしない豚さんモードになっちゃってますが、実生活ではてんで勘が働きません。頭の回転がのろいので、臨機応変に対応できなくてフリーズしたりおろおろしたり。ほんとハヤテの器用さが羨ましいです。

                    それにしてもワルキューレは経歴がヤバい人ばかりですね。
                    テロ支援国家からの密航者、生体兵器(?)のクローン、前科持ち(司法取引でおとがめなしになってるけど)のハッカー、紛争地帯出身の元アイドル。もしかするとマキナ姐さんも何かヤバい経歴があったりして…?

                    • 名言ですよね。同じ様な台詞で有名でも、ブルース・リーさんとヨーダ師匠は寿命に雲泥の差があります。それが出演作品のシリーズ製作年数の長さに見事に反映しているところも興味深いですね。
                      燃えよドラゴンのお陰で、ヌンチャクを新聞紙で作り、あちゃーと叫ぶのが流行しましたね。ドラゴンの発声法がケンシロウに受け継がれたのかもしれませんね。

                      殿の中学校の話から進撃!巨人中学校のエルヴィン・スミス隊長とアラド隊長に共通点がないか考えていたら夜が更けてしまいました。メッサー君の眼はリヴァイにちょっと似てませんか。2人は綺麗好き繋がりでもあります。

                      実生活はさておき、殿とのやりとりが私には日々の心の糧となっておりますよ。連れからは楽しそうで良いわねと生暖かく。。。
                      ハヤテの性格は好きですが、ケイオス以外ではハブられませんかね?

                      マキナ姐さんのご実家は表向きは代々修理工場(公式)ですが、裏では次元兵器や反応弾の重要なパーツを作る下請け工場だったりしませんかね?その秘密保持のためナイスボディーな隠密を軍から代々下賜されていて、姐さんのようなキャワワが産まれてくるとか(またまた妄想入りました)。

                      ワルキューレメンバーは個性派(それぞれ天然過ぎ)なだけでなく、重い物を背負った人揃いで、フォールドレセプター因子が高くてもクレアさんの様な良識派は、おいてけぼり感から居たたまれなくなってしまうのでしょうね。リディ・ル・グローンさんの生い立ちも気になってきました。

                      媚薬話の蒸し返しです。ザオ君は彼女も複数いるが、決まった相手はいないとの公式設定ですね。媚薬の使いすぎで、3つの羽から保護責任者遺棄罪に問われない様に、ツノゼミ型マイクロドローンで常に監視されていそうです。

                    • ハヤテの初期状態なんて絶対同僚からムカつかれてるだろ!と思うほどの問題児ですよね。
                      ハヤテがサボった分の穴埋めを押しつけられる同僚が気の毒で仕方ありません。天職ではなかったとはいえ、仕事への責任感が皆無で自己中心的すぎて顰蹙買わないはずがないですよね。
                      なのに一話を見る限り、迷惑を被ってるはずの現場主任も同僚もさほど腹を立ててない(同僚の方はサボり仲間の可能性もありますが)。
                      これは相当なやり手ですよ。生粋の人たらしなのかも。いざハヤテと面すると「なんか憎めない奴」として怒りや不満を持ち続けていられなくなっちゃうんでしょうかね。つくづく羨ましい。
                      「しょうがない、俺らがカバーしてやるか」みたいな気にさせられて、なあなあで済ませてしまうことが多くなって、メッサー君みたいに正論でしっかりハヤテの非を責めてくれる人はあまり居なかったのかもしれませんね。だからカチンときて反発してしまったのかな。
                      天職に巡り会えたとはいえ、あのハヤテが仕事に責任を持つようになったのはとっても感慨深いですね。ママンはホッとしたことでしょう。
                      面倒事を他人が処理してくれることが多かったり、元々器用だったりで、ハヤテが自身を追い込むことって少ないんじゃないかなと思います。常に体力・気力を温存していそう。
                      そんなハヤテが、守られてばかりでなく、自身も周りの命も背負う覚悟を持つには、メッサー君の真正面からの苦言は必要不可欠だったのかな。メッサー君的にはハヤテの成長をのんびり待つ時間は残されてなかったでしょうから、自由人なハヤテの飛び方を好ましく思いつつも、ふわふわした泡のような甘い認識に苛立ちを隠せなかったと思います。子どもが親の背中から色んな事を学ぶように、メッサー君の生き様からハヤテは楽しさを追求するだけでなく義務や責任を全うする大人の在り方を学んだのでしょうか。

                      お師さんの妄想中島家は、代々ナイスバディで美人な奥方をもらってるなんて、整備士の羨望の的ですね。マキナ姐さんが姐さんたる由来もそこにありそうですねー。
                      マキナ姐さんを射止めることはできずとも、親戚の巨乳美少女とお近づきになれるやも…?そんな打算を胸に、中島家に出入りする整備士達。将来有望な技術者は婚姻を結んで一族に迎え入れてもらい、ゆくゆくは一大シンジケート、中島ファミリーへ。
                      なんちゃって。

                      ザオ君、なかなかやりますね。
                      媚薬でみんな仲良くハーレムしてるんでしょうか。けしからん。w
                      婚約もまだなのは、誰を正妻にするか決めかねてるからなのかな。
                      まさかピカソみたいに女の醜い争いを高見の見物して楽しんでるわけじゃないですよね。そんな悪趣味を持っていたら、女性の味方のマキナ姐さんレイナ姐さんあたりから激烈恐怖の特別なファンサービスをしてもらえそうですが。
                      とりあえず媚薬の使い過ぎで、それ無しでは楽しめない体質になってしまわないよう、ツノゼミ型マイクロドローンで厳重に管理してさしあげましょうかね。ザオ君はまあまあな額で謝意を表すといいかもですね。ニヤリ

                    • 初期状態の問題児ハヤテのやり手・人たらし説に納得です。

                      能力は高いのに人並みに働かないわけですから、何時でもやればできると高を括っていたのでしょうね?父性との接触が少なく育った影響もありでしょうか?自然児ハイジにロッテンマイヤーさんが必要だったように、ハヤテにとってメッサー君は最高のメンターでしたね。
                      面倒事の対処ですが、ママンがイネイブリングしていたとは考え辛いので、元々ハヤテは器用だったのでしょうね(ご両親の遺伝子に感謝です)。いずれにしても歴代の中でも、マクロスファンが共感し辛い主人公なのでしょうかね。主人公として観ないで(ハヤテ君ごめんなさい)、フリーターの内面的成長の物語としてみると、周りをこんな大人達に囲まれたら人は成長するのだなと納得させられます。

                      Δはワルキューレと空中騎士団の物語だけでも十分堪能できます。ミラージュさんも好きですし、十分描かれていると思います。

                      マキナ姉さん繋がりで整備士さんと言えば、私の知る美人CAチャマは整備士さんが射止めましたからね。侮れませんよ!彼らは今日もオペコ3人娘とチャックを差し置いて合コンしてるやもしれません。ザオ君の媚薬が仕込まれていないことを祈ります。

                    • イネイブリングをしただろうと思われるのは、ママンよりも学校の先生や祖父母、ご近所さんや同級生女子の可能性が高そうですね。爽やかさ、朗らかさ、まっすぐさなど愛され要素いっぱいの少年が大好きな父親が長期出張に出たまま帰らぬ人となったら、不憫で不憫で多少の問題行動には目をつぶってしまったりしそう。
                      先生方がこのままじゃいけないと接し方を改めようとしても、同級生の女の子達がなんだかんだで甘やかしてくれそうです。
                      そんなこんなでやりたくないことは意地でもやらない系男子に成長しちゃったんでしょうかね。

                      でもワルキューレやΔ小隊はそんな姿勢のままでいるのが恥ずかしくなってしまうような環境ですよね。
                      皆さん実に働き者でいらっしゃる。
                      戦場に身を置くというシビアな任務ですから、チームの連携を乱すような行動は極力慎まなくてはなりませんしね。
                      フレイアのデビューライブでハヤテはアドリブをぶっこんでますが、あれも画面外で相当怒られたかもですね。
                      始末書とか減給くらいじゃハヤテは懲りないでしょうが。

                      ハヤテがマクロスファンに共感されにくいのは…、マックスばりの天才の素質があるのに、それで解りやすく無双してくれなかったからなのかなぁと思います。
                      マックスお祖父様はゼントランとの戦いの際に軍入りしたので、もとから戦意があって敵を撃墜することに迷いなどないんですよね。特にあの戦争は地球人の全滅の危機でしたから。
                      ハヤテはΔ小隊入りしたのはあくまで飛びたかったからで、護衛任務なんてのはオマケ程度の認識だったろうと思います。
                      ミラージュとの模擬戦テストの際、メッサー君にしこたまペイント弾をくらった時の物言いからも真剣度というか認識度が次元が違いますしね。
                      同じ天才の資質持ちでもスタート地点で心構えが全く違うんですよね。
                      敵であろうとも殺したくない、というハヤテの思いは人としての美点ではあるんですが、いかんせん彼は要領が(いろんな意味で)良すぎて頑張り具合にそつがないんですよね。
                      がむしゃらになって空回りするという無様な姿を見せてくれない。
                      ミラージュのように自主錬する絵はなく、しっかり休養もとってリア充してますし。
                      けどメッサー君には総括の際にスルーされたり、3対1でも歯がたたなかったりで、戦局で無双出来てるわけでもないから不殺できるほどのレベルとは言い難い。けど不殺しようとしてる。
                      その辺りがもやもやする方もいるんじゃないでしょうか。
                      天才が凡人以上の努力をしてみせてこそ、不殺姿勢に説得力が生まれるのではないでしょうか。
                      小説版では自分が敵の注意を引きつけておけば味方の誰かが敵を撃墜してくれるからいいのだ、みたいな記述がありましたよね。
                      個人的にはその記述にものすごくモヤモヤしました。汚れ仕事は人にやらすのか…と。
                      メッサー君もミラージュもΔ小隊のメンバーは誰一人として撃墜数を誇ってヒャッハーする人達ではないでしょうに…とあの著者の文面が読後感が悪くて。もちろんそういう状況下であればミラージュ達は翼を狙って殺さず戦闘不能にするという前提での記述なのでしょうが。

                      ハヤテは言葉足らずでもありますよね。語彙が少なくて、その為に言葉選びで誤解を招きやすいのが難点。
                      「フレイアの歌を汚したくない」の言葉に逆上した視聴者がいっぱいいましたね。
                      歴代歌姫・パイロットに泥を塗ったとか、メサカナコンビをディスってるのかとか。
                      わたし自身もメッサー君の死のダメージで瀕死状態のときにあのセリフが来たので、どう解釈したらいいのか全く解らなくなって、ハヤテの顔を見るたびに何とも言えないモヤモヤを抱えていました。
                      そういう点で個人的には、歴代主人公に比べてハヤテは性格や心情が非常につかみにくい、難易度の高いキャラでした。
                      お師さんや他の方達の書き込みを読んだり、二次創作などを読んだりしていくうちに、見落としていたハヤテの長所に気付かせてもらえた感じです。
                      激情版でハヤテも汚名(?)返上できるといいですね。

                      他のキャラに比べて、ものすごく難易度が高いです。

                    • とはいえマクロスの歴代主人公も他の一般的なアニメのような主人公とはちょっとタイプが違いますよね。
                      バサラ以外は長所短所ひっくるめて、身近にいそうなリアルな感じがします。(バサラは唯一無二というか、あそこまで濃いキャラはなかなか一般社会にはいませんね)
                      無双しまくるキャラでもないですし、多分どの主人公も賛否両論なのではないでしょうか。
                      初代の輝にも手厳しい感想があるようですし、7は作品の評価ごと賛否両論ですし、Fもどちらのヒロインと結ばれたかで荒れたようですし。プラスのイサムと0のシンの印象は割と良好のようですが。
                      マクロスはシリーズ通して異文化の衝突・和解を描いているので、戦場で無双することよりも和解や相互理解への足がかりとなる方が主人公に求められる役割なのかもしれませんね。
                      ハヤテは敵であってもなるべく人を殺さないよう尽力しているので、ウィンダミアとの架け橋にはぴったりですよね。

                      脇キャラは少ない描写の中でもイメージがすんなり掴めたのにハヤテが難しく感じたのは、ボタンの掛け違いのように解釈を一つ間違えてしまっていたんだろうなと思います。
                      本質を見抜くのって難しいですね。
                      日常回や心情の掘り下げがもっとあれば途中で解釈の間違いに気づいて軌道修正できるんですけど、描写が断片的だと間違えたまま本来のハヤテ像が忘却の彼方にいってしまうリスクがあるんですよね。
                      多分その落とし穴にはまってしまった視聴者もいるんじゃないでしょうか。
                      もう1クールほどあれば、あの演出方法とハヤテの魅力と謎の全てがバランスよく表現出来たんじゃないかなぁと思います。

                    • マクロス全編の中での主人公の考察を興味深く読ませていただきました。夕刻送ったコメントが何故かリジェクトされてしまい、書き直しました。こちらは大丈夫だと良いのですが。

                      猫耳惑星の市場でくしゃみをした途端に、周りを猫耳おば様方にとり囲まれてしまうハヤテ。殿のご指摘通り、周りが世話を焼きすぎるのでしょうね。自分探しの放浪に出ることをママンが許した裏には、このままスポイルされてはいけないとの思いがあったのかもしれません。

                      持っている人、ハヤテ君は何をやらせても難なく熟(こな)す器用さを持つのでしょう。Δ小隊で洗礼を受けるまでは、尊敬に値する或いは目標になる上司や先輩に出会えず、若気の至り極まっていたことでしょう。閃きをすぐ行動に移す天才肌が、社会ではアドリブや規律違反として周囲の迷惑になるのでしょう。始末書だけでなく男子寮のトイレ掃除もさせちゃいましょう。

                      そんなハヤテが出会えたΔ小隊のメンバーが、私には鈴木みのりさんとワルキューレの関係に被ります。父親代わりのアラド隊長の包容力(フレイア鈴木さんにとってお母さんのようなカナメ安野さん)、何でも愚痴れるチャック(マキナ西田さん)、タイプが大きく異なりながらも切磋琢磨出来るミラージュさん(美雲JUNNAさん)、この世界での生き方、凄さを背中で見せてくれるメッサー君(レイナ東山さん)。人の成長に於ける周囲の人々の大切さを、二次元と三次元を交錯させて伝えているかのようです。
                      シンデレラの様に見える鈴木さんが小学生の頃から個人的に努力を続けてチャンスを掴んだように、ハヤテも描かれないところで猛烈にバトロイドの操縦に取り組んでいたのでしょう。ノーベル賞受賞後に小柴先生も言われましたが、幸運は良く準備している人のもとに訪れるという不文律を、アニメの主人公では敢えて描かずに、3次元のヒロインの足跡を通して伝えたかったのでは?などと好意的に妄想して観ていました。

                      繰り返しになりますが、ハヤテが長年のマクロスファンに共感されにくい理由は、殿の考察でにわかの私にも良く伝わりました。

                      「ワルキューレは裏切らない」のMVがコテコテの昭和テイストなので、劇場版では友情努力勝利や血と汗と涙みたいな、判りやすい描かれ方があるかもしれません。流行は20~30年周期で回帰するので、おじさん世代となった製作陣がやってくれるかもしれません。主人公ハヤテの陰の努力をうまく描いて、古参ファンの方は勿論ですがマクロスを観ていない一般の方の心も掴める作品に仕上がって欲しいものです。

                      蛇足ですが、「あの著者の文面の読後感が悪くて」に同感します。あくまでも相性の問題かもしれませんが、私も本編や他の媒体に比べ何故か小説版がしっくりしません。

  18. マクロスΔ 4巻(シリウスコミックス)2月9日劇場版の公開に合わせて発売決定しましたね。3巻は美雲さんのヴォルドールでのセリフ以外、ほぼテレビ版通りでしたが、4巻では新たなピースがほしいところです。

    • 表紙にメッサー君がでかでかと映っていて、びっくりしました。
      マンガ版はこれからAXIA回なんですね。
      モノローグだったりで心情などの掘り下げがされているなら読んでみたいですが、今までがほぼTV版通りとなると…う~む…。
      このマンガ家さんのメッサー君は、小説の挿絵では若干お顔がむくんでいるような気がしたのですが、マンガ版ではどうですか?
      実田さんのメッサー君みたいなシュッとしている系のお顔だったら、ストーリーそっちのけで目の保養に買ってしまいそうです。
      (デザインワークスはまさに表紙と板前メッサー君の為だけに買ったといっても過言ではありません)

      • マンガ版では小説版の浮腫は軽減していると思います。ただ、サイドの髪に使用しているスクリーントーンが違和感を醸し出しています。3巻の最後のシーンが、メッサー君が自室でヴァール化しているところなので、ご指摘の通り4巻はAXIA回間違いなしです。よい仕上がりになっていることを期待するばかりです。

        TV版と違いがあればご報告しますね。

        3巻では女性陣のイラストが露骨な目の保養狙いなので、4巻はメッサー君や、空中騎士団のカットに期待しましょう。

        劇場版で謎や伏線がどの程度回収されますかね。テレビ版の様に噛めば噛むほど味わい深く、考察し甲斐のある作品であって欲しいです。

        • ありがとうございます。メッサー君のサービスショットのご報告、正座で全力待機してますね!

          個人的にはマスタング家の子ども達にもみくちゃにされるメッサー君とか、ライダースジャケット以外の私服姿とか、親メッサー派に囲まれてはにかむようなメッサー君が至高なんですが、そんなお宝映像満載のメッサー君ファン垂涎の写真集が出たら、ボーグ君もビックリの課金兵になっちゃいます。(アラドさんとレイナ姐さんの商才を見るに相当ぼったくられるに違いない!それも本望!グッズで出ないかな〜。)

          • 劇場版でのメッサー君の人気を見たら、一番クジさんも黙っていないのでは?A賞もラストワン賞もメッサー君でお願いしたいですね。等身大シーツでも付けられた日には、鑑賞用と実用で2箱買い必至ですね。

            youtubeで【MAD】AXIA~ダイスキでダイキライ~【カナメxメッサー】にハマっています。編集して頂いた方は神ですね。

            • 等身大シーツ…w
              寝相の悪いわたしに毎夜押し潰されるメッサー君を妄想するのも一興ですね。
              地元のプロバスケチームのゲームを観に行くと、選手の等身大パネルが体育館のロビーやお土産コーナーに飾られてるんですが、メッサー君と身長が近い選手を見上げてこんなにでっかいんだなぁ〜としみじみしちゃいます。そして身長が近いというだけで、その選手を応援しちゃうくらい、短絡的ミーハー思考なわたしです。

              • ミーハーな私も綾〇レイの等身大抱き枕を持っていますが、ビニールに入れたまま押入れの上の棚に祀り上げております。

                メッサー君191cmもあって、桜木君や流川君より高いんですよね。メッサー君のダンクシュート炸裂するところ見てみたいです。ハヤテはポイントガード、チャックはパワーフォワード、ミラージュさんはシューティングガードで、センターにアーネスト艦長でいかがでしょうか。

                • いいですねー、見たいです。迫力満点のダンクや仙道君のような華麗なパスさばき、監督の信頼あついオールラウンダーですね。…想像するとニヤニヤが止まりません。
                  アーネストさんは丸ゴリ兄弟もビックリのマルチなセンターになりそうですね。あの巨体でものすごくスピーディーかつパワフルなプレイを見せてくれそうです。ミラージュさんはディフェンスに定評のある池上君や一ノ倉君のような縁の下の力持ちでいてくれそう。オフェンスの時はペースダウンさせてじっくり攻めたいときのゲームメイクを任せたり。
                  ハヤテは宮城君ばりのドリブルでインメルマンダンスしながらカットインしそうですね。キースと1on1で底力の差を見せつけられて、ゲーム後に「俺を倒すなら死ぬ気で練習してこい」って発破かけられたりして。
                  アラドさんは控えメンバー?それとも監督でしょうか。

                  • 殿の文章からは何時もながら、シーンがまざまざと目に浮かびます。宮城君には憧れの彩子さんとハヤフレさせてあげたいですね。

                    アラド隊長は難しいですよね。有能な部下に恵まれたというところで、こじつけの堂本五郎監督で如何でしょうか。ロイド殿下は花形君で決まりすかね。キースは流川君も良いですが、沢北君も棄てがたい。原作で見れなかった仙道君と沢北君のone on oneが、結果はともあれAXIA回の一騎討ちに重なります。ボーグ君は信長君で決まり、鬱陶しいけど実力持った愛されキャラ。

                    オペ子ちゃんには、流川応援団でチアして貰いましょう。3人の腿挙げ萌えます。

  19. またまた私ごとで恐縮です。

    みのりんごさんがCD発売日に秋葉のゲーマーズに来られているとTwitterで見たのが発信40分後。タクって急行するも、店頭にお姿はありませんでした。CDの販売を手伝われていた店頭には、もはやお客さんの姿もありませんでした。店員さんに聞くと10分か15分前に帰られたとのこと。そこから、CD購入でサイン色紙の当たるガラガラを引き続けるも、出るのははずれの白玉ばかり。雪の影響でCDが届いておらず、財布の中は引き換え用のレシートでパンパンになる始末。

    何度もやめようか迷いながらも、目の前に飾られた色紙に目がくらみ、イタ飯やさんで呑んだワインも効いてやめ時の判断力は低下の一途。帰りのタクシー代金だけに気を付けながら引き続けるも出るのは安定の白玉ばかり。

    店員さんの同情の目にさらされながら、手持ちが千円札だけになりかけた時でした。

    店の中から談笑しながら出てきた数人が、お仕事終わりの挨拶をしているではないですか。まさかと思いながらも目の前にある笑顔は紛れもなくあの人でした。

    閉店直前までソロデビューCDが売れ続けているの図を計らずもお見せできて良かったです。頑張って下さい位しか言えませんでしたが、終始笑顔が最高でした。CD沢山買った賞品としては特等賞でした。その後もガラガラを回し続け、ポスターを頂いて帰りました。

    次はお台場に仕事切り上げて参戦したいです。

    • おお〜、すごいです、流石です!
      サイン以上に凄くないですか?!まさかご本人にお会い出来るなんて!
      まさに引き寄せの法則ですかね。お師さんの熱意がニューロネットを通じて、みのりんごさんやスタッフさんに伝わり、閉店間近までその場に釘付けにしたのでは?
      みのりんごさんもお師さんのように一生懸命に応援してくれる方とお会い出来て、忘れられない記念日になったことでしょうね。

      • 秋葉の近くに住んでいることに、もっとも感謝した1日でした。

        みのりんごさんブロゴコメの常連さんは流石で5人の方がお会いできたようです。行けなかった方は、ハイタッチ会の存在で救われている事でしょう。
        そのリリイベのお台場には1000人は集客するのではと思わせる、参加券付きCDの売れ行きのようで喜ばしい限りです。

        ハイタッチでみのりんごさんの手が腫れないかだけが気掛かりです。

        • オリコンデイリーチャート10位にランクインされましたね。おめでとうございます。

          • 幸先のいいスタートですね!
            お師さんの愛情たっぷりの投資も含まれてますものね。今頃はCDがたくさん届いてるころでしょうか。
            お師さん宅の今夜の夕食は、新曲を愛でながら、ネギたっぷりのラーメンですかね。

            • ネギマシマシラーメンを見抜かれるとは!
              壁にツノゼミ型マイクロドローンが張り付いていないか思わず探してしまいましたよ!

              • ふふ、ツノゼミ型マイクロドローンはなくとも、ニューロネットがありますからね〜。
                今のところは全人類強制進化にも身の丈に合わない長寿への憧れも持ってないつもりですが、もしかしたらわたしもカタツムリ化が始まってるのかも。。。

                • ニューロネットでしたか!そのうちこの掲示板を使わなくても通じ合えそうですね。

                  カタツムリならぬカワ(ツ)モリさんも、ワルキューレを引き連れて劇場版二日目の舞台あいさつ回り告知されましたね。チケット2000円で抽選制とはまたまた課金してしまいますね。

  20. ボーグの姉様の異母姉設定、公式にありましたね。以前触れた際に見逃しておりました。すいません。

  21. 猫耳惑星の市場でくしゃみをした途端に、周りを猫耳おば様方に取り囲まれてしまうハヤテ(ジャ〇ーズか韓〇スターかと思ってしまいます)。またかよという感じで特別な反応は見せませんね。殿ご指摘の通り、学校では周りが世話を焼き過ぎていたかもしれません。そんな対応に慣れてしまうと、一人になりたい、構わないで欲しいと思うものではないでしょうか。やりたい事探し、自分探しの放浪に出たいという気持ちもよくわかります。ママンも愛息がこのままスポイルされてはいけないと思って送り出したのではないでしょうか。

    持っている人、ハヤテ君は何をやらせてもすぐに熟(こな)してしまうのでしょうね(Δ小隊でもランドールでの初ステージで、同じ準備期間でもこけるフレイアとは異なり、5機による一糸乱れぬ編隊飛行を魅せますしね)。Δ小隊に入るまでは尊敬に値する先輩や上司に出会えず、若気の至り極まっていたことでしょう。アドリブ大好きハヤテ君には、閃いたらすぐ行動に移してしまう天才肌の人の宿命も感じます。周りの人は迷惑甚だしいことも多いでしょうし、始末書ではなく男子寮のトイレ掃除でもさせちゃってください。

    そんなハヤテが出会えたΔ小隊のメンバーが、私には鈴木みのりさんとワルキューレの関係に被って見えます。まるで父代わりの様なアラド隊長の包容力(フレイア鈴木さんにとってお母さんの様なカナメ安野さん)、年上だけど何でも愚痴れるチャック(同じくマキナ西田さん)、タイプは異なりながら切磋琢磨できる同僚ミラージュさん(同じく美雲JUNNAさん)、この世界のすごさを伝えてくれる先輩メッサー君(レイレイ東山さん)。
    人が成長する時には、本当に周りの人々は大切ですよね。

  22. 何故か送信しても反映されなくなりました。

    • 長文過ぎたのでしょうか?

      • わたしもはじかれたことあります。
        なるべく簡潔にと推敲してるつもりなんですが、いつも自覚してる以上の長文になってしまうんですよね。

        • そうでしたか。私だけかと思い、NGワードを踏んでいるのかと不安に思っておりました。
          長文になってしまう件は全く同感です。

  23. 気を取り直して3度目の正直となります様に短くまとめます。

    殿のハヤテが支持されない理由や、マクロス歴代主人公の考察は読みごたえあります。

    猫耳惑星で猫耳おば様に囲まれる描写からも、イネイブリングされてきたことが示唆されます。フレイアのデビューライブで一糸乱れぬ編隊飛行をみせる成長の早さ。99%の努力の部分が描かれない天才キャラが共感されにくい原因のひとつでしょうか?

    ハヤテとΔ小隊4人の関係と、リアルワルキューレでの鈴木さんとメンバー4人の関係に、韻を踏むような共通点を感じてしまいます。父母的存在の隊長と安野さん、何でも話せるチャックと西田さん、タイプは異なれど切磋琢磨して共に成長していくミラージュさんとJUNNAさん、そしてプロ意識を植え付けてくれるメンターであるメッサー君と東山さん。デビューに向けて個人の努力を続けてきた鈴木さんのプロフィールが公開され、その相似形であるハヤテの努力は敢えて描かずに視聴者の想像に委ねる。そんな風に妄想しています。

    Δは描かないことで描こうとした作品だと思っています。劇場版では、ディテールをしっかり描いて一般の人にも理解しやすい作品になると良いですね。

    • あえて描かないことで奥行きを出す作風ですよね。

      今までのマクロス作品を見ていた時は、ゆるーく視聴するだけで満足して、ノベライズやコミカライズまで手を出すことがなかったし、こんなに考察や妄想で頭がいっぱいになることもなかったので、Δ製作陣の戦略に見事に嵌まってしまった感があります。
      もっと掘り下げてよ〜と文句言いながらも、この作風の虜になってるみたい。
      なのでディテールを掘り下げてほしいと願いつつも、妄想する余地もたくさん残してほしい思いもあり、めっちゃ我が儘な心境ですね。

      個人的には、メッサー君亡き後、コクピット内でメッサー君の遺した端末を真剣に見てるカットや、ミラージュさんを積極的にサポートしようとしてフォーメーション等をあれこれ相談し合う姿が見たかったですね。
      そしたらメッサー君の遺志を継ぐ決意の深さもミラージュさんとの戦友の絆も垣間見れて、ハヤテにはリスペクトと親近感マシマシになってただろうなぁ。

      みのりんごさんも同期や先輩方に恵まれたことですし、これからも皆さんの愛情と指導でのびのび大きく育ってほしいですね。

      • 劇場版に期待する、掘り下げと妄想の余地のバランスに関しては全く同感です。殿の見たかったカットが大画面で描かれています様に。ハヤテは助演男優として描かれる方がファンが付きそうです。劇場版からテレビアニメ版に回帰したら印象がガラッと変わる展開に期待します。

        男子寮の部屋のパンチバッグとボルダリング用の壁は、新人の為の元々の据え付けでしょうか?ハンモックはハヤテの持ち込みでしょうし、メッサー君やチャックの部屋には据え付けでないので、ハヤテがカスタマイズした可能性あり?プライベートでも自己鍛錬するハヤテは想像し難いでしょうか?

        ハヤテの公式設定は、風のような少年、風来坊、超我流とあります。雲のジュ○ザを彷彿とさせる設定と言ったら誉めすぎでしょうか?乙女座9月21日生まれからも占ってみました。頭の回転が良い世渡り上手でズル賢い。自分の力を過信し、人との繋がりを重視しない。異性からはモテるが、恋愛より仕事や趣味に生きる人。結構当たってませんか?因みに某国の現職総理大臣と同じ日でもあります。

        漂流エンブレイシングでミラージュさんのバストが密着しても、騒ぐのは3次元の外野ばかりでしたね。無重力状態で服を脱ぎ捨てる設定すら理解しない人たちからは、性欲を抜かれた聖人説まで出ていました。真相に近いのは殿の考察にもある様に、イネイブラーと化した取り巻き女性から密着されることなど日常茶飯事だったのでしょうね。ネコアレルギーは○ッシーキャットアレルギーを象徴した設定とさえ思えてしまいます(R18妄想入りました)。

        仏空軍のピエールさんの姓に由来するリディ・ル・グローンさん。名前より30年前にアイランド・ジャックポットでラグナに入植した仏系移民と先住民のハイブリッドでしょうか?エラと思われる3本の線条襞をお持ちなので、ラグナ人の半魚人的遺伝形質は優性に伝播すると仮説が立てられます。すると、陸上生活で退化しないのは、未だに水中滞在が何らかの理由で必要なのかもしれません。チャックの部屋にはプール型ベッドがありますし、睡眠時など一定の時間を水中滞在しないと生体時計がリセットできないのかもしれまでん。
        その仮説にたつと、リディさんがワルキューレを早期離脱した理由は、レッスンがキツかったからではなく、遠征先の惑星の水が合わなかったからなのかもしれません。
        或いは初期のワルキューレを偵察させるために、イプシロン財団が潜入させたスパイ説はどうでしょうか?ラグナ人の血を混ぜるのは柳生の草や、土着するイリーガルの常套手段です。この場合は、レディMに看破され強制送還された可能性大です。クレアさんの様に横アリライブに飛び入りできないのも納得です。

        • 漂流回は真面目にお仕事頑張ってましたよね。
          あんなに目の前の任務に集中してると、バストが密着していることは意識の外に置かれて気付いていないんじゃないかなーと性欲皆無の聖人とまでは思わなかったので、あの評判は意外でした。w
          一般の10代男子ってたいへんなんですね。
          ハヤテはスキンシップに慣れてそうそうですよね。対するミラージュさんはもともと奥手なうえにラグナ撤退回のハヤテ救出時に抱きつかれて意識しまくりで、それどころじゃないと思いつつ、羞恥心や戸惑いを隠せないあたりが可愛いです。
          電源を無事に確保できた後でカメラにズームされてましたけど、ハヤテの股間が見える角度だったらどんな絵になっていたことでしょう。澄ました顔でぶらさがってるのに股間だけ直立してたら笑っちゃいますが。
          フレイアの王子様にそんな下ネタくっつけたら、多くのファンから怒られちゃうかな。。。

          ハヤテが自己鍛錬をするには楽しさも追求できないと三日坊主になりそうな気がします。(わたしも三日坊主なのであまりハヤテを責められる立場ではないのですが。。。)
          ボルダリングも楽しめそうですね。あとは作中でもやってましたがウミネコ師匠との攻防戦やマスタング家の子ども達と鬼ごっこしたり。はたから見たらただ遊んでるだけでにしか見えませんし、ハヤテ自身も遊んでる感覚なのでしょうが。

          リディさんのイプシロン財団の隠密説いいですねー、ワクワクします。
          一般家庭出身のおとなしそうな子と見せかけて実は優秀な工作員で、もしケイオスに居続けていたら、ハニートラップに引っかかるチャックの姿が拝めたかもしれませんね。

          • ハヤテは追い込まれないとやらないタイプですが仕事もできる男ですよね。追い込まれないとフォールドレセプターがアクティブにならなかったフレイアと共鳴する由縁でしょうか。

            ミラージュさんのバストは、あからさまに10代男子狙いで作品Δの品位を落としてませんかね。過去のマクロスではシェリルが生〇さらすように、既定路線なのかもしれませんが。
            ただ、ミラージュさんの心理描写としては、描きたかったシーンなのかもしれません。

            ハヤテが冴羽〇さんのように〇ッコリしてたら、フレイアが覚悟するんよ~と言って100tハンマーを振り上げそうです。

            ハヤテは遊んでいるようで、それが全ていい方に出るラッキーマン(byガモ〇ひろし)の様な人かもしれませんね。フレイアとの恋でさえ、一度だけの恋なら君の中で遊ぼうですもんね。遊ぶ存在としてはホモルーデンス(byホイジンガ―)の方がしっくりしますかね?

            リディさんのように普通はモブになりそうなキャラでも、妄想の種が仕込まれているところもΔの魅力です。

            • やればデキるくせにやらない省エネ男ですもんね。
              仙道君みたいに力を無意識に温存して、メッサー君の生前はせいぜい80%の力しか出してなかったんでしょうね。ハヤテにそんな自覚はなくその時その時の本気で臨んでいたとは思いますが。

              ハヤテにはメッサー君が死ぬ前からもっと頑張れたんじゃないの?!と恨めしく思う気持ちもありますが、それほどにメッサー君がいてくれることの安心感が大きかったってことなんですよね。
              初めて白騎士にマークされて、「振り切れねェェェ!」とぼやいていたハヤテの心境が気になるところです。メッサー君の苦言を本当に理解できるようになったのはあの戦闘からなんじゃないかなと思ったりもします。エースの責任の重さも。
              敵を殺さずに翼を狙う。そんな分不相応な理想を追求できていたのも、それを貫くことで起こりうる危険からメッサー君を始め、他の小隊仲間がハヤテやワルキューレを守り、フォローしてくれていたからだと。
              ワルキューレも市民も仲間も守る。
              そのメッサー君の遺志と責任を引き継いたはずのハヤテが、飛ばない発言や歌を汚さない発言をやらかした時は亜空間から膨大な感情が流れ込んできて震えがきました。あの発言はハインツ様の歌よりも一部の視聴者には効いたようです。
              たいていの事は器用にこなすのに国語力だけは不器用なんでしょう。授業サボりまくり(妄想)の弊害が出ましたね。
              ハヤテには規律違反と視聴者をヴァール化させた罰として男子寮のトイレ掃除と出前の配達ですね。サボらないようツノゼミ型マイクロドローンでしっかり監視付きです。

            • ミラージュさんの胸当ての件は他の恋愛掘り下げ描写に比べて露骨にセクシャルですもんね。まるきり意識してもらえないミラージュさんが気の毒ではあるんですが、あんなに奥手なお嬢さんですから、ハヤテがあの場でもっ○りしたり、セクシャルな目で見たりしても、キャパオーバーでさらに悲惨なことになってたかもしれないなぁ、と思います。スキンシップから異性であることを強烈に意識してしまうのは非常に現実的ですね。でもハヤフレの丁寧さに比べちゃうとやはり見劣りするというか、俗っぽいというか品性が…モゴモゴ。
              ラッキースケベはマキナ姐さんやチャック、ボーグ君あたりでした方が気楽に楽しみたいですね。

      • FEELING AROUNDの聴き過ぎと、ハイタッチ会で整理券が貰えるかを思うと早朝覚醒が続きます。3月3日迄イベントてんこ盛りですが、その反動の5月病で皆様がヴァール化しないよう、みのりんごさんには右肩上がりの女で居続けて欲しいと切望シークレット。

  24. 反映されなかった駄文が遅れてアップされたようです。同じ様な内容が3つ載ってしまいました。お見苦しくて申し訳ありません。

    • いえいえ、どの書き込みも楽しく読ませていただきました。

      お師さんも小説版が肌に合わなかったんですねー。
      メッサー君ロスでともするとモンペ化しそうな自分を落ち着かせたくて、自分の間違えた解釈を直せればもっと楽しめるはずと思って買ったのに、結局は本棚に封印しちゃってます。
      最近になってもう一度読んでみようとしたんですが、やっぱり途中で止めてしまいました。
      相性って大事ですよね。

      • 温かいお言葉ありがとうございます。
        月が替わったのでスカイツリーにコースターもらいに行ってきます。
        グッズに過去の歌姫やファイアーボンバーがあるのはいいのですが、メッサー君やミラージュさん、そしてキースがないのが本当に残念です。運営さんは人気を間違えていませんかね。

        • あとカシムさんグッズがあったら絶対買ってしまいそうです。

          • キースさんもいないんですか?意外ですね。
            カシムさんも一個くらいグッズ出してほしいですよね。
            ヘルマンさんの渋さも捨てがたいです。キラキラフレッシュなメンツばかりでなく、いぶし銀なメンツも需要ありますよね?わたしだけ?

            • スカイツリー限定グッズではありませんが、バンダイさんのメカコレクション買ってきました。Δ小隊からVF-31C(ミラージュさん機)、VF-31J(ハヤテ機)を。そして空中騎士団からSv-262Hs(キース機)、Sv-262Ba(カシムさん/へルマンさん機)です。当然メッサー君機は売り切れで、キース機も残り1機です。

              カシムさんもマスターへルマンさんもお姿のあるグッズはありませんでした。ザンネン

              天候不良のためスカイツリーはガラガラで、マクロスカフェの席も選び放題でした(前回は入場迄に30分待ち)。メサカナ席と、ハヤフレ美雲&レイナ席に座り独り写真撮影会。コースターを全種類集めるため、コラボメニューを1人で5種類一気に注文する猛者が他にもいてほっとしましたが、どれも甘いので食直後の腹痛はご愛敬でした。女性がボッチも含めて多い印象でした。

  25. 「あの…メッサー…ザックとエリザベス見かけなかった?」
    メッサーが帰宅するなりマリアンヌが泣きそうな顔で話掛けてきた。

    メッサーが裸喰娘々に下宿して一月ほど経つが、マスタング家の面々と会話することなどほとんどなかった。ただでさえ鋭い風貌と巨体に加え、全身から滲み出る「俺にかまうな」オーラを感じていたマリアンヌは、この取っ付きにくい同居人には極力関わらないようにしてきたのだ。しかし今回はそうも言ってられなかった。
    ザックを昼間思いきり叱りつけた時に、ザックが「こんな家出てってやる!」と飛び出したきり帰ってこないのだ。そのうち帰ってくると高をくくっていたけど、いくらなんでも遅すぎる。心配になって辺りを探してみたけれど見つからない。そうこうするうちにエリザベスまでいなくなった。

    頼りのチャックは当直でいない。店を臨時休業にしてハックと必死に探し回っていたのだ。
    事情を聞いたメッサーはマリアンヌに残るように言いつけ、二人を探しに出た。
    海辺やテラスの下、岩場の陰など、子どもが好んで隠れそうな場所を中心にハックと協力して探し回ったが二人は見つからなかった。
    「案外家の中に隠れてるんじゃないか?」
    メッサーの提案で一旦裸喰娘々に戻り、押入れや屋根裏など子どもが隠れんぼしそうな場所をしらみつぶしにしていく。子ども部屋やチャック達の私室も捜索してみるも見つからない。残るはメッサーの部屋くらいだ。
    しかしこのおっかない大男の部屋に勝手に入るツワモノなどいるのだろうか。半信半疑だが背に腹は変えられない。メッサーに続いて、マリアンヌとハックが恐る恐る入室した。クローゼットや机の下にはいない。私物の少ないメッサーの部屋に隠れられるような場所なんて…
    マリアンヌとハックはハッとしてベッドに照準を当てた。エロ本などの隠し場所に名高い場所だからマリアンヌは躊躇った、さすがにメッサーが怒るのでは、と。マリアンヌの目線から察したメッサーが動いた。
    ベッドの下を覗くとスースーと寝息が聞こえる。
    ホッと一息ついて二人に目配せすると、メッサーは布団やマットレスを外した。すると地球人用のベッドの下にラグナ人用のプールベッド(水は張ってない)があり、その中でザックとエリザベスが仲良く眠りこけていた。
    元はマスタング兄弟の両親の寝室だったこの部屋は、メッサーにあてがわれてからも、メッサー不在の日中に幼い弟妹が親を慕って入り浸っていたのだった。
    二人の暢気な寝顔にホッとするやら、目のやり場に困るようなお宝が出てこなくて気まずくならなくて良かったと安心するやら。けれどもザックとエリザベスに押し潰された幾つもの紙飛行機に気づいて、それを一つ拾いあげた。
    空や海を思わせる青いグラデーションの折り紙には先のヴァール発生の犠牲者の名がしたためられていた。
    「メッサー、もしかしてクラゲ送りの紙飛行機よね?ごめんなさい、こんなしわくちゃにしてしまって…」
    マリアンヌが申し訳なさそうにすると、メッサーは優しく微笑んだ。
    「折り紙はまた用意すればいい。それよりも二人が無事に見つかってよかった」
    そう言うやいなや、メッサーはザックとエリザベスを二人いっぺんに背負って、子ども部屋に寝かせにいった。
    思いの外、優しい笑顔に目を奪われたマリアンヌと、なんだ怖くないじゃんと見方を変えたハック。
    後日、兄弟3人で立派なクラゲ送り用のバルキリーを作り上げてメッサーを驚かし、マスタング家とメッサーで仲良くクラゲ送りをするようになりましたとさ。
    とっぴんぱらりのぷう。

  26. 涙腺が弛むではないですか!!

    昨日舞台挨拶落選でションボリしていましたが、メッサー君の優しさに触れて一気に元気になりました。
    何時もながら素晴らしい発想と、それを形に出来る流麗な文章力に感動します。アニメ化して魅せて欲しい珠玉のエピソードですね。

    神飛行機が千羽鶴の願に重なり、死神のエンブレルとの対比を際立たせます。麒麟の翼を思い出しました。
    追憶ジェリーフィッシュ回で、ザックが誇らしげに掲げるクラゲ送り用の死神機のシーン。その感動が10倍マシマシ(当社比)になりました。

    • ありがとうございます〜。
      朝、起きて早々にお師さんの感想を読ませていただいてから出勤したところ、同僚に「何かいいことあった?」と探りを入れられました。マスクしてたので表情なんて眉と目くらいしか出てないんですが、相当ニヤニヤしていたんだな、と。

      マスタング家の子ども達、マジ天使!
      彼らに囲まれて心の傷を癒すメッサー君が見たくて見たくて、でもpixivでもあまりお見かけしないので、とうとう自家発電しちゃいました。
      クラゲ送りもメッサー君は夜明けとか人目につかない時間帯で独りでひっそりと犠牲者の弔いをしてたんじゃないかなーなんて思いまして。
      大人組は気づいてもメッサー君を慮って、なかなか行動にうつせなそうですが、屈託のないあの子達ならそんな心の壁に穴を開けて、自由に出入りしてくれそう。
      蛇足ですが、ザックがマリアンヌに怒られた理由は、寝る前に水分の取りすぎ&トイレに行かなかった等でおねしょしたから、という脳内設定です。
      ラグナ人のプール式ベッドでおねしょしたら、なかなか阿鼻叫喚な朝を迎えそう…。w

      • メッサー君とマスタング家の子供たちの関わりが、天涯孤独の戦士のワークライフバランスを充実させていた!?

        メッサー君語録、『Δ2エンゲイジ(交戦状態)』からの派生妄想です。

        組織のメンタル不調者への対応から、ワークエンゲイジメントという概念があるそうです。熱意、没頭、活力の3要素からなり、『仕事に誇りややりがいを感じ熱心に取り組み、仕事から活力を得ていきいきしている状態』だそうです。正にメッサー君やリアルワルキューレのメンバーに当てはまりそうです。

        高めるための方法として
        1セルフエフィカシーを高める
        2有意味感を持つ
        3全体把握感を持つ
        4経験的処理可能感を持つ
        5セルフエスティームを高める
        6ワークライフバランスを充実させる
        だそうです。

        メッサー君は厳しい言葉も少なくありませんが、組織のワーク・エンゲイジメントを高める素晴らしいメンターである事に異論の余地は無いでしょう。

        そんな中、自身に一番不足分し勝ちなワークライフバランスを、マスタング家の子供たちとの関わりの中で取ろうとしていたのではないでしょうか?

      • プール式ベッドでのオネショなんて、胎便吸引症候群ならぬ遺尿結膜炎を起こしそうです。瞼が開かずに大騒ぎするザックの眼を、手早く消毒・点眼して何事もなかったかの様に立ち去る彼の後ろ姿が目に浮かびます。

        惨劇の死に損ないとして、自らを死神と卑下する孤独な戦士の一日の始まりは?
        チャックとハヤテが鼾をかいている払暁前に、戦友の名を記した神飛行機を海月の海に放つ日々だったのですね。端正に折られたその機体は、海面が漆黒から群青に変わるまでたゆとうのでしょうね。AXIAを聴きながら直立敬礼して見送る後ろ姿を、無言で岩陰から見守るマリアンヌの目は毎朝熱いもので満たされていることでしょう。

        • メッサー君の冷静沈着に適切な処置をする姿も、面倒見のいい子煩悩な感じもめっちゃ心臓に刺さります!

          ザックは色々とやらかしてくれそうな感じがします。ハヤテと一緒にゲーム(しかもバイオ○ザードみたいな怖いやつ)して、怖くて寝つけない&夜のトイレにびびって、メッサー君の布団に潜り込んだりして。朝起きたら、メッサー君の布団に大きな水溜まりの跡が…。w
          ハヤテやチャックは大笑いしそうですが、メッサー君はどう対応するんだろうなぁ。
          以来子ども達の就寝前の世話をこまめにするようになったりしたら、あまりの微笑ましさにキュン死にしそうです。

          そんなギャップと夜明け前の独りクラゲ送りの後ろ姿を見たら、マリアンヌみたいに明子姉ちゃん化するのは必至ですよね!
          でもいかんせんメッサー君を落とすには、マクロスΔスクランブルのCMのカナメさんやマスタング家の子ども達のような無邪気な押せ押せ感がないと難しいんでしょうね。

          • 外伝でもスピンアウトでも何でもよいので、イーレフェルトJr.に向ける父親の厳しくも優しい眼差しをみたいものです。

            朝のお務めから戻ったメッサー君、ベッドに描かれたラグナ地図をみても冷静さを失わないのでしょうね。以後潜り込んでくるザックを抱えてプールベッドに寝かしつけるのが、夜のお勤めになっているのでしょうか?カナメさんの誘いを断る理由のひとつだったりしませんかね?
            ザックを抱えるメッサー君の後ろには、頬を紅潮させて見守るマリアンヌの姿が…

            護るために戦う男メッサー君、夜もシーツを守るための戦いがあったとは!

            • チャックやマリアンヌもいるのに、ハヤテだっているのに、大人達の中でメッサー君を選んだザックの選択基準が気になりますね。
              護るために戦う男メッサー君は、ザックの目には裸喰娘々の守護神のように見えているのでしょうか。
              ヴァールやゾンビからだけでなく、シーツも守る男メッサー君。家事を担うマリアンヌからの好感度は右肩上がりの天井知らずですね。

              • 育メンも家事も完璧なメッサー君!料理もモコミチ君レベルで、今日も裸喰娘々のバックヤードで新メニュー作りに貢献中(ワルキューレとミラージュさんのダメっぷりは小劇場に描かれている通り)だったりしませんかね。一話で新メニューをレイナにばらすチャックに、「任務中だぞ」と言うメッサー君。鉄壁な時間管理で副業も3人分くらいしていそうです。酔客が起こすトラブルもメッサー君が出張れば一瞬で解決しそうです。

                ザック目線では兄姉は煩く、ハヤテは同レベルの遊び相手に見えていやしませんかね?

                メッサー君のような素敵男子を身近に知ってしまい、マリアンヌさんはある意味不幸女子ですよね。よいお客さんからプロポーズされます様に。

                • メッサー君には弱点がないのでしょうか。
                  無愛想な強面だとか、ストイックすぎるきらいはありますが、完璧超人に見えます。
                  あの南斗水○拳のレイですらマ○ヤさんを半裸にしたり入浴を覗いたりとセクハラしてたのに、メッサー君はそういう落ち度すらありません。
                  有能で仲間思いで義理堅く、上司受けもいいうえに子どもにも慕われるなんて死角なさすぎです。ヴァール罹患者であることが唯一最大の欠点でしょうか。
                  あ、でも几帳面で自身に厳しい彼のスタンスは、人によっては気詰まりして疲れてしまうかもしれませんね。恋人にしたいランキングや結婚したいランキングをケイオスの女性陣にしたら、なんだかんだアラド隊長やハヤテの方が良いのかもしれませんね。取っつきやすさって大事ですし。
                  メッサー君ファンな女性のほとんどがマリアンヌ化しそうです。
                  けどヴァールの業を背負う前のアルブヘイム時代のメッサー君ならあるいは…ハヤテ並みのリア充だった可能性もあるのでしょうか。

                  あんな高スペック男子が側にいたら、他の一般男子が見劣りしてしまいそうですよね。マリアンヌが相思相愛の甘々な恋愛を享受できる日がくるのか、若干心配ですね。メッサー君、罪な男です。

                  • ピザのデリバリーですら完璧にこなしてしまうメッサー君。弱点は見当たりませんが、しいて挙げれば。
                    専用再生機でAXIAばかり聴いているとしたら(生歌ではないのでヴァール化抑制効果は不十分)、FEELING AROUNDしか聴いていない私たち以上に一途過ぎるのでは?
                    夜の付き合いの悪さをケイオスの上司や同僚は認めていますが、実社会ではパワハラ上司や、足引っ張り同僚たちが黙っていなそうです。

                    女性からしたら付き合うまでは大変でしょうが、貞操観念も高そうなので幸せになれる可能性120%ですね。命の恩人として以上のカナメさんへの想いは覚らせずじまいでしたが、劇場版ではどう描かれるのでしょう。
                    ともあれ、メッサー君を射止めた女性が、マリアンヌ48(狼)化した鬼女たちに桐壺の更衣プレイをされないことを祈ります。メッサーJrが光〇氏になってしまいます。

                    • ケイオス職員は社内イベントに意欲的なうえに、個人のプライベートに必要以上に干渉しない絶妙なバランス感覚の持ち主ばかりですね。足の引っ張りあいもなく、人格者そろいですね。
                      それともハヤテの鈍感フィルターが作動して、大人の汚さに蓋がされてるのでしょうか。

                      メッサー君を射止める女性はたいへんですね。
                      女の嫉妬は怖いですもんね。カナメさんなら皆様納得して、悔しくも素直に祝福してくれそうですが、他の女性が射止めようものなら……ガクガクブルブル
                      桐壺の更衣プレイだけでなく、もしかしたら六条の御息所プレイまで…ガクガクブルブル
                      メッサー君本人は昨今流行りの不倫には縁遠そうですし、よく気がつく御仁なので、女の嫉妬からもうまいことフォローしてくれそうではありますが。

                      いやいや、天涯孤独のメッサー君の最愛の人を奪うような愚行まではしませんよね。女性陣の良識を疑うのはやめておきましょう。なんせ同じ親メッサー派の一員ですから。
                      大丈夫、彼女達にはきっとチャックが有望株との合コンを企画してくれることでしょう。

                    • メッサー君の追憶回の描写についてです。
                      ベッドに泣きすがる姉をじっと見つめるエリザベスの描写は解りやすいですよね。
                      対照的に、クラゲ送りでメッサー機を取り出すハックとザックは笑顔です。メッサー君に可愛がられていた筈の二人の立ち直りの早さはどうでしょうか?
                      両親を喪っている(恐らく)事で、心に免疫ができている?だとすれば、父を喪いながら深い落胆にくれたハヤテとはやはり対照的ですよね。
                      ヴァール化したら仲間に介錯させるため、敢えて同僚と距離を置いていたメッサー君。幼い兄弟には、本音で仲間のことも語っていました。きっと、いつ自分の身が果てようとも悲しませることの無いよう、人の身には限りはあれど魂は永遠でまた他生で必ず惹き会える事を、幼い3人に日頃から諭していたのではないでしょうか?だから両親を喪いながら、彼らは強く生きていられるのかと。

                      艦長が持参した20年ものに驚くチャックの後ろで、キラリと光るベス・マスカットさんのめがね、きっとボトルの半分は彼女の胃袋に流し込まれたことでしょう。彼女になら酔い潰されてみたいものです。そしたらミズキさんとニナさんに介抱して頂けるでしょうか?その前にレイナから冷や水の洗礼を浴びせられそうですが!

                      メサカナ成就フラグの場合、スルメ隊長は艦長と渋く杯を重ねるのでしょうか?ベスさんと飲む機会が増えたりしませんかね?

                      御息所はガクブルですが、嫉妬は恋愛のスパイス!マクロス世界の三角関係もこれなしでは視聴率がとれないことは、爽やかにこれを描いたΔが一部の酷評にさらされた事でも証明されました。女性間の水面下でのバトルは、バジュラ戦役よりも苛烈を極めることもあったり無かったり。。。

                    • 幼い兄弟が理解できる易しい言葉で、まるでお伽噺を聞かせるように温かな眼差しで語り聞かせていたんでしょうね。
                      チャックやマリアンヌがしっかり父母の役目をこなしてくれているからではありますが、メッサー君も兄弟が寂しくないように陰で細やかな配慮をしてますよね。
                      きっとメッサー君自身もマスタング家を第2の家族と思ってて、死後は両親ともどもマスタング家を見守っていきたいと思っていたんじゃないでしょうか。そんな思いを込めて語っていたから、ザックもハックも死別にも負けない強さを持てたのかもしれないですね。

                      ラグナ人の死後はクラゲになり、遺された人々がクラゲを食しているという死生観が結構好きです。
                      間接的なカリバニズムと言えなくもないですが、故人の長所や美点、優れた能力を遺された人々は受け継いでいく。故人もまた遺された人々の肉体の中で新たな生を受けることが出来る。命のリレーとも言える、食物連鎖の一部であることがとてもロマンチックに感じます。
                      クラゲになって海で波に揺られながら、哀しみや怨念を浄化して、温かな命の原点に戻っていくんだろうな。
                      日本人の古来の宗教観にも米の一粒一粒に神様が宿っている、とか祖霊となった先祖の魂が冬の間は山に、春になると桜に宿って里に降り、田植えの際に米に宿るという巡りの観念がありますよね。
                      そういう観念が根底にあると、死によって断絶されてしまう絶望に負けずにいられるのかもしれないですね。

                      ケイオス女性陣に酔い潰された場合、オペ子3人の優しい介抱に辿り着くまでに幾つかの関門を突破する必要がありますね。
                      マキレイにケバいフル化粧やアートメイクをされて記念撮影、次に油性ペンで額に「肉」やら頬にうずまきなどの落書きをされて記念撮影、その後レイナ姐さんの水鉄砲による目覚ましを経て、真打ちオペ子3人娘の登場ですね。
                      ちなみにこの間フレイアはマキレイの周りで「そんなことしたらいけん!」とオロオロ騒いでいることでしょう。ハヤテはちゃっかりブラッ○ジャックバージョンのアートメイクをマキレイと楽しんだりしそう。

  27. 鈴木みのりさんのリリイベに参加させて頂きました。歌声は何時もながら素晴らしいの一言で大盛況でした。またまた私事で恐縮ですが、ソフトタッチ会で最後の20人に残れました。一言ずつ10回以上声を掛けさせて頂く毎に笑顔で応えて頂きました。

    マクロスΔ、ワルキューレ、メンバーの皆さんのイベントも目白押しで、この数日リアル世界の影響力が強過ぎて、妄想を沸かせる余裕がなくなっております。来週はいよいよ劇場版公開されますね、更なる妄想の種に期待しています。

    ラグナで反応弾が爆発し危機一髪でミラージュさんに助けられたハヤテ。何の躊躇いもなく胸に顔を埋めるがごとくハグしていますよね。やはりハヤテの異性に対する感覚は、多くの視聴者のそれとは大きく異なるのでしょうね。劇場版では出番が減り、逆に人気がでそうな予感がします。

    • おめでとうございます!素敵な一時をお過ごしだったんですね。
      情景が目に浮かぶようです。
      デビューシングル発売日にみのりんごさんにお会い出来た、他のブログ常連さんもきっといらっしゃったんでしょうね。アットホームというか、温かい、ごりごり〜なファンイベントだったんだろうなぁとお師さんの文面から感じました。

      ハヤテのスキンシップ慣れは罪深いですよね。w
      あんな無邪気にハグされたら、あわあわしちゃいますもん。天然魔性の子犬系男子ですね。がっついてない感じも女子受けが良さそうです。コミュ能力抜群イケメンの本領発揮といったところですかね。

      • 天然魔性の仔犬系男子とはいいえて妙ですね、流石です。

        天性の魔性にフォールドクォーツの天然石パワーが加わり、5メーターサークルの領域は女子にとっては危険領域ですね。仔犬系ということで、猫アレルギーの意味が更に強化されますね。

        上で述べる予定ですが、メッサー君がΔ小隊の同僚に繰り返し伝え続けたワーク・エンゲイジメントの教え。ミラージュさんには経験的処理可能感を持たせつつ、セルフエスティームを高める指導を、ハヤテには仕事に取り組む熱意を高める指導をしている様でした。パイロットとしてだけでなく、訓練教官としても優れている事も高く評価されているのでしょう。ヴァール化の療養目的だけでなく、訓練教官としての人気からの転勤辞令の要素もありでは?。日経BPの講師をしても高い講演料の取れる人気講師が務まりそうです。

      • リリイベでは篤いハートのファンの方ばかりで、年老いてからリリイベデビューの私には大変勉強になりました。熱気がすごく上着を脱ぐ人が多いのは勿論ですが、最初からみのりんごTシャツ姿の方もいました。幸せそうな皆さんの姿をみれて自分事のように嬉しかったですね。100分以上のイベント中、一人一人に笑顔と声かけでの神応対には後光が射して見えました。手が腫れていない事を願うのみですが、歌いながら振っていたネギを握りつぶされたので、葱エキスの消炎作用が皮膚にも届きます様に願っています。

        またまた、たまたまなのですが、開場前に会場横のお店で軽食を掻き込んでいたら、突然リハーサルが始まり一足先にFEELING AROUNDを聴けてしまいました。土曜午前中の仕事を一時間早上がりして会場に急行した甲斐がありました。帰路3rdライブのチケットを発券し2日ともアリーナの後方席でしたが、リリイベの感動があったので全然ガッカリしませんでした。ライブは参加することに意義ありですね。

        • ネギを振りながら歌ってたんですか?!すごい!なかなかシュールですね。PVの世界観にお客さんを引き込む演出なのかな。
          もしくは握りつぶしたネギ汁でファンの方々の風邪予防を図ったのでは…なんちゃって。

          • ネギを振りながら歌うのは初音○ク以来と言ったフォロワーさんもいましたよ。ネギでエアーギターをしてしまうところもシュールでした。

            ラーメン○郎さんやイン○パイア系ですっかりモヤシにとって変わられていますが、鶏ガラスープの細麺にはやはり葱ですよね。小泉さんのお陰でラーメンが毎日欠かせません。血圧が心配です。

            みのりんごさん、マクロスΔ以外のお仕事も次々入り、お会い出来る機会が増えて喜ばしい限りです。

            いよいよ劇場版公開迄カウントダウンですね。どんな妄想ネタを投下してもらえますかね?

            • 見事にコラボレーション展開の虜になってますね〜。ラーメンも味やトッピングで大分変わるから飽きが来ないので、まだまだ小泉さんモードが続きそうですね。
              ラーメンではありませんが、最近ミニストップの青森りんごソフトを食べました。激情版公開直前になんてタイムリーな!と何処かにフレイアが描かれてないか、店内を凝視しちゃいました。

              • 近所のミニ○トップで「リンゴ娘」と叫びながら、バーコードリーダーを握るカシムさんが目撃されました。

                今日のラーメンも鶏と煮干のツインボーカルに、長ネギ、玉ねぎ、カイワレのハモり入りのワルキューレラーメンでした。ワルキューレの楽曲の幅広さはラーメンに通じるところがありますね。またもコラボに絡め獲られてしまってます。

                藤子先生の人気キャラ小池さんから、つんく♂の「ラーメン大好き小池さん」を経て、池が泉に変わってしまいましたね、歴史を感じます。原作、アニメともに益々突っ走って欲しいものです。

                みのりんごさんの「好きなものは好き!」で描かれる常識がなくて、鈍感、ガサツ、天邪鬼って俺かよ!と思った全国1000万男子の私も一人です。

  28. 激情版のPVやポスターを見て思ったんですが、ケイオス産の美雲さんvsイプシロン産の美雲さんなんて構図があってもいいんじゃないかなー、なんてぼんやり妄想してます。

    ケイオスがライトが持ち帰った細胞片から美雲さんを作り上げたように、ベルガーさん達も星の歌い手の遺体からクローンを作ってる可能性はあるんじゃないでしょうか。
    手段を選ばないロイドカタツムリさんだと、打倒新統合軍・短命問題克服の為ならワルキューレの美雲さんが鴨ネギよろしくウィンダミアに来てくれるのを待つのではなく、積極的に星の歌い手という最終兵器製造に舵を取りそうだなぁなんて。

    そしてイプシロン産星の歌い手をワルキューレの美雲さんに擬態させて、ワルキューレがウィンダミア側に寝返ったように見せかけ、球状星団内のワルキューレの評判や信頼が地に落ちるように画策。ワルキューレは真実を暴くためウィンダミアに潜入するが、ケイオス産美雲さんも一時的にルダンジャールされてさらにピンチに。
    二人の星の歌い手が同時にルダンジャールされて、全銀河がニューロネットで繋がる。
    けどニューロネットの精神世界でワルキューレが美雲さんに必死の呼び掛けをして、脱ルダンジャールに成功。ニューロネットの均衡が崩れ、ワルキューレvsイプシロン産星の歌い手の歌合戦に。
    イプシロン財団(激情版のラスボス)とロイドカタツムリの野望を止めるべく、absolute5やワルキューレは裏切らない等怒涛のメドレーを熱唱しながら、真なる風の導きにより空中騎士団と共闘。

    なんちゃって。

    • 封切り後はネタバレ警報が鳴り響くので、暫く議論しづらくなりそうですね。思い切り妄想を披瀝出来るのもあと二日ですね。このスレもランキングから削除され、今後封鎖もあるのか心配です。ウィンダミアの様に封鎖しないで下さい、管理人様お願いします。

      殿の考察は相変わらずの切れ味ですね。イプシロン美雲とケイオス美雲のデュオを想像したら、ザ・ピーナッツ、リンリン・ランラン、ザ・リリーズが走馬灯のように。。。

      細胞採取に成功したらイプシロン財団が利権を独占しようとするのは必定で、次元兵器の使用を画策したのは財団かもしれませんね。駐留軍の司令官は財団の策謀に堕ちますが、ライトの踏ん張りで財団の思惑は根底から覆る訳です。次元兵器投下直前に自動操縦に切り替えられた際、ISCも切られてしまったのがライトの直接死因ではないかと。。。

      私も劇場版に向けて妄想を少々
      テレビ版では、フレイアのスパイ疑惑は短尺で嫌みなくサラリと描かれました。映画では初見で感情移入できない視聴者がでないよう、判りやすく友情、努力、勝利を描くのではないでしょうか?フレイア加入後のワルキューレの苦難の克服、努力パートは、メッサー君の死後、雨の中をタイヤを引いて泥まみれになり走るシーン位でした。劇場版ではロイド殿下が銀河ネットを通して、フレイアの働きでワルキューレがウィンダミア側についたとミスリードする。裏切られたと衆愚と化した民衆から投擲され膝を折るワルキューレのメンバー。。。なんて判りやすいディテールでどうでしょうか。
      ハヤミラとの三角関係は前面にださず、二人はワルキューレの護衛役回りメインで戦闘シーンで活躍してもらう。
      メサカナラインが脚光を当てられるため、三角関係の一端を担う隊長も格好良く描き直される。マリアンヌはやはり陰から。
      空中騎士団もキャラが立ち最後はΔ小隊と共闘し、ラスボスは新統合軍か財団から捻り出す。

      何はともあれ劇場版でも未回収な伏線が沢山残ります様に。

      • ドキドキしますね〜、わたし達の妄想考察の答え合わせがもうすぐ出来るかと思うと。楽しさのあまり暴走しまくった妄想もありますが、核心にせまった考察もきっとありますよね。

        2018年予定の新作TV版の話が流れていなければ、激情版で全て明らかにせずに謎を持ち越す可能性もありますよね。
        メッサー君の生死や他キャラの安否が心配ですが、どんな物語が描かれようとも希望を捨てずに楽しみたいですね。

        • いよいよ明日ですね。仕事終わり後の夜の回を予約しました。兼好法師殿はいつ観に行かれますか?
          明日以降ネタバレしない様に考察していく自信がありません。

          2018年テレビアニメ新作ですが、制作サイドはFの新曲を出したり、コラボ企画でFとΔの人気を再三比較検討し来ましたよね。明後日の劇場挨拶か横アリライブで告知が出るのでしょうね。

          この短期間でワルキューレに匹敵する歌姫を発掘・育成できている可能性は極めて低いので、ずばりΔの続編に決まりではないでしょうか?

          というわけで、劇場版でも自作に向けて伏線や未回収ありと踏んでいます。

          • わたしは11(日)か12(月)に見に行くつもりです。
            普段出歩かない地域への遠征になるので緊張します。マクロスでの現場活動ぽいのが初めてなうえに1人参戦予定なので敷居が高いなぁと思いつつ、ここまで嵌まるキャラは金輪際現れないかもしれないので、メッサー君の生き様を大画面で見届けなくちゃ後悔しそうです。

            ネタバレなしで新たな考察をするのは至難のワザですよね。
            わたし自身はネタバレあっても気にならないというか、メッサー君の生死や皆さんの感想がいち早く知りたくなって、自らネタバレありきのスレを拝読しちゃう可能性大です。
            十中八九読んじゃうと思う。だってメッサー君の生死如何によっては、ヴァール化する恐れがあるので、予防接種しとかなくちゃですし〜。なんて。
            なのでお師さん、構わずに自由な考察をしてくださいな。
            管理人さんも激情版を見に行った方用のネタバレスレを立てる予定でいらっしゃるようですし、おそらくコメ欄の表示はそのスレで埋め尽くされそうですが、長文で考察したくなったら、このスレに戻ってきましょう。
            ランキングから外れてしまって検索がちょっとめんどくさくなるけど、でも他の方々へ気兼ねせず、自由に妄想を繰り広げられる利点もありますよね。

            • 管理人さんのネタバレ用のスレを見ると、やはり当該スレ以外でのネタバレ混じりの考察は控えた方が良さそうですね。
              上映期間内だけ自重すれば大丈夫でしょうか。我慢できるかなぁ…。自制心が試されますね。

              • 遂にこの日がやって来ました。ライブDVDを観て心を撃ち抜かれ、初めてのレビュー投稿で続編を切望してから8ヶ月余り、にわか感は否めませんが多くのファンの方々と同じ感慨に浸っているつもりです。

                今晩は仕事終了後一人で、明日は家族を引き連れても予定で劇場の席取りました。兼好法師殿が観覧されるまでネタバレは封印致します、そのつもりですが押さえきれないかもしれません。

                私の中ではハート撃ち抜かれて以来、自制心はとうに消滅しています。
                今日一日も課金デイになりそうです。シリウスコミックがアマゾン代引きで到着、昼休みにゲーマーズでリスアニ購入、一番くじはフレイアを引くまで店舗まわり。アニメートに移動しグッズ購入。夜劇場でも多分グッズ購入。。。完全に踊らされている自分を楽しんでいます。

                このスレは我々以外にみてる人いないのではないでしょうか?管理人様のご意向は最大限尊重しながらも、長文レスは止められそうにありません。

                殿もアウェイの地に1人参戦ですね、応援しております。私もワル裏は勿論ですが殆どのイベントにボッチ参戦していますが、存分に楽しませて頂いております。

                • お心遣いありがとうございます。
                  今頃は大画面と素晴らしい音響効果を堪能していらっしゃるころでしょうか。

                  例えメッサー君がまたまたクラゲになられたとしても、わたしもザックを見習って強くなってやりますよ。
                  メッサーァァァァァ!

                  • 素晴らしかったです

                  • 最も重要なシーンでお師さんの考察が…!?
                    あぁ〜気になる〜!
                    せっかくお師さんがネタバレを控えてくれてるので、わたしもなるべく白紙の状態で映画館に臨もうと、ネタバレスレを開かないようにしてます。
                    ちょっぴり情緒不安定です。w
                    わたしのメンタル、ザック達の足元にも及びません。
                    でも負けるもんか、負けるもんか!
                    メッサーァァァァァ!! ←ただ叫びたいだけw

                    • 2回目観ました。Δらしく1回目より感動しました。前売り券もう1枚だけでは足りないです。買い足さねば。何度でも劇場で観たい仕上がりです。
                      我々の考察いけてます。

                    • 明日の15時過ぎの回を先ほど予約しました。現場への到着時間や席数に余裕があれば、前後の回も観る算段です。
                      若干テンションがおかしくなってきてるので、おとなしく電車で向かう予定です。

                      ニヤニヤとワルキューレを熱唱しながらドライブを兼ねて遠征したいところですが、ヒャッハーしすぎ、あるいは涙腺がヴァールの末期症状を起こしたら、某メッサー君みたいに片道切符でAXIAしかねないので。

                      お師さんは来場特典はフレイアをゲット出来ましたか?
                      実田さんの絵は特にあどけなさや素朴さがあって可愛いですよね。個人的には、中性的で小学生くらいの体形なのに妙に色気のあるレイナ姐さんも好きです。(ボーグ君とはいい酒が飲めそう)
                      2週目、3週目にはΔ小隊や空中騎士団も来場特典に出てきて欲しいです。

                    • 明日楽しみですね。私も殿との考察が楽しみです。他のスレは自粛してお待ちしております。

                      来場特典は今のところカナメさんと美雲さんが2枚ずつです。一番くじは片方だけフレイアを引けました。

                      シリウスコミック4巻読みました。メッサー君とカナメさん、そしてキースのカラーがあります。内容はテレビアニメ版にかなり忠実です、気になる一点を除けば。

                      今日の劇場挨拶にあったようですが続編はΔに決まり、どの程度の予算規模になるかは皆さんの課金次第のようですね。微力ながら課金と劇場版の集客のために出来ることをし続けようと思います。

                    • 来場特典にメッサー君とキースがでたら毎日でも通わねば

                    • お師さーん!見てきましたー!
                      ていうか、ただいま電車にゴトンゴトンと揺られてる最中です。

                      お師さん、わたし失敗しました!眼鏡を持っていくのを忘れてました!メガネ君ごっこ、するつもりだったのに!
                      でもあっても出来なかったかも。スクリーンにメッサー君が映った途端に涙腺ヴァール末期症状待ったなしなんですもん。
                      序盤からずっと泣きっぱなしでした。w

                    • わかります!
                      劇場でメッサーと叫びたい!

  29. そんなわけで一回目を見終わった時には放心状態に。そのまま2回目に突入するも、やはりメッサー君がスクリーンに映った途端に放心→涙腺崩壊コースです。
    ハンカチ何枚も持っていって良かった〜。途中から嗚咽が漏れないようにずっとハンカチで口を抑えてました。

    でも良かった!
    メッサー君もハヤテもミラージュもアラド隊長もワルキューレもキースも皆みんなカッコ良かったです!

    それはそうと来場者特典ゲット出来ませんでした。わたしが見に行った回にはとっくに特典の色紙が品切れになってたみたいです。w
    貰える気満々だったのでビックリしたけど、それだけお客さんが来てくれてたなら喜ばしいですね。残念以上に嬉しかったです。

    • 色紙残念でしたね。2週目以降にメッサー君や空中騎士団が登場します様に祈ってます。

      1回目はテレビ版との違いに集中し過ぎて、刮目しっぱなしでした。2回目は殿と同様に涙腺崩壊しました。色々なシーンが感慨深く泣けるのも、殿と考察・妄想を殆どのシーンで行ってきた故でしょう。

      空中騎士団の評価を変えた人も多そうですね。何よりテレビ版を酷評していた人達が気持ち悪い程に掌返ししていて微笑ましいです。

      是非初マクロスのお客さまが増えます様に!勿論まだまだ行きますよ、私も!メッサー君とキースの色紙をゲット出来る様に家族を連れて‼

      • 来場特典の色紙ですが、美雲さんとカナメさんが被りましたので、宜しければ差し上げましょうか?

        • お心遣いありがとうございます。
          わたし自身は貰えるなら貰うくらいのスタンスでしたので大丈夫ですよー。ネットを見て脳内に念写してありますし!
          せっかくご家族と一緒にゲットしたものですしね。
          お子さんたちも自分用にしたいと思っていたり、もしかしたら今後他のファンの方と交換してワルキューレコンプリートに繋がったり、ファン仲間の交流に繋がるかもですし。

          TV版の元絵が見事にコラージュされていて、衣装や背景の繋がりに違和感もありましたが、限られた予算や期間でこれだけの物を作ってくれた河森監督はじめスタッフの方々には頭が下がります。
          作品への飽くなき情熱を感じました。
          円盤になる頃にはもしかしたら更に修正をしてより完成度を高めてくれるかもですね。
          そしたらこの荒削りな仕上がりは現場活動した者だけの記念になるので、やっぱり観に行って良かったです。期間をあけてわたしも観に行くつもりです。

          酷評→掌返しは嬉しいですね。
          不満言いつつも心は離れていなかったというか、きっと期待の裏返しだったんですよね。
          そして長年のファンの監督への信頼と期待に、監督や公式スタッフが懸命に応えたことが彼らに伝わったからなのだと思います。

          • 何時もながらのお心遣いありがとうございます。息子はボーグ、連れはメッサー君とキース、娘は好みの声優さんがいない(フロンティアには好みの男性声優さんがいたとか)ということで、我が家ではワルキューレの色紙に喜んでいるのは私だけ。。。

            殿の製作サイドとファンに対する洞察は、何時もながら切れのある文章で言いたい事を全て代弁して頂きありがとうございます。

            Δは大人の作った大人の観賞に堪える作品と常々主張させて頂いておりますが、テレビ版2クールと劇場版もう1作品を加えたら、マクロス史上最高傑作になるでしょう。

            カナメ・バッカニア32才迄にメッサー君生還ルートを創造せねば!

  30. お師さんの閃き、ズバリ当たってましたね!
    これかー!と叫びそうになりました。
    それにあのおびただしい出血…。ヴァールシンドロームの考察の方もいい感じですね!
    あの描き方だとロイドカタツムリ説も?!

    • ロイドに何者かが額から憑依するシーンが、テレビ版よりもしっかり描かれましたもんね。カタツムリ説もビンゴですよね。新作では銀河のブラックホールから50万年周期で迸り出る邪悪なカタツムリの創造主も描いて欲しいですね。

      ヴァールシンドロームの病態の内、身体的変化が考察通りでほっとしました。アストロサイト説も是非とも採用して欲しいです。

      殿との考察や妄想が随処で映像化されておりましたね。ウィンダミア人の寿命延長フラグも公式に立ちましたし、また詳細な考察が必要ですね。新作のプロットの妄想も幾重にも湧きそうですよね。殿の文学的な作品がまた読めそうでワクワクを禁じ得ません。

      Amazonのレビューに記したお願いが次々と叶っていくので、もっと書きこんじゃいましかょうか?

      • 回想シーンでのロイドさんの物言い…。
        カタツムリ化の予兆があの時点で表れていたとは。

        あの出血の色も「まさに!」って感じでしたね。
        ヴァールシンドロームの解明と根治両方の確立だけでは延命出来ないと確定しただけでも大きな収穫です。
        ボロボロの内臓のメッサー君の余命を伸ばす方法を!
        ええ、見つけ出してやりますとも!
        まだまだわたしは諦めません!w
        河森監督が同じ展開を嫌う方であるならば、そしてインプラント技術やクローン技術の禁じ手が可能な世界観ならば、穢土転生だって可能性は0ではないはず!
        メッサー君が生き残る世界線の模索はまだまだ続きます。

        新作ではウィンダミアになぜフォールドクオーツが多いのか、プロトカルチャーの謎にもっと切りこんでいくんじゃないでしょうか?
        お師さんのバジュラの古巣説がきそうな予感がします。
        Amazonのお師さんのレビュー、きっと製作陣にも届いているんじゃないでしょうか。
        スタッフ以外の第3者が見た場合の、アウトプットが充分かどこを補足するべきかなどの指標にもなりますもん。
        特に専門知識の分野で考察してくれる貴重な意見の宝庫ですからね!

        • ロイドカタツムリの憑依のプロットは、殷周伝説のダッキの様に史実が残る人類史の初期からありますよね。それだけ人類にとり普遍的なのでしょう。

          殿も静脈血の黒さだと看破されましたね!製作スタッフとシンクロ出来て良かったです。

          諦めたらスレは終わりです。メッサー君生還ルートには、コペルニクス的な発想の転換が必要ですね。現代科学と共に古の天才達の叡知を繙く作業になりそうです。ウィンダミア人寿命延長フラグと併せ、遣り甲斐のあるお題を頂きました。一人では無理でも、殿と二人なら辿り着けそうな気がします。

          考察は愛!妄想は希望!考察は命!妄想は神秘!スレは元気。。。を与えてくれます。

          新幹線の車内よりマクロスΔ愛を込めて

          • 長くなりそうな妄想が浮かびあがったので、pixivに投稿してみました。

            手始めにカーライルの黒い嵐を攻略…というか、以前に書き込んだレイナの医療船潜入の痛恨のミスについての考察をアレンジした妄想小話です。
            攻略方法までアテのない見切り発車した小話で、攻略に至る前に話を畳んでしまいましたが。

            pixivは今まで読み専だったんですが、お師さんとの考察と妄想の掛け合いのなかで少しスキルを身につけれたような気がして、激情版公開直前に初投稿をかまして今日2作目をアップしてみました。
            相変わらずの駄文ですけど、気が向いたら時間のある時に読んでみて下さいな。

            リンゴと水とかベルガーさんとの癒着とかライトさんの関与とか、レディMも関わってる案件が見事に伏せられてましたが、レディMならばマッドサイエンティストだって召喚していそうですよね。
            レディMがまぁまぁホワイト寄りな人物だったっとしても、和平交渉の仲介にレディMが忙殺されてる隙にドクター・○ロがクローン作製の禁忌を犯すことだって筋書きとしてはおかしくないと思いますしね。
            メッサー君の復活ルートは人材次第で、取り急ぎ考察すべきは根治と延命とウィンダミア人の寿命延長でしょうか。

            あと激情版のメッサー君はいつの間に腕を負傷したのでしょうか?
            鑑賞後に放心するくらい眼球と脳をフル活動させたつもりなのに、見落としてるみたいです。
            あれは敵の攻撃で負傷したのではなく、ヴァール症候群の末期のステージに到達してしまったことを示唆しているのでしょうか。
            全身から出血する前段階として。
            それゆえ精密検査が必要になり、戦線離脱が急務で決定されたのでしょうか。

            • pixivのお話し是非拝見したいのですが、どう検索すればたどり着けますか?

              劇場版は判りやすい部分だけで構成されてますよね(それが成功していると思います)。

              • “マクロスΔ 小説”で検索すると、いくつかの候補の中に“マクロスΔの小説・SS一覧[pixiv]”ていうのが、見つかると思いますよー。

                そこをクリックすると投稿者はごちゃ混ぜですが新作順に、投稿作品のタイトルリストが出てきます。キャラ名やカップリングを表示してる方が多いので、そこである程度選別できます。
                現時点ではわたしのは4、5番目くらいにリスト表示されてます。
                最近、投稿作品が少ないようなので、比較的見つけやすいかと。
                お師さんならノーヒントでもわたしのを特定できそうです。

                わたしのお薦めの作家さんは最近は他の作品に移ってしまったのか、ネタを温め中なのか、最近は投稿しなくなってしまった方も多くて、リストを遡って読むこともしばしばです。わたしの発想もここからヒントを貰ってることが多いですね。
                心情描写とか、意外な展開とか、味のある文章とか、読みごたえのある作品や爆笑してしまう作品もけっこうあるので、なかなかクセになります。
                イラストやマンガを投稿してる方のも面白いですよ。
                メサカナもハヤフレも可愛いのから面白いのまであるから、お師さんの琴線に触れる作品もきっと見つかりますよー。

                • は○なし氏ですね、即わかりました。他の作品は読んでいませんが、「クラゲと。。。」と「黒い。。。」共に興味深く拝読しました。このスレで語られていた内容も程よく織り込まれていて、完成度の高い作品に仕上がっていますね。何度も繰り返しですが、殿の文才を高く評価しております。世事に疎い私ですが、空世辞ではありませんよ。面白い世界をご紹介頂けたことにも感謝です。今後もこのスレで語り合った内容を二次創作に繋げていただけたら嬉しいです。

                  ツイッターに同じハンドルネームをお三方見つけましたが、殿ではなさそうですよね?

                  今日はCDをフラゲし無限のリピート中です。劇場版2週目の特典はリアルワルキューレと発表されましたね。ファンの声が届いて3週目はΔ小隊と空中騎士団が来そうですね。そしたら再び家族動員かけたいところですが、横アリライブが重なり今から悩ましいです。

                  • 早速読んでいただいて、ありがとうございます。
                    調子にのって、これからも妄想小話を書いて、微力ですがΔの布教をしていきたいなと思ってます。
                    読者の中には二次創作→公式のルートでΔに嵌まった方もいらっしゃるようなので。

                    ツイッターに同名の方が3人もいるとは!ビックリです。
                    ツイッターなどのSNSは気後れしてしまい、二の足を踏んじゃってます。スマホもあまり使いこなせていない機械オンチなので。w

                    CD買ってくるの忘れてました!
                    ヤック・デカルチヤー!
                    ΔのマンガをAmazonで大人買いして気をよくしてたら、まさかのうっかり!
                    マンガは明日あたりに届くので、そしたらCDを愛でながらAXIAをどっぷり堪能しようっと!

                    • 殿の次回作も楽しみにしております。

                      私はツイッターの使い方もマナーも理解しないまま、見よう見まねでΔとワルキューレファンの人たちと繋がって頂いております。

                      一番くじ、あわよくば残っていないかと秋葉廻りましたが、当然全て売り切れでした。ブランケットが入荷していたので早速購入しましたが、勿体なくて開封できません。

                      新曲3曲とも甲乙つけがたい素晴らしいできですね。

                      劇場版、次の特典まで辛抱できず3回目見ました。後程考察します。

                    • お師さんの考察を勝手に拝借して、3作目をアップしちゃいました
                      。ザックのプール式ベッドネタ小話です。

                      それにしても激情版が公開中なのに新作を投稿する方が少ないのが残念です。
                      オリンピックに気が向いているのか、劇場版の上映期間はネタバレに繋がってしまわないよう配慮しているだけならいいのですが。

                      シリウスのΔマンガが届いたので早速読みました。
                      こちらのメッサー君は表情や顔付きが若干幼い感じですね。
                      ところどころ少年みたいだなぁ、可愛いなぁと愛でつつ、ヴァール化メッサー君のピキピキ顔にドキドキしてました。何故?
                      イッちゃってるあのピキピキ具合に心を奪われるなんて、わたしの体内でフォールド細菌が活発化してるのでしょうか?
                      こちらの脳内に寄生している彼らはニューロネットを通じて、ドクター・○ロの召喚を目論んでいるやもしれません。
                      外道に堕ちてでもメッサー君の生存ルート開発を企むわたしは、もはやロイドカタツムリさんと50歩100歩のサイコパスですね。

                    • マリアンヌ・レポート愉しく拝読しました。

                      彼女はカナメさんにブレスレットを渡すメッサー君の後ろ姿をどんな気持ちで見守ったのでしょうね?

                      ワルキューレは少女達の憧れの存在として描かれていますが、Δ小隊も一般人からすると雲の上の存在でしょうか?Δ小隊所属の兄を持ち、お店が男子寮であるマリアンヌの立ち位置は?
                      そもそも、マリアンヌは何処で寝ているのでしょうか?2階に風呂と3部屋しかないので、1階スペースは厨房と客席で弟妹の部屋スペースは無さそうです。水中に沈む地下部分に部屋があるのかとか、些末なことが気になります。リディ・ル・グローンさんの考察で述べましたが、彼らは水中で寝ているのでは?チャックだけは何時召集されても対応しやすいように、2階のプール型ベッドで寝ているのでは?

                      元々水中で眠る彼等なら夜尿も生活習慣かもしれませんね。弟たちからすると乾いたベッドで眠れるメッサー君や、ハヤテが特別に思われるのかもしれませんね。

                      その様な設定としても、濃縮尿ないし尿素窒素のまま排泄するラグナ人の尿は、海水で希釈されない限り結膜炎を起こす設定は殿の小説通りで矛盾はありません。ただ飲酒後のチャックが結膜炎に成らないよう、彼のプール型ベッドは循環式かもしれませんね。

                    • 殿の新作に対するコメントの長文を認めましたが、アップされずに5次元に消失しました。

                    • 5次元へ旅立ったお師さんの考察が無事にホワイトホールを抜けてきました。わーい!

                      いつもながら温かい感想をありがとうございます。
                      マリアンヌの立ち位置は独特ですよね。
                      チャックがいるから、パイロットへの過剰な憧れはなさそうですね。勤務中のキリリとした感じや制服効果もないし、私生活がかいま見えると幻滅するような一面を見たりすることもあるでしょうから。
                      メッサー君への想いは、恋心と家族的な愛情のミックスだと思いたいですね。
                      けどあんな素敵男子がフリーな状態でいたら、独占したくなる気持ちが湧いてきちゃいませんかね?
                      「家族」なら「兄妹」の他にも「夫婦」という関係でもいいわけですし。
                      TV版のフレイアの歓迎会でのアプローチは、そんな一念発起の姿だったのではないでしょうか。
                      そして激情版の雪の中でメッサー君とカナメさんのツーショットを、ミラージュみたいな切ない笑顔で見守っていそうです。
                      マリアンヌは自分がメッサー君と結ばれることよりも、メッサー君が幸せになることを願っていそうな気がします。
                      Δ版明子姉ちゃんなマリアンヌは、母性のような優しさで愛してくれそう。そんなスタンスを保てるのは、自身とメッサー君との間にも「家族」という強固な繋がりを築けている自負があるからだと思います。
                      ていうか、そうであってほしいなぁ。

                    • 一般ラグナ人が今も海中に潜って就寝するとなると、嵐の日などは安眠できるのか気になるところです。
                      天候などに安眠妨害されずに水中で寝るにはどうしたらいいんだろう。
                      水流や漂流物に翻弄されないように、また、起きたら家から遠く離されて迷子になったりしないようにする必要がありそうです。

                      あるいは地下室(水中室)があって、一部(ベッド部分)が海と通じて自然循環するような仕組みが出来ているとか?

                      ラグナ人と地球人で結婚した場合、ベッドは別々になってしまいそうですね。
                      ラグナ人は乾いた布団にも対応可能だと思いたいですが、バイオリズムへの影響や夜尿の習慣があると、看過できない問題になりますね。
                      水中に一定時間浸かる必要性が単に保湿の為であるならば、アルブミンの10倍以上の保湿力を誇るアレとラグナの海水を原料に超優秀な保湿美容液を用意すれば大丈夫でしょうか?

                      あと他人類種との共同生活が出来るよう、ラグナ人には幼いうちからトイレトレーニングを地球人同様にしていただけるよう推奨しましょう。文化の押し付けにならない程度に。

                      オムツ離れが遅いと、年配になってから大人のオムツが必要になるのが早くなると聞いたことがあります。発達限界と言っていいのか判りませんが、大人になってからトイレトレーニングしても、体が対応してくれない可能性があるかもなぁと思ったり。。。

                    • ラグナ人と結婚したら、毎日SM○Pの「セロリ」が聴きたくなりそうです。

                      ラグナのテレビショッピングで保湿美容液がバカ売れしていそうですね。これで稼いでベルガーさん借金返せるでしょうか?

                      トイレトレーニングをせずに育った老ラグナ人のオシモの世話に、ゾンビ星からラウリ・マランさんが召還されそうですね。

  31. チェンジの歌詞でカナメさんソロパートに「春夏秋冬。。。5次元の愛を知るの」とありますね。

     春夏秋冬 どこかに ひそかに
     その先にある5つ目の季節
     探しに出かけよう
     時間と空間の世界
     パッと飛び超え
     そして 5次元の愛を知るの

    公式見解では、別次元でメサカナの絆(愛?)成就を示唆しているようにも思われます。

    とすると、現世にメッサー君生還ルートを開こうとする我々の試みは甲斐ないものになるのかもしれません。

    • 5次元の愛…解釈が膨らみますねー。
      来世ととるべきなのか、パラレルな時間軸の世界線なのか、彼岸の世界なのか。

      いずれにせよ、二人の絆(愛?)は肉体だけではなく、霊魂レベルで繋がってますよね。表層的にはプラトニックだけど。

      今のところ、TV版も小説版も激情版もメッサー君はクラゲになってしまっているので、生存ルートの構築はとても難しいですね。

      世界線の壁をもっと大胆に超えなくては、到達できないボーナスステージのようなものなのでしょうね。

      オトナの事情で考察した場合、メッサー君が生存することで得られるメリットがデメリットを大幅に上回るのが必要不可欠ですものね。
      死亡ありきで作られたキャラだと一刀両断する視聴者が圧倒的多数だと、素晴らしいストーリーが思い付いたとしても、そちらに舵を取ることは難しいですよね。

      激情版のあの描写で満足したファンも多いでしょうし。。。

      次回作でメッサー君の生存がストーリーの根本で必要不可欠な状態にまで高めないと到達出来ない。まさに運命石の扉ですね。

      • 上位の次元は内包する下位の次元を俯瞰出来ますが、逆は不可能ですよね。5次元に召されたメッサー君、3次元の世界にいるワルキューレや、Δ小隊の事はずっと見守ってくれそうです。
        次元を繋ぐ鍵が海月の昇天という設定は如何でしょう?かなり安易ですが、解りやすい設定でないとファンがついてこれないことは、テレビ版と劇場版に対するファンの評価で製作陣も痛いほど思い知ったでしょうからね(私はエンターテイメントとしては劇場版、物語の深みではテレビ版に軍配をあげます)。

        フォールド航法の上を行く超時空設定で、天空に浮かぶクラゲを潜り抜けメッサー君を探しに旅立つカナメさん。

        新リーダーマキマキ率いるワルキューレが、翌年のクラゲ祭りにGIRAFFE BLUESを歌っていると。

        天空から響き渡る懐かしい歌声

        高く 遠く 飛べる気がしたら
        繋ぐ この手 離さずにいて

        天空に一際輝くクラゲの中から、乳飲み子と3人で下界に帰還する懐かしい姿。

        別れを超え 涙を超え
        続く夢の五重奏は

        球状星団からフォールド細菌とヴァールを雲散霧消させるのであった。

        後日談 一年間のクラゲ断ちから解放され、思いっきり生で丸呑みする姿を微笑ましく見守る赤毛

        • 5つめの季節で愛を育む設定でした

          • 自分の妄想に対してで恐縮ですが、チェンジ‼‼!の歌詞にグッとくること3倍増(当社比)です。

              春夏秋冬 どこかに ひそかに
              その先にある5つ目の季節
              探しに出かけよう
              時間と空間の世界
              パッと飛び超え
              そして 5次元の愛を知るの

  32. 殿ご指摘の劇場版メッサー君の右腕の負傷について。
    大人の事情的にはテレビ版の使い回しという事で一件落着ですが、そんな浅い考察では我々の気は済みませんよね。

    フレイアの誕生日シーンでメッサー君が杖をついているシーンがありますね。その後カナメさんとの会話シーンではついていません。過去の考察の延長で、ヴァール化を繰り返したメッサー君の静脈周囲の血管平滑筋や、細静脈の周皮細胞は限界を超える伸展刺激の繰り返しによりズタボロだったことでしょう(映画では内蔵ボロボロと述べられますが。。。)。右腕は破綻した皮下静脈からの出血が、やはり過去の考察の通り線溶系の亢進で止血しづらく、圧迫止血のための包帯でしょうし、杖をついていたのはバルキリーの操縦負荷で、膝や足首の関節内出血を起こしているのではないでしょうか。

    • 白騎士との最終バトルで全身出血により瀕死のメッサー君。テレビ版に対する我々の考察では、ルンでメッサー君の極限の苦痛を察したキースが介錯の一撃を浴びせる設定でした。
      劇場版ではファンに解りやすく、ヴァール化の最終局面を我々の考察通りに描いて魅せてくれました。

      同時にメサカナの関係性に1つの解を与えて、ファンの反応を測りつつ次回作に繋げる手法に出ているようです。

      ファンの声は届くでしょうから、製作陣を信じて願い続けましょう。

      次回作は上で妄想したように、5次元への旅に出るカナメさんと3人のワルキューレ。留守を守るマキナと復帰したクレクレ、新メンバー達。
      迫り来る超時空の魔物達からカナメさんとワルキューレを歌で援護するハインツ様。次元の番人達との異次元の戦闘でルンを究極に昇華させるキース率いる空中騎士団と、フォールドクォーツの力で覚醒したハヤミラ。
      途中へルマン・クロース時空の歪みのなかでマスター時代の強さを瞬間に煌めかせて殉職。

      ニューロネットで皆が繋がる5つめの季節の中で、ボーグと姉達の感動の再開も観られそうです。ここで繋がれば同じ意識の中で存在できる。

      ニューロネットで繋がる億年レベルの形而上の生を選ぶのか、個として生きる限られた時間を選ぶのか。究極の選択を迫られる時空の旅人達。繋がらなければ低次元への帰還はブラックホールに阻まれて、確率は限りなくゼロに近い。繋がった男ロイドに懇願されるキースを現世に引き戻そうとするのはミラージュさん。ハヤテとフレイアを満面の笑みで見送るライト。

      黄泉帰りの苦難は待ち受ける全てのブラックホールを超越すること。道を完遂できたのは、まだ闇が小さかった神話の時代。膨張した漆黒の闇を抜けきることなど人類種には無理と思われた。漆黒の闇の中でもルンから迸り出る粒子だけは視覚が捉える光よりも、遥かに根元的に皆に伝わった。先頭を行く騎士団のルンが消える先には圧倒的な闇がある。1人また1人、人身御供となるルンが闇に呑み込まれていく。

      永劫と思われた時の果てに、忘れていた網膜からのインパルスと、開いているのかさえ解らない瞼が熱いもので充たされる。忘れもしないクラゲの光。ニューロンがアストロサイトの呪縛から解き放たれたまさにその刹那。残された者の心から最後の騎士団のルンが消えた。

      今度は前とは違う世界に死神を送れたと、消えかける意識の中で隻眼の男は満足していた。身を包んでいく冷たい感覚には覚えがあった。あの時も俺の腕を引いてくれたのは、お前だったな。。。。ロイド

      妄想モード入りました。暴走モードに成らないように気を付けねば。

      • お師さん流石です!
        哲学的かつスペクタルなSFに仕上げてますね!

        人身御供になられたウィンダミア人は風に召されてしまうのでしょうか?
        それともルンから解放され、テロメアへの干渉がなくなり、地球人並の寿命に出来ますかね?風を感じることは出来なくなってしまうので、ウィンダミア人としては一つの生の終わりと捉えてしまいそうですが。

        • ありがとうございます。

          唯今ハインツ様の顔の結晶が剥がれ落ちる設定について考察中です。

      • プロトカルチャー遺跡とフォールドクォーツとニューロネットがあれば、5番目の季節を迎えることが出来るんですね。

        ボーグとお姉さんを合わせてあげたいですね。別れの言葉も交わせないまま今生の別れとなったインメルマン親子も。
        星の歌い手と美雲さんの邂逅も見たいですねー。美雲さんとの出会いが星の歌い手に魂を与え、元祖星の歌い手の歌が導き手になる可能性はあったりするかも???

  33. 次に見に行く時の個人的注目ポイントは旧い仲間との写真のメッサー君の表情とポーズです。w
    かっこつけた笑顔にあのポーズ。
    我々の知るメッサー君とちょっぴり異なる雰囲気で、妄想をかきたてられます。
    純朴で模範的な好青年というより、そこそこズルさも持った一癖ありそうな青年だったのかな、とか。
    立ち位置が隅っこなのは、今も昔も変わらないようですが。組織における影の実力者的なポジションがしっくりくるのかな?
    桜木軍団の洋平君や新撰組の土方歳三氏みたいに。

    • メッサー君の挙げた手がワルキューレサインに見えてしまいます。

      アルブヘイムでカナメさんの歌に救われる前から、カナメさんの不遇時代から、実はファンだったとかないですかね?もう一枚の写真でもしっかりカナメさんの後ろに立ってますよね。

      水戸洋平君もいいキャラですよね

      • 確認してきました!
        もはやワルキューレサインにしか見えなくて、メッサー君がドヤ顔でドルオタをカミングアウトしてる図だと脳内変換しちゃってます。w
        一緒に写ってる旧同僚たちも皆、ワルキューレ発足時からの古参ファンの集まりだったりして。

        ワルキューレの歌はすごいですよね。
        愛であり希望であり元気であり神秘であり命。
        季節外れのクラゲの産卵を起こすほど。
        (フレイアのバースデーからまさかワルキューレの奪還まで半年以上経っていなければの話ですが。)
        クラゲのバイオリズムにもフォールドレセプターは影響を及ぼすのでしょうか。

        • 劇場版ではマクロスお得意の時系列の歪みが炸裂していますよね。光クラゲさん達も季節外れの産卵パーティーに驚くやら、呆れるやらで取り敢えず発光しとくしかなかったのでしょうね。もしかすると映画だけに他所の惑星のクラゲさん達が、エキストラとして大量動員されたとか?何処かのお祭りの神輿担ぎみたいです。

          ワルキューレのコンサートでサイリウムを振るチームメッサー!シンクロ率が半端無さそうです。

          メッサー君の外伝を公式でも是非作っていただきたいですね。希望的観測を言えばキースの物語と並行して。実は二人には過去にも運命の接点があったと妄想します。メッサー君の死神のエンブレムは何時からでしょうね?テレビや映画で機体がニアミスする時のキースの「死神」の一言に意味を付加して欲しいものです。

          ハヤテの入隊祝いの写真で頬を赤らめるミラージュさんとカナメさんに、またまた妄想が拡がってしまいます。

          • 一晩明けたら、メッサー君の手はワルキューレサインではなく、Fのアルトさんを始め、多くのパイロットが見せている飛行機が風に乗ってるところかと、ようやく普通の一番ありえそうな思考に至りました。
            今頃?!って感じですが。
            もう一度、土曜日に確認してこようっと。

            キースはウィンダミアが独立戦争後の鎖国時代に、こっそり他の星で傭兵していたんでしたっけ?
            その時代ならメッサー君と接点があってもおかしくないですよね。
            ヴァール化する前の死神ではないメッサー君の風に覚えがあったりして。

            • 殿も思考が揺らぐ事があるのですね。私はイベント続きに翻弄されブレブレです。

              16話で裸喰娘娘の全形見直しました。店舗の下にもう1フロア有りそうで、マリアンヌ始め弟妹はそこで寝ていそうです。ただ海面に近いので海中で眠る説は残しておきたいです。

              • 海中で濡れたまま寝ぼけてメッサー君のベッドへ。。。なんてことはないでしょうか?

                • あると思います!
                  ザックはきっとやらかしてくれてるはず…!

                  しかしザック襲来はもはや想定内。
                  水音まじりの足音が近づいた場合は、ザックが潜りこむ前にバスタオルでふんわり包んでくれそうな気がします。
                  濡れてない場合はそのまま寝たフリしながら、ザックが潜り込みやすいようスペースを空けてくれてるかもしれません。
                  そしてザックが落ち着くまでは、寄り添ってくれそうな気がしますね。

                  • メッサー君の危機管理能力に脱帽。ザックは小児期に特有のパラソムニアなのでしょうかね?無意識に歩き回るザックの後を陰で見守るマリアンヌねいちゃん。メッサー君の優しさに最初に気付いたのも彼女でしょうね。

                    今更ですが、かつてメッサー君ならキースの最後の一撃も避けられるはずだが、敢えて享受したと考察しましたが、劇場版でその瞬間の映像を観たときは、やはりそう来たかと膝を打ちました。その後のメッサー君の体に起こる運命も予想通りで、製作陣とのシンクロ率に誇らしい気持ちになりました。

  34. フレイアのバースデーシーンで柱の陰を目を凝らして7回探しましたが、マリアンヌの姿はやはりないですね。もしウォーリーの様に隠れているといけないので、あと三回は探すつもりです。
    テレビ版で観られたメッサー君とカナメさんに絡む二つの三角関係は劇場版では消去でしたね。誘いをぴしゃりと断られるアラド隊長が少し不憫です。ベルガーさんの存在もきれいさっぱり消去され、次回作での再登場に期待します。カシムさんはモブ扱いながら、アルク君が成人するまで長生きさせてもらえて良かったですね。劇場版とテレビアニメ版はやはり楽しみどころが違いますね。当然私は両方好きです。
    誕生日シーンではろうそくの火を消すフレイアに拍手するメッサー君の姿が見られますし、何とも言えない表情のアップもあって最後の晩餐感が堪らないですね。

    ラグナ人の海ベッド妄想の続きです。
    美雲さんがラグナの海でクラゲと漂うシーンは共通して描かれました。なぜ彼女はラグナの海に裸で浸かっているのか?しっかり描かれる意味があるのではないか?

    かつてアマゾンレビューに「風と水の国がそろわないとならない安全装置は、肺(風:ウィンダミア)と腎(水:ラグナ)がRAS系を制御し血圧調節する人体構造を敷衍しておりリアリティがある」と書かせて頂きました。星の歌い手も、ウィンダミアの風とラグナの海の両方に培われないと、本領を発揮できないのかもしれません。この2星にプロトカルチャーが重要な意味を持たせたことは間違いなさそうです。すると、ウィンダミアで前半生を生き、ラグナに渡って後半生を生きるであろうフレイアも、星の歌い手に匹敵する”持っている人”でありましょう。フレイアがラグナの温泉に浸かり続けて、皮膚の結晶化の進行が遅れるなんて、分かり易い設定もいいのではないでしょうか。ウィンダミアからラグナへの団体ツアーでケイオスも潤いそうです。

    本当の結晶化の考察はもう少しお待ちを。

    • 劇場版で触れないと言えば、カーライルの黒い嵐や次元兵器に関してもですね。こちらは、フレイアが二度過去の記憶で見ている燃え盛る炎がカーライルの炎かどうか確認が必要です。ボーグの墓参りも次元兵器使用の十分条件にはなりません。ヘルマンが風の泉に供養の羽を投じるシーンで、イカズチが走るのが唯一におわせるシーンでしょうか。アーネスト艦長も最後の統合軍の話で細胞片を弱みと言いながら、次元兵器の使用については触れません。

      テレビ版続編では大きな世界観の変化があるのでしょうね。

    • わたしもマリアンヌを探せ!をしていますが、今のところ器用に身を隠していますね。
      隠密の素養ありです。
      さすが、柱の陰から見守る女です。
      もしかしたらホログラム機能を改造してカメレオン化しているのかもしれません。w

      カナメさんのアラド隊長へのちょいSな感じも、スルーされてるアラド隊長の不憫具合も可愛いです。
      TV版と劇場版、どちらの魅せ方も好きです。というより両方を味わうことで1+1=3的な化学変化を起こしてるので、片方だけを選ぶなんてわたしには出来そうにありません。

      結晶化にもいくつかのパターンがあるようですね。
      ロイドカタツムリさんやグラミア王みたいに結晶化した角質が剥がれ落ちて死に至るケース。(二人とも体を剣で刺されていたことも影響してる可能性もありますね)
      遺跡と歌で急激に結晶化し、けれどその結晶化が消えたハインツ様やフレイアのケース。(フレイアの結晶化が全て消えたわけではないので、ハインツ様も胴体にTV版レベルの結晶化が残っているとは思いますが)

      温泉…ふむふむ、ではラグナの海水成分が程よく混ざった温泉と、ラグナの海水が染み込んでいるクラゲと銀河サバの薬膳料理の旅行ツアーはいかがでしょうか。

      • 流石、結晶化のパターンの違いに殿もお気付きですね。カシムさんもグラミア王と同じ結晶剥離パターンですので、ホストの死によりフォールドクォーツがリサイクルすると仮説を建てています。劇場版ではフォールド細菌やヴァール化等考察の余地の高い事項はカットしていますよね(大正解だと思いますが)。

        ウィンダミア人は体内にフォールドクォーツを持ちます。公式ではルンで検出されますが、以前に考察しましたが、ルンだけにしか存在しないと考える方が不自然です。

        ウィンダミア人の細胞核周囲をキャップ状にフォールド因子(ここでは波動としてでなく、粒子としての因子を想定しています)が包んでいるとしたら。。。あらゆる遺伝子の複写や翻訳、ペプチドの細胞内移動や修飾が、フォールド出きるので身体能力は高くなるでしょう。一方テロメアの切断や、酷使による小胞体ストレスも高そうで結果寿命は短そうです。加齢性変化としての皮膚結晶化は、細胞内でリサイクリング出来ずに漏れ出たフォールド因子が、フォールドファージに取り込まれ、中間径フィラメント等を介しケラチノサイトに供与されるのでしょう。ルンや皮膚の結晶がフォールド因子にとっては滑走路のような役割でしょうか。

        巨大システムの出現に共鳴したウィンダミア人の歌い手は、ルンや皮膚からフォールド因子を遺跡に吸い寄せられるのではないでしょうか?急激にケラチノサイトに移動したフォールド因子は、オルタナティブパスウェイを介し皮膚を結晶化させており、フォールドファージによる貪食過程を経ていないので、遺跡の消褪により可逆的なのでは?

        続きます。

        • ウィンダミア人の皮膚結晶化に対する脱線妄想。

          あのように瞬時に広がる皮膚病変は、蕁麻疹や熱傷パターンでしょうか。
          色からは白斑とも考えられます。
          剥離する描写からは過角化の可能性が高そうで、魚鱗癬や尋常性乾癬のラインで考察中でしたがしっくりしません。

          ノルウェー疥癬(ダニ)の全身角化型もありかな、なんせウィンダミアの寒冷な気候は、フィヨルドの国ノルウェーに近いしなどとあらぬ妄想まで湧く始末。ウィンダミアに広く生息するウィンダミア疥癬(角化型疥癬)が、加齢による免疫力の低下とともに皮膚に多数寄生して角化を起こしている?

          3rdライブが近付きヴァール化が抑えられません。

          • 体内フォールドクォーツのリサイクル説とウィンダミア疥癬説、どちらも面白いですが、わたしはリサイクル説に1票を投じます!

            土壌のフォールド因子を吸い上げたリンゴを常食
            →体内(特にルン)にフォールド因子を蓄積
            →ルンの中で結晶化してフォールドクォーツとなる
            →体内フォールドクォーツの一部は日常でルンピカしたり、高い身体能力を発揮することで消費し、残りは加齢により体内でのリサイクルが滞ることで皮膚に結晶化
            →ウィンダミア人が風に召されると、剥離した微小のフォールドクォーツは文字通り風に乗って土壌へ還っていく
            →土壌内で一部の微々サイズのフォールドクォーツはフォールド因子同様、リンゴの木に吸い上げられ、微小(リンゴの木が吸い上げれない程度)以上のフォールドクォーツは土壌内で合体・圧縮を繰り返して、より大きなフォールドクォーツを形成

            今までの考察とも馴染みがいいように思われます。

            いよいよ今週末ですね、3rdライブ。
            わたしは友人の予定をようやく確保できて、24(土)に劇場版を布教する予定です。上映時間があまり遅くならなければ、と条件つきですが。
            その友人はキースを気に入りそうだなぁとワクワクしてます。

            • 体外でのフォールド因子・フォールドクォーツの動態は私も殿と全く同意見です。以前にもリンゴを介したリサイクルについて考察しましたね。今回は体内動態と結晶化した皮膚の質的差異について妄想しましたが、マニアックで解りづらいでしょうか?

              3rdライブ週間に入り落ち着かないです。

              • いえいえ、お師さんレベルでの理解には及びませんが、イメージはこんな感じで合ってますか?

                プロカル遺跡を強力な磁石に、肉体を容器、ルン内のフォールドクォーツや体内のフォールド因子を砂鉄に見立ててみますと、
                強大な磁力(遺跡がON)にひっぱられ、容器内(ルンなど、肉体の各細胞)に正しく配置されていた砂鉄(フォールド因子)が全て、本容器の内壁ギリギリまで表面に集中する。(=結晶化)
                磁力がなくなれば(遺跡OFF)、容器の表面に留まらせる力がなくなるので、元の定位置に砂鉄が収まる。(=結晶化が消える)
                フォールドファージなるものは、さしずめ容器の内側にボンドなどの接着剤が塗布された状態に見立てていいでしょうか?
                フォールドファージに貪食されて、
                オルティブパスウェイを介してケラチノサイトへ供与され(容器の内側に貼りついたまま酸化鉄へ変容)、体内(容器内)の有効なフォールド因子量 (砂鉄)はその繰り返しによって徐々に減少。

                こんな風に置き換えて解釈しましたが、合ってますか?

                わたしはあの結晶化は紫外線に対応するメラニン色素みたいな防御反応みたいな方向性で考えて、しっくりこないなぁと行き詰まってたので、お師さんの解釈に「なるほど!そういうことだったのか!」と感動してます。
                それまでは老化に伴い、肉体が少しでも長く生きようとフォールド因子が体外へ流出しないように蓋をしてるのかな〜、なんて漠然と考えてました。

                • 相変わらず殿との思考のシンクロ率には悦びしかありません。そして何時もながら、私の妄想考察に対する痒いところに手が届くかのような敷衍。2人だからこそ愉しく考察、妄想が成立することに感謝しかありません。

                  磁石の例えも、磁石(遺跡)の消失で定位置に戻る発想も、更には結晶化はホストからすればフォールド因子(細菌にせよクォーツにせよ)を体内に保持しようとする防御反応であり、フォールド因子とすれば宿主替えの準備である所、メラニン色素への着眼まで全く同感です。

                  以下補足(蛇足)です。
                  フォールド因子の主な存在部位は神経核周囲で、ウィンダミア人の素早い神経反応や、神経の筋肉終末を介し高い身体能力の源になっている。また皮膚の知覚を含む、あらゆる感覚器からの受容も人類種より遥かに高速処理される。

                  ルンはフォールド因子の凝縮した空港のような感覚器官であり、微細なフォールド波の動き(ウィンダミアで言う風)を受けとる(arrival)と共に、フォールド波を発する(departure)器官でもある。フォールド因子受容体を高発現する他の人類種では、聴覚で受容し気管から声帯で発振するので効率で劣るが、ハモることでブースト出来る。

                  フォールド因子は様々なホストの感情により発光してしまい、その敏感さはある意味生殖器に共通する役割もあることは、テレビ版で暗喩されている通りです。

                  フォールドファージは神経細胞から漏れ出たフォールド因子を貪食し、皮膚表面(ケラチノサイト)に神経線維でなく中間径フィラメントを介し運搬供与する。この移動は一方向性で、神経線維内での移動(磁石仮説)の様な可逆性がない。皮膚表面で結晶化したフォールド因子は下界へ移動する機会を窺っている。

                  劇場版でカットされたフォールド細菌の場合、神経親和性はヘルペスウイルス類似です。散々してきたアストロサイト仮説のように、ウイルス形質のフォールド細菌が神経系から、血管系に移動してしまうとヴァール化が起こるわけです。

                  次回ルンの切断について考察します。

                  • おおまかな理解は及第点をいただけたようで嬉しいです。

                    フォールドファージの貪食を阻害するか、あるいはオルタナティブパスウェイを介してケラチノサイトに供与される前に、フォールド因子を神経核周辺に戻す作用を促すことが出来れば、加齢性結晶化を防ぐことに繋がりますか?

                    全身の組織にフォールド因子があるうえで、ルンがハブ空港的な役割を担っているとしたら、加齢性結晶化にもルンが何がしかの影響を与えているような気がします。
                    人体の色々な組織からホルモンが分泌されてますよね。
                    同様にルンからは全身の細胞内のフォールド因子のリサイクルを促すホルモンが分泌されているのではないでしょうか?
                    更年期障害のように、ルンからのホルモンバランスが崩れることで加齢性結晶化が起こりやすくなるとしたら、フレイアやハインツ様に必要なのは「命の母」なのかもしれません。

                    • 相変わらず鋭いご指摘を有難うございます。

                      フォールドファージの貪食阻害薬は、ルンを始めとする全身のフォールド因子受容体を阻害し、ウィンダミア人の能力全般に影響しそうです。しかし、殿ご指摘の通りにフォールドファージ特異的な受容体阻害薬を開発できれば、神経細胞から漏れ出たフォールド因子を他の神経終末が再取り込みしてリサイクルできそうですね。

                      オルタナティブパスウェイ、即ち神経細胞核から軸索移動したフォールド因子が、神経終末からケラチノサイトに分泌供与される過程に関与して神経細胞に戻す発想も秀逸ですね。現時点で4つの機序を想定します。①神経終末での再取り込みを促進させる、抗うつ薬の選択的再取り込み阻害薬の逆を行く薬の開発。②ケラチノサイトへのフォールド因子の取り込みの阻害。これは、フォールド因子のケラチノサイトへの移行が、受容体を介するのか、拡散による移動かによりアプローチが変わります。③軸索の逆輸送を促す狂犬病ウイルスのような粒子を利用する。④細胞核膜とフォールド因子の親和性をブースト出来る物質の細胞質内へのデリバリー。
                      ケイオスの研究チームがんばれー

                      ルンの全身への影響は大有りでしょうね。神経系への関与としては腸管神経系のように独自に動きながらも、視床下部と扁桃体の機能をあわせ持つような、スペードのエースのような存在かもしれません。形もまさにそうですし。視床下部と言えばホルモンの上位中枢でもあり、とのご指摘の通りルンが様々なホルモンの分泌調節をしている説は、私にとっては眼から鱗でした。

                      「命の母」は何処かの惑星に自生する植物の根塊や樹皮等から抽出出来そうですね。それを探しに旅立つワルキューレとΔ小隊と空中騎士団。

    • メッサー君の笑顔はプライスレスですよね!
      ダイスキでダイスキなスーパーAXIA級です。

      ベルガーさんも何処かに隠れていそうですね。
      ホログラムカットのスカウター眼鏡で捜索したら、アンチワルキューレなデモをしてる民衆に紛れていたりして。
      あの民衆は新統合軍派というか、ウィンダミアの占領化にある星の住民なのでしょうが、ウィンダミアと新統合軍の戦争を長期化させようと目論むイプシロン財団が煽動者を送り込んでる可能性もありますよね。

      TV版の設定をどの程度拾うのか、保留にするのか、無かったことにするのか。
      その辺も関心は尽きないのですが、メッサー君成分が少しでも残されてないと、寂しくなってしまいます。
      ヴァールシンドロームの進捗でメッサー君のデータを元に治療法が確立した程度の言及くらいは欲しいです。
      そして終盤でまさかの復活・ピンチに駆けつける王道展開を…!

      • 殿のメッサー君愛とPIXIB活動に触発され、私もツィッターに拙いお絵描きでフレイアちゃんをアップしていきたいと思います。

        • お師さん、お絵描きもなさるんですね。見てみたいです。
          わたしも4作目をちょっとずつ下書きしてるところです。今週か来週くらいには投稿出来るかも。。。

          • 4作目はどのエピソードベースでしょうか?何れにしろ楽しみですね。

            殿はワル裏の横浜アリーナとデル魂のひな祭りには行かれますか?私は参加します。

            お絵描きはワルキューレハイから調子にのって、お見せできるレベルになる前にアップしてしまいました。アマゾンのΔのレビューに一番投稿しているHNでツィッターにあげています。

            • 何故か我々の妄想考察スレが月間ランキングの2位と3位になっています。前スレはもう投稿していないのに不思議です?

              • 4作目はあの歌姫にご登場願おうと、脳内に誘致してるところです。
                「気づかれてはいけない」という仮題で進めてるんですけど、多分タイトル詐欺な内容になるかと。。。

                月間ランキングに堂々と顔出してるんですね。何故だろう…今月なんて特に激情版のネタバレスレがダントツで書き込みもアクセス数もありそうなのに。書き込みは途絶えてるけど、誰か読んでる方がいらっしゃるんでしょうかね。

                • 4作目、たった今アップしました〜!

                  歌ってくれ○○○さん!わたしがヴァールになりきる前に!

                  • お師さんのお絵描きTwitter、キースとメッサー君で合ってますか?

                    Δ関係のTwitterを漁ってて、諦めかけたところで偶然見つけました。
                    ワルキューレライブの為に一時的に公開範囲を広げていた方々のおかげかな。
                    Twitterってアカウントなくても、見られるつぶやきもあるんですね。

  35. ウィンダミア人の寿命延長仮説。

    ルンの切断について。
    第一次潜入回で捉えられたフレイアのルンをキースが剣で切ろうとします。ルンを切られた者は神経原性ショックで死ぬ者もいるでしょうし、生き残ってもウィンダミア人の高い能力を失うばかりか、ホルモンバランスの乱れから重度の鬱を伴う更年期症状で自死もありそうです。しかし、それを乗り越えられれば、テロメアの切断や過度の小胞体ストレスから解放され、地球人類種並の寿命を享受出来そうです。キースはウィンダミアを捨て地球人類種と過ごす半生を選んだフレイアに、ウィンダミア人としての最後の審判を与えようとしたのではないかと妄想しています。

    ルンの切断は地球人類種で言えばいきなり全身の感覚と、随意筋の動きが一時的に麻痺するようなものでしょう。テレビ版最終回の「覚悟するんよ」にまた別の意味合いが加わって感じられます。

    • ルンを切断されるのは恐ろしいですね。
      ウィンダミア的なアイデンティティーの喪失にも繋がりそうです。
      ウィンダミア人としての最後の審判…、なるほどその通りかもしれませんね。
      ワルキューレとして地球人と共に生きていく道を選んだフレイアにとっては、ただひたすらに覚悟を問い、天命に従う働きかけとなるかもしれません。
      命拾いした後は不問に処すといいますか、盟神探湯のような感じで。
      けれども一般のウィンダミア人感覚だと、ものすごく不名誉な処刑方法かもしれませんね。運良く生き延びて、地球人並の寿命を得たとしても、無味乾燥とした世界に放り出され、家族や知人が皆息耐えても自分だけ生き残ってるウィンダミア版八百比丘尼の苦悩を背負い込みそうです。

      更年期障害は地球人もウィンダミア人も女性の方が深刻そうですね。
      ウィンダミア男性はルンが2つあることが、ここでも幸いしてると思います。
      ウィンダミア人の平均寿命は女性よりもだんせいの方が高そうですね。
      マスター・へルマンやグラミア王みたいな長生きは男性の方が多そうです。

      • ウィンダミア人もヴァールシンドロームに罹患する可能性も案外あるかもしれませんね。

        加齢性結晶化が始まっている老ウィンダミア人(特にルンが一本しかない女性)とか、ルンを斬られた人とか。

        他の人類種に比べて、はるかに適応力があって耐性が出来ているのは言わずもがなですし、次元断層でヴァールの脅威もウィンダミアにはなかなか届きません。
        だから発症するリスクはかなり低いですし、パンデミックになることは無さそうですが…。
        例えば、更年期障害でルンからのホルモンバランスが崩れた場合、体内のフォールド因子が神経系から血管系に移動してしまう可能性はありませんか?
        そしたら流石のウィンダミア人でも…?!
        フォールド細菌(orウイルス)とフォールド因子だと似て非なる存在かもしれませんが。

        ウィンダミア人がヴァール化するようなことがあったらめっちゃ怖いです。

        • ウィンダミア人がヴァール化するかどうか、するとしたらどのような病態をとるか。また深遠なお題ですね。
          横アリライブが終わってから妄想考察させてください。

      • ウィンダミア女性のルンが一つしか頭部にないのは、もう一つ分のフォールドクォーツが卵巣か子宮頸部に蓄えられていて、妊娠出産時に子供に受け継いでいるのかもしれません。

  36. 今晩『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』のワルキューレ 3rd LIVE開催記念応援上映に行きます(8回目)。明日午前中仕事をしたら、「ワルキューレは裏切らない」に二日間参戦してきます。書き込み出来ないかもしれませんが、毎日チェックしています。

    • 今晩から日曜まで大忙しですね!
      わたしはワルキューレは裏切らないには参加出来ませんが、その代わりに友人をΔの沼に引きずり込むべく、激情版に連行する予定でいます。
      全くの白紙で観てもらうべきか、簡単な人物相関図や設定くらいは伝えておくべきなのか、どちらの方がインパクトあるかなぁと戦略を練ってます。
      その友人の中ではマクロスは7で止まっているので。

      お師さん、めいっぱい楽しんできてくださいね〜!

      • 情報があったらこちらにも通報しますね。

        • 今頃は大勢のファンの方々とともにルンピカしてるころですね。

          来場者特典、メッサー君の「カナメ…さん」とチェンジ!!!!!の美雲さんでした!
          メッサー君を召喚できて、わたしも絶賛ルンピカ中です。w
          一緒に行った友人はキースとロイドを気に入ってくれました。
          あ〜幸せ。。。

          • ライブは最高でした。
            次回作に期待して課金してきました。
            明日二日目も参加します。

            • ガチャガチャの課金誘発能力は凄まじいですね。ざっと計算しても億単位の売り上げではないでしょうか?かく言う私も、次回作の制作費に回ればと肯定的に考えてお賽銭して来ましたが、ガチャガチャ自体はタバコやパチンコの次の世代の物質依存に間違いありませんね。

              グッズは勿論、オペラグラスとサクマドロップまで、アリーナにあるものは大抵購入させられました。

              これで次回作がΔでなかったら、集団訴訟も辞さないですよ。。。なんちゃって

          • 来場者特典、殿は最高の引きですね!
            私もフレイアちゃんを1枚引けたのですが、残りは半分顔のないハヤテとイケボシーンに出てくるリガードちゃん(暗すぎて判明するのに小一時間)。中吉といったところでしょうか?

  37. ライブ最高でした。クールダウンするべく新横浜で旨い日本酒一人愉しく飲んでます。

    • 3月3日のデル魂イベントで99%(当社データ解析)、次回作もΔと発表されますね。楽しみですね。

      • ネイミングはΔを使わずにεとかωとか換えてくるかもしれませんが、ワルキューレは外せないでしょう。もしも外したら。。。2度と課金しません

        • タイトルは変わったとしてもワルキューレの活動は続きますよね。内容も絶対続編だと思います。
          ワルキューレのプロデューサーさんがマクロスから独立しての活動は考えていないと言ってたのも、Δとのセット売りで今後もバリバリ展開する事が決まってるからだと推測します。
          Δのお話をちゃん畳み終わるところまで展開してから、kalafinaみたいに活動すればいいんじゃないかな〜と。

          • 激情版を一緒に観た友人がキースを気に入ってくれたので、早速ΔのLINEスタンプを送って遊ぼうと思ったら、キースがいなかった…。
            仕方ないからキースをおびき寄せる為、撒き餌をしてやりましたよ。
            ひーとりふーたり3人いるよ、よーにんごーにん6人いるよ、7人8人9人いるよ、10人のメッサーくーん。
            そしたらロイドさんもと言われ、ロイドさんも10人ほど召喚してやりました。

            メッサー君のスタンプももっと欲しい…と欲望が止まらず、北斗の拳の綺麗好きなヒャッハーさんも呼んできちゃいました。汚物は消毒だー!とわたしのスタンプ利用歴がカオスなことになっています。

            • キースを気に入られるとはお目が高いご友人ですね。

              その歌、身につまされます。

              私が映画館に10回召喚されたのは、フレイアとみのりんごさんの特典につられたのではなく、劇場版の学術調査の為ですからねと、ロイドの様に言い訳してみる。

              • 10回はすごいです!
                わたしも日曜にまた2回観るつもりでいますが、それでも7回どまりです。

                上映期間的に明後日がわたしの激情版ラストになるのかもしれないと思うと、脳内でカナメさんが「今見た〜笑顔が〜最後の笑顔かもしれな〜い」って囁くんですよね。
                メッサー君の尊い横顔を拝む為だけにチケットをポチっとしちゃいますわ。
                いやいや、これもヴァールシンドロームの研究のため…。多くの罹患者を救う為に必要な投資なのです。。。
                そしてあわよくばメッサー君とキースのフィルムを…。モゴモゴ…

  38. お師さん、土日はお疲れさまでした!
    ワルキューレの皆さんもめっちゃパワーアップしていたそうですね。
    脳内はライブの様子がノンストップでループしている頃でしょうか?
    わたしも脳内にワル裏とチェンジ!!!!!が脳内ループしてます。
    そしたら5次元から妄想をキャッチしました。

    ①大損こいたベルガーさんの逆襲

    大量のドラケンⅢの貸し倒れにより、財団内で肩身の狭い思いをしているベルガーさんの起死回生の逆転劇を考えてみました。

    ベルガーさんはロイドカタツムリさんとの蜜月時代に遺跡の解析だけではなく、ウィンダミア人の寿命延長の研究にも一枚咬んでいたと思われます。
    新統合政府の経済制裁により、銀河規模の物流が制限されていた頃、医薬品など様々な物資をイプシロン財団から納入していたことでしょう。
    イプシロン財団の医療部門・製薬部門が一番ルンやウィンダミア人の体質についての研究が進んでいるはず。
    それを逆手にとって、ベルガーさんはルンを弱体化させたり結晶化を促進させるウイルスや特効薬を開発したりする可能性があるのでは?
    新統合政府やヴァール戦略でウィンダミアを憎む地方自治政府などにそれらを売り付けてボロ儲け。

    新統合軍率いる反ウィンダミア連合との戦いに疲弊していくウィンダミアを救うべく、立ち上がるケイオス。Δ小隊と空中騎士団の共闘ふたたび。
    そして彼らのピンチに颯爽と現れる謎の隻眼と眼鏡とモヒカン…!
    なんちゃって。

    ②光クラゲからもフォールド因子が?!

    ウィンダミア人のルンに含まれるフォールド因子は様々なホストの感情により発光してしまうように、光クラゲの発光も実はフォールド因子によるものだったりして…!
    TV版フレイアが歓迎会のおり、ラグナとウィンダミアが似ていると言ってましたが、それは光クラゲの風(フォールド因子)を感じていたのかもしれません。。。
    なんせラグナ人の転生したお姿ですからね、あなどれません。w

    • ウィンダミア人について考察すると際限なくなるのは何故でしょう。きっと公式の設定に対する科学的根拠の説明が少なすぎるからでしょうね。基本設定による縛りが少ないので、油断するとすぐに妄想が際限なく広がってしまう。劇場版でもう少し縛りがでたらよかったのですが、新たなピースは限られた時間の中ではありませんでしたね。次のテレビ版に期待しています。

      ウィンダミア人を研究することが、色々な薬の開発はもとより生命科学の発展に寄与しそうですね。ベルガーさんは転んでもただでは起きないタイプでしょうから、隠し玉を一杯持っていそうです。売り込みも上手そうですし、ロイド殿下の次は誰にすり寄るのでしょうね。

      隻眼とモヒカンの共闘は是非みたいですね。どんな強敵を設定すればいいかが問題でしょうけれども。

      確かに光クラゲもフォールド因子持っていそうですね。プロトカルチャー時代にウィンダミアを離れ、ラグナの海にフォールドクォーツを持ち込んだご先祖様がいるのでしょうかね。また一つ別の物語ができそうですね。

      • そうですね。
        暴走気味で困ったものです。
        久しぶりに初心に還って、ヴァールシンドロームついて考察をしてみました。

        アルヴヘイム壊滅時の回想では、血だけがカラーで他はモノクロームでした。
        あの見え方が心情的なものでなく、ヴァール化すると起こる色覚異常であるとしたら、錐体細胞の働きを抑える作用が起きていることになりますか?

        血だけは鮮やかに見える理由は、フォールド細菌(ウイルス)は次の宿主を探す際に血液を判断基準にしているのかな?と考えてみました。
        単純に赤色に反応するのではなく、他にも様々な要素が絡んでいるのだろうとはおもいますが。
        血液内のフォールド細菌(ウイルス)の濃度やセイズノール値から宿主の感染具合を探知して、健常者に襲いかかったりフォールド感染するのかな。

        • またまた難易度の高い考察有難うございます。着眼が流石です。

          アルヴヘイム壊滅時の瀕死のメッサー君の映像について。メッサー君の夢を現しているのか、過去の事実の描写なのかで解釈が変わりそうです。

          メッサー君の夢だとすると、自身を体外から視ている凶夢ですかね。ドッペルゲンガーを製作側が意識している可能性もありますかね?極度の交感神経系の刺激により、赤い波長しか脳が感じられなくなった状況もあるでしょうか?
          勿論、殿ご指摘のヴァール化による色覚障害は最も魅力的な説です。フォールド細菌にとって認識すべき色は白、黒、赤の3色で良いのかもしれませんね。光と闇(ブラックホール)と生命(赤)を認識してフォールド先を選択しているという仮説ですね。ヴァール化したメッサー君は視神経を始めとする脳神経もヴァール化したのでしょう。以前にも眼球の動きから動眼神経や滑車神経について考察した通りです。キースが隻眼になり感覚が研ぎ澄まされたように、インプットされる情報を絞ることで潜在能力を最大限に引き出す、フォールドという現象は究極にシンプルな気がします。白黒赤は絵の具や光の3原色ならぬ、フォールドの3原色なのかもしれません。蛇足ですが、日本人は晴れと褻のうち晴れに、この3原色の組み合わせを使いますよね。

          過去の事実の描写だとしても似たような考察になります。ヴァール化によりその場にいたメッサー君を除く全ての生命が喪われた訳ですよね。その状況下では、フォールド細菌が次の宿主に乗り換えるため一斉にアルヴヘイムからフォールドしたはずです。そこで生じたフォールド波の竜巻のような現象が3原色以外の色を雲散霧消させたという妄想です。

          では何故フレイアはルンで色を感じるのかですか?
          フォールド因子が結晶化して物質化したものが、フォールドクォーツですよね。プリズムが光を屈折させて分けるように、フォールド波の波長をルンに含まれるフォールドクォーツが屈折させ、フレイアの視神経に様々な色の波長に置き換えて伝播しているのではないでしょうか?

          殿の考察の最終部分もその通りだと思います。フォールド細菌は感染先の感染レベルを察知して、ニッチのない個体には感染しないでしょうから。
          いや待てよ。。。もしもフォールド細菌同士がニッチの奪い合いで戦い始めたら、それはそれで恐ろしい世界観が表出しますね。宿主の体内でフォールド細菌同士が戦うことがヴァール化・ヴァール症候群という妄想が沸々と。。。

          • 宿主の体内でフォールド細菌さんたちがドッグファイトしてるのも阿鼻叫喚レベルが上がって面白いですね。
            そうやってフォールド細菌さんたちもバトル・ロワイアルの果てにさらなる進化をするのでしょうか。

            この考察部分も4作目に盛り込んでおけばよかったなぁ。
            予告通りのタイトル詐欺なお話で、もう少し派手な演出にしたかったけど、筆力が追いつきませんでした。
            今回はソロリサイタル状態だったけど、次回があればユニットならではの圧巻のハモリを展開しようっと。

            • ツィッターの絵は殿のご指摘の通りです。ワル裏盛り上げのため、自爆覚悟で下手な絵を晒してしまいました。
              今みのりんごさんお渡し会の列に並び中(2周目)です。一人一人に笑顔で丁寧に対応されており、神対応に頭が下がります。

            • 4作目拝読しましたよ。美雲48のお話しですね。まとめ方も上手で楽しく読ませて頂きました。

              孤発性のヴァール症候群を発症した人類種が、医療船の様なスペースに多数収容された場合どうなるのでしょうか?
              公式では医療装置につながれたヴァール発症者が、顔面ピキピキで凶暴化してベッドに抑制されている画面が、テレビ版でも劇場版でも使われています。フォールド細菌が血管を破って血液や体液として体外に飛び出すのは、ホスト替えには一般的な手法ですよね。それ以外に自力でフォールドしようとすれば、それなりのエネルギーが必要そうです。ホストを乗り換えようと表在静脈に集簇してきたフォールド細菌さんは、虎視眈々と機会をうかがっているのでしょうが、周囲にも同じような同胞のフォールド波を感じたらどうなりますかね。ここはまずい環境だと認識して、アルブヘイムの惨劇再びになりそうです。

              医療船の限られた空間に押し込められた、ヴァール症候群個体に宿るフォールド細菌さん。どんなに厚い鉛の壁で隔てても、お互いに干渉しあうフォールド波を遮れそうにありません。

              風の歌い手の独唱か、4重奏以上で共振するワルキューレのフォールド波により、励起して不安定になったフォールド細菌さんも、無事沈静化して元の寄生臓器に戻っていくのでしょう。美雲さんは星の歌い手なので、独唱でも間に合いそうですが、フォールド細菌さんも多数のヴァール化ホストの中で共振していそうなので、様々なジャンルの歌で鎮静化させるべく美雲48なのでしょうね。48が登場するまでは、ヴァール症候群患者を収容した医療船は、エボラ以上のインパクトで全てのクルーが発症なんてこともあったかもしれませんね。

              48重奏をしたら、全宇宙からバジュラクイーンを召喚出来たりしませんかね

              • やはりあの研究所の職員たちはただ者ではないですね。
                MKM48がいるとはいえ、胆の据わり具合はハンパないですよね。

                美雲さんをルダンジャールの呪縛から守るにはどうしたらいいんでしょう。
                耳栓すればいい。というわけにはいかないですよね。
                MKM48の責任者はちゃんと点呼を日常的に行わないと、美雲さん達が好き勝手にラグナの市街地に出没しそうです。海中やら岩礁やら丘のうえやらで全裸で徘徊しそうで大変です。
                ベルガーさんがケイオスに顔出ししたついでに、2〜3人ほどかどわかそうとしてたりしませんかね。

                • 研究所の職員は人型監視装置つきロボット説がありませんでしたっけ?中にはミクモの決死研(ミクロの決死圏)に志願する猛者も含まれているのでしょうかね。

                  ルダンジャールはロイドが発しても機能することから、風の歌い手のフォールド波でなくても、単に聴覚を介せば良さそうですね。金庫のダイヤルやモールス信号の様に一音一音の響きが鍵を握っているのかもしれません。ケイオスは対抗策として、蝸牛をインプラントで置換する手術を2号機以降には施していそうです。ワルキューレの美雲さんはプロトタイプなのでしょうね。

                  医療船から脱出するには、最難関の脱出ゲームも真っ青な様々なゲートと番人が用意されていそうですね。或いは48にはクラゲ遺伝子を導入し、ラグナの大気や海水中では人類種の視覚神経に電位を生じさせない、いわゆる透明化処理を施しているのかもしれません。ラグナ市街で何か息苦しさを感じるときは、全裸の48に取り囲まれて押しくらまんじゅうされているのかもしれせん。妖怪の仕業とされた現象の多くは48の。。。またまた暴走モードに

                  ベルガーさんは当たり前に臓器売買も人身売買もしていそうですね。透明美雲を検知するスカウターも当然開発していそうですね。ケイオス側も対抗処置として、チームMi、チームKu、チームMo以外に多数の研究生を抱えていそうです。ワクチンライブに出れるのは総選挙を勝ち抜いた選抜チーム。。。

                  デル魂にワルキューレの5人が揃うことが緊急告知され、妄想モード入りました

                  • ケイオスの現ヴァールシンドローム研究所はAI研究員で占められていると思います。
                    でもヴァール研究の黎明期は、お師さんの言うように、レセプターではない普通の人間ばかりだったろうと思います。
                    全くの手探り状態のなか、とりあえずエボラ級の感染予防策を講じるも、フォールド感染によりプチ・アルヴヘイム化してブラックホールに遺棄される医療研究船が続出。。。

                    レディMはなりふり構わず美雲さんを製造しまくり、同時進行でAIの導入と生身の研究員を総インプラントしたのではないでしょうか。

                    美雲さんのイメージがどんどん人間離れしていきますね。
                    目からビームとか出しても驚きません。南斗水鳥拳も華麗にやってのけそう。あの長い髪を触手のように動かしても、美雲さんだからね!って納得しちゃいそうです。

  39. 以前殿から指摘のあったウィンダミア人はヴァール化するか仮説。

    今までヴァール化について、中枢神経系と腸管神経叢での変化、神経系から血管径への移行、最近形質からウイルス形質への形質転換、動脈と静脈の変化、凝固線溶系への関与、各周囲への沈着による複製転写への関与、テロメア仮説、小胞体ストレスなどなど沢山妄想させて頂きました。

    いずれも人類種の遺伝子、細胞、臓器レベルでの変化に関する妄想が多く、一部は劇場版の描写とも一致していました。

    ウィンダミア人のルンにはフォールドクォーツが含まれます。体内時計と時遺伝子のような関係はないでしょうか?ルンが中枢時計の役割を果たし(なんせクォーツですから)、他の体細胞の核周囲にあるフォールド因子を、オーケストラの指揮者宜しく共振させている。フォールド細菌が体内に胎児期からいても、生後感染したとしても、ルンの中枢時計により体内のフォールド因子は協調できている。最近の仮説でフォールド細菌同士のニッチの奪い合いをはじめとする不協和が、ヴァール化の引き金という仮説に則れば、体内に強力な中枢時計を持つウィンダミア人がヴァール化しない一つの仮説になりましょう。あとは殿ご指摘の通り、ルンを切られたり、加齢や更年期障害でルンの風が尽きかけたウィンダミア人はヴァール発症のリスクを負うかもしれませんね。

    ウィンダミア人のヴァール化症状については考察中です。

    • やはりウィンダミア人は凄いですね。
      一方、戦闘種族と名高いゼントラーディーの方々はフォールド細菌さんたちのいい鴨ですが。。。

      アーネスト艦長はハーフとはいえゼントラーディーの血を引いているわりに、風の歌への耐性が優れてますよね。
      ワルキューレの曲を日常的に聴いてるからというのはもちろんですが、ウィンダミアに駐留していた頃にウィンダミアアップルをいっぱい食べてフォールド因子を体内に取り込んでいたのでしょうか。運良く遺跡の水は接種せずにすんで、セイズノール化せずにフォールド因子だけ蓄積してたりして。

      • ゼントラーディーさんはマイクローン化できることから、細胞数が不変とすると細胞の大きさが100倍程度に伸縮自在と考えられます。それを可能とするために、植物細胞より遥かに液胞が発達しているのではないでしょうか?フォールド細菌さんにとっては、居心地よさそうな細胞内器官です。

        アーネスト艦長は100戦100敗という戦歴と、マイクローン化したままというところに鍵がありそうです。
        ゼントラーディーがプロトカルチャー時代から存在し続けられたのは、途中からフォールド細菌さんとの共存に成功したからというのはどうでしょう。マイクローン化は小型化した液胞がフォールド細菌さんにとって、コンタクトインヒビションによる増殖抑制に働く。長期間のマイクローン化はフォールド細菌さんにとっては、増殖に適する環境ではありません。
        更にフォールド細菌さんは、自己の繁栄のためには宿主のステータスをモニターして、常に勝ち組にフォールドすることで有利な環境を確保していそうです。そうだとすると、アーネスト艦長にフォールド細菌が定着し続ける確率は2の100乗分の1という低確率になります。
        フォールド細菌さんに愛想をつかされたアーネストさんは、レディーMからするとメッサー君以上に美味しい研究材料だったのでしょう。戦歴だけみれば不良物件である彼を艦長に抜擢した理由のひとつかもしれません。

        一方で、ウィンダミア人とフォールドクォーツ、ウィンダミアアップルの関係は以前に考察しました。

        • う〜むむむむむ。
          愛・覚えていますかだと、地球人のマックス(ミラージュのお祖父様)がゼントラーディーサイズになったりしてるので、細胞の大きさの伸縮率や液胞の具合は、地球人とあまり差はないかもしれません。

          とはいえ、地球人がゼントラ化するケースはゼントラーディーのマイクローン化に比べて稀だろうから、マックスだけ特異体質の可能性もありますね。
          Δではマイクローン化したゼントラーディーキャラがあまりいないので、次回作まで検証は持ち越しですかね。

          • すいません。過去作品の知識が決定的に不足しているので、頓珍漢だったら修正お願いします。

    • ウィンダミア人のヴァール化については、悲惨な光景しか妄想できません。
      初めより遺伝子の転写や細胞内情報伝達に優れるがゆえに、神経の伝播速度や、血管の収縮、弛緩速度も速いであろうウィンダミア人。ヴァール化による身体変化も高速に起こりそうです。結果、静脈出血などでは済みそうになく、体細胞レベルでの噴出が起こりそうです。同じ最期でもラオウのように肉体を留めるのではなく、大豪院邪鬼型のヒデプですね。転生先で防衛庁長官等への、真の意味での天下りが用意されていそうですが。

      • なんて恐ろしい。。。
        ベルガーさんがそちらに方向転換しないですむように貸し倒れ分の売り上げを支えてあげましょう。イプシロン製の商品がバカ売れするように、ステマして布教しましょう。

        • 我々の回しているガチャのカプセルに、財団のロゴが透かし彫りで、入っていたりしませんかね?アクリルパネル、缶バッジ、あらゆるグッズに財団のにおいを感じます。

          • ベルガーさんのしぶとさは恐竜時代から生き残っているゴキ○リに匹敵しそうですなね。

            今日も劇場版を観に来たんですが、隣接してるイオンモールが2.5次元になってました。
            覚醒した美雲さんに遺跡が破壊された影響でしょうか。
            時空の歪みが激しく、いろんな2次元キャラが目の前を闊歩して撮影会をしていらっしゃいます。さきほどはケイオスからもフレイア嬢がいらしていたようですが、ステージ衣装ではなく制服姿だったので勤務中に抜け出してハヤテとデートしてるのかもしれません。けしからん二人を鬼教官と死神殿が探しに来ないかな〜。
            あとパイロットスーツ姿のアルトさんもお見掛けしました。

            • 1日あたりの上映数が減ったせいなのか、2週目3週目よりお客さんが増えてるような印象…。
              ワルキューレライブ効果もあるのでしょうか。
              今回いただいた特典フィルムは、多分ゼントラさんの操縦しているリガードちゃんに襲撃を受けてる最中の市街地と、インメルマンダンス(ただしアラド隊長がミラージュに言われて確認したモニター映像)でした。
              小さすぎてどの場面なのかなかなか判りませんでした。先週のメッサー君のような幸運はなかなか起こらないものですね。

              • 本日2劇場で満席を確認しました。
                特典フィルム、ちょっとハズレ多くないですかね?

                コスプレ見たいです。

  40. 今日劇場版を観て気づきました。
    フレイアが密航船の中で、『ヴァール』と呟くことに。フレイアはウィンダミアの旧暦を使い、地球の音楽も聴けない村に住みながら、どの様にヴァールを知ったのでしょうか?

    • それ不思議ですよね!
      あと個人的に不思議なのが、カプセル内の美雲さんが全裸なのに、ボーグ君がぴくりとも反応しないことです。
      あやつ、実は画像を既にガン見していたのでしょうか。美雲さん、まだ3歳なのに…!

      • ワルキューレのオーディション日程などもですが、わたしが個人的に不思議に思ったのは、ウィンダミアから出てきたばかりのフレイアが船員達の異常をヴァールだと判断出来たことですね。

        ヴァール化した人々をそれまで見たこともない状態で瞬時にそんな判断が出来るものなのかな〜?と。
        ウィンダミアはヴァールの猛威には曝されてないし、中世ヨーロッパレベルの文化なうえにほぼ鎖国状態なので、空中騎士団や政治の中核を担う階級は把握していたとしても、農村の庶民階級まで情報が伝わるものでしょうか。都市伝説レベルの噂としてすら、難しいんじゃないかなぁと。

        フレイアがワルキューレに入りたくて、電波ジャックするなりして外部の情報を積極的に仕入れて猛勉強した可能性はありますけどね。
        もしそうだとしたら、猫耳星の遠足気分の潜入捜査や「リンゴ農家に謝れ!」の発言からの印象とはだいぶ離れた、現実的でしっかり者なキャラに変貌しそうです。
        フレイアの場合、ワルキューレについて調べたとしても歌や華やかな芸能活動方面に絞られていそうな気がします。他のオーディション参加者みたいに。
        ヒロイックなイメージは持っているでしょうが、その活動を支える地道な訓練(しかも歌とは無関係な軍事訓練)は全くの想定外じゃないでしょうか。
        同様にヴァールについても、曖昧模糊で実態の伴わない文字通りの記号としてのみの把握に留まっていそうです。
        もしもフレイアが事前にヴァールを理解しうるほどのしっかり者であれば、護身術程度には動けるよう事前準備をしていただろうし、第1話ではハヤテに護られるどころか、むしろハヤテを護って美雲さんばりの活躍を見せてくれたかもなぁ〜と思います。
        キャラが別人レベルで変わっちゃいますね。

        というわけで、フレイアがヴァールだとすぐに分かったのは、直感かあるいはヴァール=気が狂った化け物というゆる〜い認識がたまたま当たっただけなのかな〜と思ってます。

        • 闖入者に対して、何時もながら理路整然かつ、誰にも解りやすい解説有難うございます。またしても、私の言いたいことを全て代弁いただき、感謝に耐えません。不用意な書き方は良くないと再認識しました。

          テレビ版と劇場版で矛盾が出るのは当然で、それに言いがかりをつける幼稚な気持ちは毛頭ありません。今回の事は、直前に妄想考察していたウィンダミア人はヴァール化するかという問題を、根底からくつがえす可能性があるため、思わず考察や論拠を省いて呟いてしまいました。ヴァールとフレイアの関係は、殿の考察通りだと思います。今日も劇場版でフレイアのヴァールと呟く声色を確認してきましたが、我々の考えで矛盾はなさそうです。

          劇場版では密航船の中で、ヴァール化した船員がワルキューレの歌で血管拡張が戻り意識消失するのを目の当たりにして、「ワルキューレの歌が」と初めて歌の効果に気付く設定です。両者でヴァールを目の前にして、何故歌い出したかは、ここでは述べるまでもないでしょう。それでいながら、テレビ版と劇場版で共通してΔ小隊とワルキューレの関連性は知っています。これは、ワルキューレのライブでΔ小隊がエアショーをしている様子が、放映されていると考えれば納得できます。

          さて、下に小出ししてしまいましたが、何故フレイアはワルキューレオーディションのチラシを持っていたのでしょうか?レーブングラス村にチラシが配られた、なんて荒唐無稽な考えをする人は流石にいないですよね。そこでフレイアの持つ音楽プレイヤーの機能を定義する必要が有ります。どんなに有名とはいえ、50年前の愛覚から現在のワルキューレまでカバーするわけですから、カラオケのように配信を受けるか、far east networkのような宇宙局から発せられる波長を傍受しているかですが、無料な後者の可能性が高そうです。するとワルキューレオーディションの情報は、そこからとれたとして矛盾はありません。しかし、私が疑問としたのは、現在の皆さんでさえスマホの情報をいちいち紙ベースにプリントなんてしませんよね。フレイアのことだから敢えてプリントアウトして、枕元に張って眺めていたとしか、私には考えられないのです。殿ならどう考えられるのでしょうと言う投げかけです。

          中央政府の検閲から逃れられていたのは、リンゴで全国的に有名であろうレーブングラス村の村長さんが、フレイアを守っていた可能性が高いですよね。だから、早く結婚させて落ち着かせようとしていたのでしょう。

          殿との阿吽の呼吸は、持てるバックボーンの共通点の多さと、殿の深い洞察力に負うところが大きいのでしょうね。お陰で愉しく妄想考察させて頂いておりますが、余人には理解しがたく、多くの誤解も抱かせているのかもしれませんね。余り他人にこのスレを覗かれていないこと願います。

          • チラシにも考察の余地ありですね。
            フレイアはワルキューレに加入して、ハイテクなラグナ文化に適応してますが、他キャラのように付け爪デバイスを駆使したりハイテク機器を使いこなしてる描写がないので、基本的にアナログな方が落ち着くのかも知れませんね。
            わたしもアナログ寄りなので、路線の時刻表や気になる博物館の情報などはネットで検索した後、手帳に書き残したりしないと落ち着かないタイプです。
            とはいえフレイアはわたしよりずっと適応力はあると思うので、心情的ではなく必然性によるものかなと思います。

            ズバリ充電と情報規制です。
            地球文化を排除しようとする国の方針により、ハイテク機器に触れる機会があるのは国防を担う空中騎士団や行政の王家・民会、あとは一部の富裕層くらいだと仮定すると、
            バッテリーや電池などの消耗品をフレイアが入手するのは非常に困難です。
            よってソーラー電池と思われますが、ウィンダミアの地は寒冷なのでおそらく恒星との距離があって、いつも曇天のような寒々しい空で充電に時間が掛かるのではないでしょうか。
            また鎖国政策により、電波傍受は一般庶民階級には困難かと思います。
            あの音楽端末にはライトさんがあらかじめ様々なアーティストの曲をダウンロードしてあったのと、有線を聴けるラジオ機能がついていたと思ってます。
            ライトさんはそれをプロカル遺跡の調査の際に歌の力との関係性を診るサンプルとして使っていたんじゃないでしょうか。その中でフレイアに大きく感銘を与えたのが、あのレジェンド級の歌姫(&バサラ)なのでしょう。プラスの歌姫のシャロン・アップルは地球のマクロスシティをAIの力で乗っ取り・洗脳という大事件を起こしており、その事件以降の彼女の歌は洗脳要素を除外した物に変更されているらしいので、フレイアの琴線に触れなかったのかもしれません。
            そしてラジオ機能でワルキューレの歌に出会い、美雲さんのフォールド波たっぷりの声に魅せられた。生歌じゃないから効果激減であっても美雲さんの能力とフレイアのルンの相乗効果で、ワルキューレへの関心がダントツになったのでしょう。
            またフレイアの村は奇跡的に地球人と上手く折りあえていたようなので、村人の中にもライトさんからハイテク機器の扱いを教えてもらって、こっそり機器を譲り受けた人がいるのでしょう。
            その人達の協力のもと、政府の監視を掻い潜る機会を見つけては、電波を傍受・録音していたのではないでしょうか。
            プリンターもその村人宅にあるんじゃないかな。
            政府の電波検閲を怖れ、充電を常に気にする生活ならば、必要な情報を手早くプリントアウトして音楽端末を無駄に消耗しないようにしてもおかしくはないかと思います。
            フレイアの歌は村人にとってもかけがえのない宝だと思います。風の歌い手は人からも動物からも愛される体質のようですし。
            だからフレイアは村長さん始め村人皆からことのほか慈しまれていたと思います。だからこそ結婚話を世話したり、フレイアの夢を叶えるため密航を手伝ったりしたんでしょうね。

            • レーブングラス村の物語もスピンアウトにしたいものですね。

              ライトが村を訪れた理由は、リンゴの名産地は、地層にフォールドクォーツが多い可能性があり、調査対象だったのかもしれませんね。駐留新統合軍とウィンダミア人の良い関係は、テレビ版ウィンダミア潜入回で、アラド隊長が旧駐留基地でカナメさんに見せる写真で示唆してますもんね。

              ライトがフレイアに渡したデバイスには、音楽機能の他に逆探知機能も現在のスマホと同様にありそうですよね。歌の力でフレイアが何れ村を離れて、歌姫になる素材だとライトは看破していたのかもしれません。その時はフォローするつもりだったのかもしれませんね。自分が無理なら息子に託そうと、フレイアデバイスの受信機のひとつがハヤテのクォーツのペンダント部分にも有るとする妄想です。テレビ版最初の、ハヤテがフレイアを発見する理屈になります。

              劇場版ではハヤフレの出会いを、フレイアの生体フォールド波をハヤテが機器で検知するという、万人が理解しやすい設定に書き換えました。テレビ版では最終盤でライトを介するハヤフレの三角関係を描いており、遥かに想像の余地の多いΔのコンセプトにあった描きかたで私は後者が好みです。

              フレイアのデバイスについてもまだまだ妄想の余地がありますね。

              フレイアとハイテク機器の相性については、殿の考察通りです。ジャンプ力で身体機能の高さを描きながら、コンサートや遺跡への着地シーンで逆噴射装置を使いこなせない、ずっこけシーンを一度ならず描いてますもんね。

              • フレイアが故郷を思うシーンって、直接的な描写は少ないような気もしますが、こうやって考えていくとちゃんとフレイアと故郷が密に繋がってる感じがしていいですね。

                村人達はフレイアのデビューライブなど、きっと電波傍受していて、フレイアの故郷の皆への思いも歌を通して伝わっていたんだろうなぁ。
                「ウィンダミアにも歌を届けられるかもしれん」という台詞にはそんな背景もあるかもしれないですね。

    • フレイアはワルキューレがヴァールを鎮圧するユニットと知ってるからある程度は情報が入ってきてるんだろ

    • 国(星)は新統合政府から経済制裁を受け、情報統制も行われていることでしょう。旧暦でリンゴ農家をしている村には、ライトが訪れなければフレイアも地球の歌を聴けなかったわけで、星団や銀河の情報も伝わらないであろうと思われます。フレイアがワルキューレオーディションのチラシを持っていることにもテレビ版から違和感がありましたが、どのように解釈しているのでしょう(もちろん仮説はたくさん持っていますよ)。空中騎士団に選ばれるエリートがオノレワルキューレと叫ぶ国政の中、オーディションの通知が国内に流布されることは矛盾だらけです。そこで、音楽プレイヤーからフレイアが情報をとりプリントアウトしたと考えるのがありがちですが、ジャミングの得意なウィンダミア政府が検閲なしにワルキューレオーディションの情報を村で通信可能にしていたのかと。。。まあ人がどう考えようと、どうでもいいんですけどね。

  41. 昨年の9月19日に前スレに投稿させて頂いてから、途中中断はありましたが、殿とのやり取りが再来週で半年になりますね。
    ネタが尽きないのが不思議ですね。ルンが尽きるまでよろしくお願いします。当時はΔの劇場版も、ワルキューレの3rdライブも告知される前でしたね。いつΔの続編が発表されるか楽しみですね。

    前スレが投稿していないのに未だに月間ランキングに載っている反面、毎日連投しているこのスレが週間ランキングに挙がらない(その事自体はありがたいです)のが不思議です。どういうシステムなのでしょうね(薄々気付いているのですが)?

    • 半年になるんですね。
      もっと長く経ってても違和感ないくらい、濃密に楽しませていただいてます。
      一人ではTV版Δを美味しく消化できずに、おのれ公式、おのれインメルマン…とメサロス→モヤモヤ→イライラ→ヴァール化→でもメッサー君は至高の流れを繰り返して内臓・筋肉・血管がボロボロになってたでしょう。前スレでお師さんに思いきって書き込みして良かったです。
      これからも楽しく考察妄想していきましょうね。

      • 劇場版の感想文もそうですが、テレビ版のレビューは読むとサルトルさん並に嘔吐を催す酷い物だらけでした。通信デバイスによる恩恵を自己の能力と錯覚し、情報強者を自認する歪んだ勘違いに支えられた、似非評論家の跳梁跋扈する現在の潮流に辟易していました。それでもワルキューレの活動を終わらせたくない一心で、レジスタンスのようにΔを支援する駄文を認めていました。

        そんな折、殿との奇跡的な出会いがあり、製作側が意図したΔの真の楽しみかたを享受できました。と同時に、リアルワールドでも願いがほぼ全て叶っていきます。みのりんごさんに、この前それ書いてらっしゃいましたねと言われた時には、どこまで気付かれているのかドキッとさせられたものです。当に殿がPixivに投稿された、気付かれてはいけないを地でいった感覚です。

        リアルワールドでは、マクロスの新作がΔかfか合作かは、ファンの財布次第と思わせられる形で協賛企業が動いています。Δ単推しの私としては、監督の構想とやりたい事を推理したいところですが、Δとf以外の理解が欠如しており殿の考察が頼りです。

        これからもお付き合いいただければ、至福の時が続きます。

        • Δはかなり酷評されましたもんね。
          特にF至上主義者かな、ひどい書き込みをしている方に多かった印象です。
          ヴァールがバジュラ由来という設定だけで頭ごなしに非難してる方がいたなぁ。
          F由来の事象にマイナス面がほんの僅かであっても発生することは許さない!って感じで、ずいぶんと狭量なモノの見方をする人だなぁと思ったことがあります。
          科学力が発達して生活レベルが向上する半面、地球温暖化や森林減少などの社会問題が深刻化するとか、
          誰かが幸せを享受するのと背中合わせで誰かが泣いてるとか、
          どんな事象にもプラスに働くこともあればマイナスに働くこともあるし、全てが人類に都合のいいように働くわけでもないのに。。。
          新たな問題や天災が発生しても、それに対して人々が真摯に立ち向かってきたから人類の歴史は発展してきたし、そうやってドラマは生まれるのに。
          ΔスタッフがF越えに目標値を置くことも当然のことだし、その事がFをないがしろにしているわけでもないのに頑なに受け入れようとしないんですよね。

          全部の作品のそれぞれの良さを愛してるファンの方々の鷹揚なスタンスを見習うべきだろ、と呆れかえったものです。
          Δのファンの方々も酷評されるあまり、Δを護ろうと必死で頑なになっちゃいますし、悪循環ですよね。
          他の作品を推してる作品ほどには愛せなくても、その作品にはその作品なりの良さがあると認めるくらいの寛容さはお互いに必要だなぁとつくづく思います。
          そもそもマクロスが異文化や異種族との邂逅・相互理解をシリーズ通して描いてるのに、ファンがこんなていたらくでは監督達のモチベーションが下がっちゃいますよね。
          そんな不毛な争いしてないで、各自、推しの歌を聴けー!!!って感じですね。

          • 殿のご指摘通りです。

            多様な価値観を認めない為政者が教育すると、自分の意に添わない者は徹底的に否定したり、集団でディスる事でしか自己を保てない、それでいて他者からの批判に対しては過敏性が高く、過剰に反応する病的な気分障害者が激増してしまい困ったものです。

            テレビ版には沢山の考察甲斐がありましたが、前作の成功に舵を戻した劇場版は、エンタメ性から評価を上げましたが、テレビ版のような妄想の楽しみは激減してしまいましたね。

            • お師さん、Δへの愛をずっとずっと叫んできましたもんね。過剰な酷評が並ぶなか、挫けず品位を損ねることなく一貫してらして、Δやワルキューレを支えるその献身的な姿勢をずっと凄いなぁと思ってました。
              3rdライブを含む一連のイベントを駆け抜け、心にぽっかりと穴が空いてしまったのでしょうか。ワルキューレロスが深刻な状態のようですね。あるいは、わたしの不用意な物言いがお師さんを傷つけてしまったのでしょうか。
              ここ一週間ほど、あの第3者の予期せぬ書き込みより以前から、お師さんが情緒不安定になってる様に思えて、ずっと気を揉んでるもののどうしたらいいのか分かりません。

              過剰にΔテレビ版を叩く意見やワルキューレの今後の展望にネガティブな意見には、今は目を向けないでくださいな。
              メッサー君の死に沈むあまりハヤテの言動に過剰反応を起こしていた以前のわたしの様に、悪気のない言葉ですらも突き刺さるように痛いのに悪意を発するコメントなんてあまりにも毒です。
              お絵描きや楽しかったイベントを思い出して、どうか心を安らかに。
              ご自愛くださいね。

  42. まずい!
    圏外からいきなり週間ランキングの3位にされてしまいました。人目に晒されないよう、早く落としてください。

    • わたし達の考察はとかく長文なので、書き込む方はあまりいないかと思いますよ。
      荒らしや冷やかしはわたしも嫌ですし、毅然と追い返してやる!と内心ファイティングポーズを構えていますが、疑問に対し真摯に向き合う方にはどうか優しく指南してあげてくださいね。
      わたしもお師さんの考察や作品への愛情の深さに救われたクチなので、疑問を一人で抱え込まずに一緒に考えてくれる仲間がいる楽しさを、そういう方とは共有したいと思ってますので。

      • そうです。
        2人で色々な考察や妄想、時に暴走していたら、いつの間にか半年近く経っていたわけです。
        根底にあるのはΔ(ワルキューレ)に対する愛着なので、同じ気持ちを持つ方でしたら歓迎します。2人では辿り着けない新たな考察や、妄想の世界が拡がるかもしれません。ワルキューレの様に5人揃ったら5次元の世界へ旅立てたりして。

  43. 世間がワルキューレロスで沈没しないよう、矢継ぎ早にワルキューレメンバーの告知が続きますね。決して商業主義の賜物とは微塵にも思わず、素直に満喫させて頂きます。劇場版も今週終了予定でしたが、呪いが通じて新展開が発表されてほっとしました。春休みには大人達が私のように幼子を、ド○エモンでなくマクロスに連れていって欲しいものです。ジークフリードや、ドラケンのプラモもねだってくれるので、1石3鳥位は保証できます。

    今の悩みは、始めたばかりのお絵描きに割ける時間が、仕事中くらいしかないことです。

    • 最近はすっかりお絵描きに時間と労力を割いてしまい、考察してないですね。劇場版が燃料投下してくれなかったので停滞します。

  44. ここの考察が凄いので投稿します。既に出ている話でしたらごめんなさい。

    劇場版でフレイアが潜んでいた船の乗組員やメッサーがヴァールになって大量出血していますが、ヴァール化は時間経過や発症段階によって死に至る症状なんでしょうか。
    今まで理性が消え暴走状態、洗脳状態に陥りやすいとしか認識していませんでしたが、直接的に死亡リスクが高いのか?と疑問に思っています。

    • こんにちは。
      ヴァールシンドロームの病態については、わたしもお師さんも夢中になって妄想・考察してます。
      詳しくは現在月間人気ランキングのコメ欄の真ん中あたりからお師さんが考察を披露してくれてます。そのスレが容量が重くなって投稿しづらくなり、こちらのスレを勝手ながら間借りして続けてるところです。ヴァール以外にも結晶化やウィンダミア社会などにも関心が向いて、雑多な感じになってますが、良かったら読んでみてくださいね。

      とりあえず、かいつまんで説明しますね。
      ヴァールシンドロームには急性型と慢性型があり、メッサー君のケースは慢性型に分類してます。
      その為メッサー君はアルヴヘイム壊滅時にかろうじて命をとりとめたものの、身体はヴァール化することをメモリーしてしまい、怪我による出血が引き金になって、ヴァール化が再発してしまった。
      ヴァール化には理性消失・洗脳しやすいという特徴のほかに、筋肉肥大・血管拡張・身体能力マシマシという身体的特徴がTV版で明らかにされています。
      リミッターを無理やり解除してフルスピードで暴走する車をイメージしてみてください。
      ボディもエンジンも消耗が早くなり、あっという間にボロボロになりますよね。
      メッサー君も度重なるヴァール化により火事場の馬鹿力を無理やり引き出され、筋肉も血管も内臓も身体の組織のほとんどに無理させた状態になりました。
      その結果、静脈の血管はボロボロになり、使い古したゴム管が弾力をなくしてひび割れを起こして水漏れを起こすように、メッサー君も全身から出血したと考えています。
      なおその様な症状を起こす理由としては、ヴァールシンドロームの原因であるフォールド細菌が、次の宿主へのホスト替えをする狙いがあるとわたし達は考えてます。
      エボラ出血熱みたいに血を周囲に撒き散らして体液感染させるわけです。
      さらにはフォールド細菌は宿主を操り、暴動を起こさせたりもします。

      ロイドさんのニューロネット構想にも、フォールド細菌の影響が見え隠れしており、わたしはロイドカタツムリと呼んでますが、その辺りの考察もしてますので、関心があるようでしたらぜひ読んでみてくださいね。

      長文ですみません。

      • 前スレは月間人気記事ランキングの第3位の「マクロスΔ 残された謎・伏線等の整理と考察まとめ」です。
        途中までしか書き込んでませんでしたね、すみません。

        • ご返信いただきありがとうございます。御二方からご意見貰えて嬉しいです。

          ヴァール化による身体的消耗はあれど直接的な死亡リスクが高い症状という訳ではなさそうですね。ワルキューレと共に戦場の最前線に居続けたメッサーが特殊な例なんでしょうか。

          必ず死ぬ病気ではないなら、新統合軍は各惑星を管理する為にヴァール化と風の歌による支配を本気で欲しがりそう……。ウィンダミア人がヴァールになるか微妙なところがよく出来た設定だなぁ。

          • わたしの説明はいわば入門編。
            抜けてる部分がたくさんあるので、ぜひお師さんの考察を読んでみてくださいね。

            メッサー君のケースは非常に稀だろうなぁと個人的には思っています。
            彼の強靭な肉体と鋼のメンタルがあればこそではないかと。
            お師さんが以前、「あまりの苦しみに自死する道をとらざるを得ないのでは?」とヴァール罹患者の暴動について考察しています。
            急性型のヴァールの場合は筋肉肥大・血管拡張・胸の痛みなどが一度に押し寄せ、一気に崩壊へ向かうのではないでしょうか。
            暴動の際に殺されず、ヴァール化を鎮静出来ない場合は発症から数時間後くらいで全身からの出血死になっているかもしれません。
            根治療法が確立されていない現段階では遅かれ早かれ死に至る病だと思います。
            激情版も作中で内臓がボロボロと言われていたように、メッサー君は多臓器不全も併発していたと思うので、あのラストフライトがなくとも余命はもって数ヶ月だったのかもしれません。

            ただし、洗脳された猫耳軍人のような筋肉肥大まで起こさない軽症タイプのヴァールであれば、肉体への負担はメッサー君達ほどではないので、余命への影響はそれほど深刻ではないのかもしれませんね。
            肉体が強靭で長寿といわれるゼントラーディーの方々ならヴァールで身体に負担を強いても地球人レベルの寿命は残るかもしれませんが。
            新統合軍は欲しがりそうですね。
            風の歌い手は手に入らなくとも、上位の星の歌い手である美雲さんを手に入れれば可能でしょうから。
            (TV版も見ていらっしゃる前提で話を進めてしまいましたが大丈夫ですか?支障があればおっしゃってくださいね。)

            あぁ、お師さんの書き込みが待ち遠しいです。
            わたしの拙い理解力と伝達力では頓珍漢なことを発信していそうで、内心ヒヤヒヤしてます。

            • ヴァール化に関しての考察のかなりの部分は書いてしまいました。ウィンダミアに次元兵器が投下された2060年にヴァール症候群が初確認されたと公式に有ります。勘違いされている方が多いですが、ウィンダミアがヴァール化を利用したのは事実ですが、必ずしも悪用とは評価できないのです。初期のヴァール症候群は、冒頭の民衆を巻き込む自爆行為や、ベッド上で鬼気迫る形相をした患者として描かれています。私はこれを自然発症ヴァール症候群の典型像と考えました。

              症候群という事で、上で殿が述べられた血管、筋肉等の症状と、中枢神経症状がしっかりと描かれています。血管系の変化として描かれているのは、表在静脈の異常な拡張です。急性のヴァール化では急激な血管拡張により血液が噴出する描写があります。メッサー君や猫耳惑星や新統合軍の慢性ヴァール化では、静脈壁は繰り返される進展刺激で出血しにくくなっていますが、ひとたび破綻すると線溶系の亢進により大量出血を来すことは、メッサー君を通して描かれています。静脈に大量の血液がプールするため、動脈血流や臓器血流は虚血に陥ります。メッサー君が頭を痛そうにしたり、ハヤテが胸を押さえるシーンは脳表の静脈拡張や心筋虚血として説明可能です。繰り返す臓器虚血でメッサー君の内蔵はボロボロですが、これも公式に述べられています。

              筋肉のパンピングも血流の異常分布で説明がつきます。ただし、身体能力の向上は筋肉の腫大(肥大ではない可能性が高い)では説明がつかず、恐らく血流から神経系へ移行したフォールド細菌(繰り返し描かれる例のシーンがその暗喩ではないでしょうか)が神経伝達速度を加速化することが、感覚拡張現象をもよく説明付けます。

              中枢神経症状としては色々な病態や機序を仮説としてあげてきました。初期のヴァール症候群に見られる凶暴化は、ニューロンレベルでは新皮質の抑制による脱抑制や、扁桃体機能の異常などで説明つけられます。本質的な病態として私は最初からアストロサイト仮説を開陳していますが、これは長くなるので割愛します。

              一方でヴァール化により風の歌によるマインドコントロールが可能であることを、ロイドが突き止めます。作中では脳波がΔ波レベルになることを機序としてあげました。風の歌ではヴァール化した個体でより有効ですが、星の歌では全人類種レベルで有効です。ウィンダミアのしたことは、新統合軍の圧政から真の独立を勝ち取るため、球状星団の兵士をマインドコントロールにより配下に置く戦略です。その過程で、ゼントラや、新統合軍の一部は脱抑制から初期のヴァール症候群の様に破壊行動に走ります。しかし、猫耳惑星で無血降伏に成功するように、ヴァール化プラス風の歌の本体はマインドコントロールであり、凶暴化や殺戮行為ではないのです。

              長くなるので一旦切ります。推敲してません。

    • 殿が上で述べられている内容が、解りやすいと思います。
      前スレの9月19日に私の最初の投稿が始まっています。ご質問の内容については、そちらで考察と言うか妄想しています。ご覧いただければ幸いです。
      徐々に殿と2人で長文のやり取りになるにつれ、他の方の投稿が無くなりました。

      ヴァール症候群やヴァール化による中枢神経系の変化と、動静脈の変化や、血液の凝固線溶系の変化に始まり、フォールド細菌との関わりなども色々考察や妄想を述べさせて頂きました。文章も専門用語も、突飛な発想も解りにくい事が多いと思います。殿が敷衍してくれているので助かっていますが、ご指摘いただければ私も極力解りやすく書き換えたいと思います。

  45. ルダンジャール・ロム・マヤンの有資格者について考えてみたんですけど、星の歌い手を強制的に従わせることが出来るのって作中キャラだとロイドさん、ハインツ様の他には誰が該当するんでしょうね。

    遺跡を起動するには風の歌い手が必要なように、あの呪文による強制力を発動出来る者も限られてると思うんですよね。
    ルダンジャールを唱えればウィンダミア人なら誰でも美雲さんを操れるとかだと、核兵器のボタンを誰でも自由に押せるような恐慌状態になっちゃいますよね。
    遺跡のルンのコンセントがツインテール対応型なところに着目して、ツインテール型のキャラだと上記の二人以外だとグラミア王とハインツ様の小姓のお子様二人くらいでしょうか。
    ルダンジャールの言葉の意味としてはグラミア王は妥当ですが、小姓二人は…?
    王族とはいえツインテール型ではないキースでは?
    (キースが遺跡と連結しようとした場合、ロイドさんと違って無理な態勢になり、苦戦する図が思い浮かんで少し笑ってしまいました)

    そうやって考えていくと、改めてロイドさんが殿下呼びされていたことが気になります。
    お師さんが以前考察されたように、やはりグラミア王の息子なんでしょうか。あるいはロイドママンがグラミア王の実姉(妹)なのかも。
    とりあえずロイドさんは王家の血を濃く受け継いでるように思います。
    ブレーム家は代々遺跡を護る神官の家系なので、定期的に王家の姫が降家してる可能性はないでしょうか?王家との繋がりを絶やさない為に。
    ラ○ュタのムスカ氏とシータお穣様みたいに元を辿れば一つの王家だったかも。古代の王朝って神官やシャーマンが政も担うパターンが数多くありますよね。やがて国政と宗教を分業させ、分家してブレーム家が生まれたのかも。。。
    かたやキースは側室腹でアシンメトリー型のルンなので、キースママンはロイドママンよりずっと身分の低い出なのでは?
    城に出入り出来る程度に上流階級な貴族なのか、あるいは城勤めの女官だったとか。(その場合でも王妃付きや王女付きの侍女なら地方貴族の令嬢くらいには地位が高そうです)
    身分違いの恋、もしくはグラミア王がフラッとその気になってお手付きになった…など妄想が膨らみます。
    とはいえ、グラミア王の風の歌い手を熱望するあまりの子だくさん政策により、キースママンとの蜜月は長続きしなかったとかなんとか。。。

    美雲さんのルダンジャール問題から脱線しまくりの妄想が炸裂してます。

    • 蛇足というか付けたしですが、キースよりロイドさんの方が王家の血が濃く、キースはアシンメトリー型のルンだった為に、グラミア王からは長男でありながら王位継承者としては始めから見限られ、保険に過ぎない扱いを幼少期からされたのではないでしょうか。
      キースママン激おこな事案かと思います。
      一方ハインツ様は近親婚由来の弊害で病弱だったりして。

      風の歌い手として命を削る歌を歌い続けたことが、ウィンダミア人としては比較的虚弱体質なハインツ様に更なる追い討ちをかけて、遺跡のパワーがまだ強くないうちから歌うたびに寝込まなくてはならないほど、重篤化したのではないでしょうか。

      • 殿、ただいまです。横浜、浦和、上野とヴァール発生地域を連戦したため、ワルキューレの歌があったとはいえ危うくヴァール化するところでした。

        ロイド殿下の血筋問題については以前考察しましたね。前に述べたロイドは王家の血脈説に一票です。ルダンジャールの呪文を一子相伝とするには、短命と近親婚による脆弱性の問題もあり、保険をかける意味でも王家だけでなく神官の家系にも伝承したのでしょうね?神官の家系が星の歌い手の細胞の眠る遺跡を護る任務と、呪文の伝承という両方のマスターピースを担っているとなると、今回のロイドの様な暴走を止める装置が必要になりますね。ライトが盗めて神官の家系が手を出せないとすると、星の歌い手の細胞が眠る祭壇(の様なものでしょうか)のある空間には、体内にフォールドクォーツを宿すものが入れないような、アンチフォールドクォーツ発生装置でもあるのでしょうかね。

        余談ですが『ル だ ン じゃ ール (れ) ロム・マヤ ン』  ル・ロの間に”ラリルレロ”の”る”と”ろ”の間の”レ”を挟むと。”だじゃれ”の文字が浮き上がります。そこからロム・マヤを引くと、ウィンダミア人の”ルンルン”が浮き上がります。ロム・マヤはいかにもいろいろな意味にとれそうな音ですね。
        呪文と言えば黒井ミサの「エコエコ。。。」の古賀先生がお亡くなりになられましたね。良いマンガでした。黙祷

        ウィンダミアの遺跡が神官により守られているのに、もう一つプロトカルチャーが重要なキーとした遺跡である、ラグナの遺跡が末裔の人類種に放置されているのはおかしいと思いませんか。
        ラグナの海中遺跡を護るのは、クラゲとウミネコなのかもしれません。光クラゲの空中への浮遊はフォールド因子によるとする仮説です。因みに、ウミネコが海中で人類種を寄せ付けない動きをするのは描かれている通りで、やつらもあのスピードを出させる根源はフォールド因子だったりして。

        バレッタクラゲは実はフグの様な猛毒を持っており、適切な処理をしないと食中毒で人命にかかわるというのはどうでしょう。干物にしたり、加熱調理で毒性を抑えているのでは。すると、レイナの様に丸呑みして大丈夫なのかという話になりますよね。そこでフォールド因子受容体を高発現する個体では安全という機序(詳しくはまたにします)が働くわけです。食べ続けることでさらに因子を強化できるのかもしれません。カナメさんも売れないアイドル時代に、ゲテモノ食いでかなり食べさせられたのが、結果的に幸したといえるかもしれません。ワルキューレも下積み時代にたくさん食べさせられていたかもしれません。マキナがレイナと一緒に食べたがらないのは、下積み時代の食べ過ぎで飽きてしまったとか。美雲さんがしょっちゅう水中でクラゲに囲まれて生活しているのも受容体を常に活性化させ続けるために必要なのかもしれません。フレイアはウィンダミア人なので例外。

        • お師さん、おかえりなさ〜い!

          星の歌い手の細胞が安置されている祭壇にアンチフォールドクォーツ的な発生装置があると仮定した場合、ウィンダミア人がプロトカルチャーに無断で星の歌い手をルダンジャール出来ないから一安心ですね。

          この説で考えていくと、プロトカルチャーはウィンダミア人とは違い、フォールドクォーツを体内に持たない人類種であると言えそうですね。
          プロトカルチャーにより、多くの人類種が存在するマクロス世界ですが、フォールドクォーツを含有するのはやはりウィンダミア人だけなんでしょうね。
          フォールド断層を超えて、ウィンダミア星に到達出来るのはプロトカルチャー以外にはいなかったでしょうし。

          星の歌い手は元々はどの人類種に属するんでしょうね。プロトカルチャーの中から人体実験して作られたのか、地球人やゼントラーディー、ウィンダミア人などの亜種を改造したのか。
          生物兵器としてとんでとない威力を持つ美雲さんの体内にはフォールドクォーツは内蔵されてないんですかね。ケイオスの医療研究チームの最高機密の一つとして、美雲さんにはウィンダミア人もびっくりするほどの良質でドでっかいフォールドクォーツが内蔵されてる、なんて診断が出てる可能性もあったりして。

          ラグナの海中遺跡も、ラグナ神話を分析したら、遺跡の守護者とかクラゲやウミネコとの関わりも明らかになるかもしれませんね。ウミネコをいじめると婚期が遅れるという言い伝えも、遺跡の守護者に仇なす者に天罰がくだることを示唆してるのかも。

          クラゲとレセプター因子の考察、楽しみにしてますね。ワルキューレのソロパートの割合的にレセプター数値はレイナ>マキナの可能性もありますし、レイナのクラゲ愛が功を奏してるのかもしれませんね。

        • またまた妄想しました。

          ヒト型フォールド因子受容体と、(バレッタ)クラゲ型フォールド因子受容体は、シャペロン蛋白並みに異種間の相同性が高いが、多くの人類種はクラゲ型を取り込んでしまうとアナフィラキシーを含む、食物アレルギー型の病態を生じてしまう。レイナなど一部の人類種は両者に特異的な3次元構造部を変換する、フォールド因子受容体変換酵素を持っているというのはどうでしょう。それによりクラゲを摂食し続けることで自己の受容体を増やすこともできそうです。

          クラゲを生で丸のみすることがポイントなのでしょう。噛んでしまうと毒素が出てしまうので、まさに傷つけずに丸飲みするのが要諦のようです。咽頭喉頭部で飲み込まれるのに抵抗するクラゲが、喉頭蓋に触手をひっかけてフォールド波を発し、それをレイナの声帯が吸収していく。
          別のパターンとしては、上に示したように、生で変性していないクラゲ型フォールド因子受容体を、消化管の変換酵素でヒト型にして吸収して自己のレセプターを増やす。
          或いは、ゴキブリで例があるらしいですが、バレッタクラゲもレイナの消化管で消化されずに、フォールド因子だけをレイナに吸収されて、生きたまま排泄されるというのもありかもしれません。

          • ゴキブリの例が気になって仕方ありません。さすが生命力抜群のゴキさんですね。口内から肛門までの一本道を旅してきたゴキさんがトイレでスイスイ泳いでいたのでしょうか。
            クラゲにもゴキさんレベルの生命力を期待したいところですが、「もう丸飲み出来ない、メッサーかもしれないから」というレイナ姐さんの言からすると、クラゲさん達はフォールド因子以外もしっかり消化・吸収されていそうな気もします。

            レイナ姐さんはクラゲを丸飲みする際、フォールド波をのどでヒリヒリ感じて、その刺激がやみつきになってるのかもしれませんね。

            生クラゲの丸飲みがイレギュラーな調理法だと仮定した場合に気になるのが、ラグナ人達です。
            地球人と邂逅する以前の、海中を主な生活圏としていたラグナ人にとっては、生食や丸飲みは割とメジャーな調理法とは考えられませんか?
            水陸両用型の人類種だから、昔から陸地で美味しく調理して食事をしていた可能性もありますが、加熱調理や味付けをする文化はいつ頃生まれたのだろう、と考古学・民俗学的な側面からも妄想を拡げたくなります。
            地球人やゼントラーディー、ゾラ人には消化酵素がないけれど、ラグナ人と一部のフォールドレセプター保持者はクラゲのフォールド因子を取り込むことが出来るというふうでは如何でしょうか?

            • 丸飲みされたクラゲがゴキさんの様に消化されずに生還したら?
              便器がクラゲだらけになり詰まる、おぞましい光景が目に浮かびます。排水溝の詰まりは、ハヤテがバイト経験から処理しそうです。ラグナのトイレは海に開放されている、昔ながらのタイプもありでしょうか?いずれにしても、ゴキ説は万人受けが難しそうです。

              蛇足です。劇場版ラストの「もう丸飲み出来ない、メッサーかもしれないから」のセリフですが、劇場版ではレイナ姐さんの「生で丸飲み」のシーンもセリフも確認できませんでした。テレビ版未視聴の方にはどのように響いたのか、少し気になっています。
              ヒリヒリ、チクチクなどの表現は、生クラゲ丸飲みの際に咽喉頭でフォールド波を感じる表現としてもぴったりですよね。レイナ姐さんは歌のフォールド波もそのように表現しますから。

              ラグナ人のクラゲの生食説です。
              日本で行われる白魚の踊り食いも、よその国の方は残酷だと非難されますよね。民俗学的には、クラゲを神様と祀る信仰が示唆されるラグナの民ですから、踊り食いなど恐れ多くて忌避されそうです。レイナ姐さんが裸喰娘娘で丸飲みできるのは、自称「ルール無用の女」であり、チャックがかなりの便宜を図っているからかもしれません。テレビ版一話の3号機同乗シーンの会話でも、何とかレイナ姐さんに調理したクラゲ料理を食べさせようとする、チャックの涙ぐましい努力が描かれていたのかもしれません。
              考古学的には、プロトカルチャーは星の歌い手によるハルマゲドンの成立要件として、風の星(ウィンダミア)と水の星(ラグナ)の遺跡の連動を用意していました。ウィンダミアには結晶化したフォールドクォーツが存在しますが、それと対をなすラグナではどうでしょう。空中浮遊能力のある光クラゲに、フォールド因子の存在を仮定したくなります。ラグナでは神殿は海中にあり、初期のワルキューレの歌には反応しませんでした。結晶化の対をなす、可溶性のフォールド因子と受容体。フォールド因子受容体については、以前に私は可溶性レセプター説をとりました。ラグナではフォールド因子や受容体は水溶性で、普段は空気のように感じられませんが、年に一度のクラゲ祭りの日にクラゲの発光現象を通して人類種にも可視化されると考えてみました。ラグナ人は長い進化の過程で、(水溶性)受容体を獲得している個体がいることはリディ・ル・グローンさんで証明されていますね。この仮説通りとすれば、受容体の吸収は首にある鰓構造からの可能性が高そうです。

  46. ヴァールさんとウィンダミア人との関係性でちょっと気になる描写があるんですけど、

    激情版貨物船乗組員がヴァール化した時、フレイアを襲おうとした方のヴァールさん、妙に動きが鈍いんですよね。
    フレイアが歌い始める前から。
    一般的にヴァール化すると身体能力マシマシになって戦闘力upなのに、あのヴァールさんは動きがたどたどしいんですよね。
    ハヤテに覆い被さった方のヴァールさんも最初こそ俊敏だけど、その後は大したことなさそうだし…。
    フレイアの側にいるとヴァール化しても暴動を起こしにくい可能性もあるのかな〜と、徒然に考えてます。
    あの場面のフレイアは歌い始める前からレセプターアクティブになっていただろうし、風の歌い手の素質持ちだからハインツ様みたいにヴァールを洗脳下に置いて、その行動を制御することも可能だろうと。

    あるいはあの乗組員は発症と同時に出血してるから、急性型ヴァールでフォールド細菌さんは早々に次の宿主に宿替えする必要があったけど、フレイアの体内フォールドクォーツやフォールド因子の濃度が一般の人類種よりずっと高いのにヴァール化してないから、フォールド細菌さん達が困惑していたのかな〜とも思ってみたり。。。
    ウィンダミア型フォールド因子とヴァール症候群のフォールド細菌が宿主の体内で主導権争いをした場合、フォールド細菌が駆逐されてしまう可能性ってあるんですかね。
    ネアンデルタール人がホモ・サピエンスに絶滅に追いやられたように、細菌やウイルスなどの微生物の世界においても、近い種族同士で生活圏を巡っての熾烈な縄張り争いがありそうな気がします。
    その場合、以前わたしが疑問に思ったフォールド細菌の天敵の一つとして、ウィンダミア型フォールド因子が該当したりして…?
    風に召されたウィンダミア人の剥離した角質から特効薬が作れるのかも?!
    今のところ特効薬の原料の候補として思い浮かぶのは、ウィンダミア人の角質、生クラゲ、ウィンダミアアップル、遺跡の水、銀河サバ、カビ(ペニシリン的なやつ)…。

    そしてメッサー君の生存√に必要なボロボロの身体を治す治療法…。
    全身インプラント化やクローンへの脳移植みたいなのは最後の手段として、倫理に反しない治療法を見つけたいんですよね。例えクローンであっても他者の命を犠牲にしての延命措置は、メッサー君に更なる業を科すばかりで、メッサー君に幸せになってほしいわたしの願いとは真逆な方向に向かってしまいそうなので。

    • やはり気になる点は同じですね。

      劇場版でフレイアを襲う乗組員さんは、テレビ版のコミューター内で整備士さんが偽装した、デジタルアニメ画を流用していますよね。テレビ版で整備士さんが出血するのはケイオスの仕込みですから、ケイオスのデータファイルではヴァール発症時に出血する症例が多かったと推定されます。
      急性のヴァール発症時に、急激な静脈圧の上昇で静脈壁が破綻するわけですが、プールした血液を吐き出した静脈には、動脈出血の様に持続的な圧がかかり続けないので局所の出血で終わるのでしょう。全身の静脈壁を酷使続けたメッサー君の最期の出血とは、病態が大きく違いそうです。そして、急性期に出血するような症例は、予後不良と思われます。流血とともに一部のフォールド細菌さんの宿主替えが始まると、体内の他の細菌さん達も我先にと泥船から旅立とうとするでしょうからね。血液・体液を伴って体外へ脱出しようとするフォールド細菌の大移動は、ゲルマン民族やセロトニンの上昇したイナゴの大群並みに、ホストの体に負担をかけそうです。アルブヘイムでは殆どの兵士が出血する阿鼻叫喚、地獄絵図が展開されたことでしょう。

      動作が緩慢な理由は殿の考察通りではないでしょうか。フレイアから発せられるフォールド波により、フォールド細菌さんが行き場を失い動揺している様を想像すると、微笑ましくさえ思えます。

      ウィンダミア型フォールド因子はフォールド細菌の天敵として働く可能性はありますね。一方で、フォールド細菌にとってのウィンダミアは、遠い祖先がバジュラとともに土着していた可能性を以前に述べました。故郷に帰ったヤンキーが地元で悪さをしない様に、フォールド細菌さんもウィンダミア人の体内では安寧に過ごすのではないでしょうか。ルンのフォールドクォーツも心地よく共鳴するのでしょう。一度ウィンダミア人に寄生したフォールド細菌さんは、安住の地としてウィンダミア人ホストが死ぬまで共生を続けるのでしょう。生前に宿主替えをする浮気行為であるヴァール化などは、もっての外なのでしょう。皮膚の結晶化が起こっても、しぶとく寄生し続けてホストの死とともに初めて風と共に離れていく。ロイド殿下やカシムさんの最期に見られた、結晶化剥離のシーンは長年連れ添ったホストとフォールド細菌さんの今生の別れであり、涙なしには見られません。「風は予告なく吹く」がフォールド細菌さんとホストの別れの唄にさえ聴こえてきそうです。

      妄想に入ると長くなるので、またにしますね。

      • ウィンダミア人型フォールド因子ならフォールド細菌を無毒(害)化出来そうですよね。
        ということは、ウィンダミア人にヴァール症候群に感染させて、その血清を採ればワクチンを作ることが出来そうですね。
        人体実験めいてるので、倫理的な問題はありますが。
        ウィンダミア人だとキャリアになっても発症する確率はかなり低いし、先天性キャリアと言っても差し支えなさそうですが、心情的に理解を得られるかは骨髄移植のドナー同様に難しいところですね。
        ワクチンの場合、球状星団のように未感染者が少なそうな環境だと、どの程度有効ですか?発症前なら功を奏しますかね?

        話は変わりますが、
        フォールドクォーツって小さかったり純度がいまいちでも研磨次第で効果を引き出すことが出来るんでしたっけ。
        メッサー君の体内に小粒のフォールドクォーツを埋め込んだらどうなるのかな〜なんて考えてます。
        機密で明かされてないだけで、実は埋め込み済みだったりして…と、レセプター持ちじゃないのにカナメさんとの共鳴(?)した場面を思い返してみたり。。。

        持たざる者が起こした奇跡って感じの方がメッサー君とカナメさんの互いへの信頼や想いがつまっていて尊いと思いつつ、被験者であるという設定やヴァール化して現場に尋常でない被害を出してしまわないよう、レディMらがあらかじめ何らかの措置を施してる方が現実味ありますし、アラド隊長やアーネスト艦長に責任丸投げにして何の策も講じてなかったら、ケイオスのブラック企業レベルがはねあがりそうです。

        • 公式の見解を熟知していないので見当違いだったらすいません。
          フォールド因子は、素粒子やニュートリノより根元的な存在のイメージですが、どうなのでしょうか?私の乏しい物理の知識では、根元的な存在は゛ワンアップ・ツーダウン゛か゛ツーアップ・ワンダウン゛で象徴できる存在です。だから陰陽、虚実の様に2種類の存在なのです。
          殿の考察にあるウィンダミア型という亜型は、フォールド細菌レベルでの亜型としての方が理解しやすいです。地球上の細菌やウイルスにも、多数の亜型がありますもんね。地球上の細菌やウイルスも、アジアとヨーロッパでは亜型が違うように、プロカル以前にウィンダミアに存在したフォールド細菌は、ウィンダミアからバジュラが消失した後、永劫の時を宿主無しで存在する宿命を負わされたのでは。生き残り戦略として、永久凍土の中で芽胞様に遺伝子を保存する群と、生物としての有機構造を棄てて、クォーツとして存在するは群に別れたのでは?

          細菌として億年を堪え忍んだ群は、後に出現したプロカルに寄生し、永い眠りから覚醒できた。遺伝子レベルは、地球上でいえば古細菌並のプロトタイプ。銀河でバジュラと共に変異を遂げ続けた亜型に対して、ガラパゴスの生物種や、アイアイの島マダガスカルの猿の様な存在なのでは。ウィンダミア人は、フォールドクォーツを体内に宿す程なので、フォールド細菌の遺伝子を、人で言うところのミトコンドリア遺伝子の様に、細胞内に共生させているのでは。

          ワクチンが感染者に有効かという問題に関しては、帯状疱疹の予防に水痘ワクチンが有効とされる事が参考になりそうです。
          元々胎児期ないし出生時に定着する細菌が、常在菌として共生定着するか、侵襲性感染症としてホストの免疫系を撹乱させるかは、乳児期の肺炎球菌の型による違い等がモデルとして参考になります。

          ヴァール症候群についての考察も、まだまだ道半ばですね。

          メッサー君フォールドクォーツ埋め込み説は、かなりの信憑性がありますね。ケイオスの研究部門が、ミトコンドリア遺伝子の細胞内導入技術を確立しているかも気になるところです。

          メサカナの絆は、劇場版で絶賛されており考察処もまだまだ有りますよね。それ自体は悦ばしい事ですが、フレイアちゃんイチオシの私としては、ハヤフレの尊さが軽視されるのはまだしも、浅い見方でディスられるのがなんだかな~とトラウマになっています。

          • 激情版もめっちゃハヤフレしていると個人的に思っているのですが、感想コメントにはハヤフレ描写が薄くなったとか、恋愛未満な印象を持っている方が多いみたいですね。
            公式の見解もパンフレットには、激情版だとラストに至ってようやく三角関係の始まりと書かれていて、わたしには????状態でした。
            TV版ほどの描写の積み重ねはないにしても、私には何回見ても、ハヤフレでめっちゃラブラブしてたと思えるんですけどね…。

            ハヤテ→ミラージュは小隊の相棒(戦友)以上の感情はなく、恋愛対象外にしか見えなかったし、
            ハヤテ→フレイアはTV版ほどの無自覚に惹かれ合ってる描写の積み重ねはなくても、出会ったときからお互いがお互いにとって特別な存在なのは一目瞭然ですし、お誕生会の時にハヤテは恋愛感情を自覚して、その後はお互いの想いは察しつつも告白手前の状態かもしくは描写の枠外でお付き合いが既に始まってる状態かと思ってました。(告白なくても自然と恋人関係にシフトチェンジする感じで)
            エアキスやエアハグの描写やミラージュの「のぼせない!」のツッコミでハヤフレがカップル成立したのを示唆してるんだろうと。
            ちなみにミラージュさん→ハヤテは戦友だけでなく恋心を抱いていたことも感じとれたけど、戦友としての立場を自ら選んで恋心を昇華することが出来たんだな、良かった良かったと。
            (激情版の続編時間軸でハヤフレに割って入ろうとするミラージュさんはわたしには想像できません。TV版みたいにハヤフレのアシスト専門になる未来しか見えない。。。)
            フレイア→ハヤテは、フレイアがハヤテが自分の歌や生き方を丸ごと受け止めてくれる存在だと信じてるからこそ、ワルキューレとしてルンが尽きるまで歌い続ける覚悟を持ち続けていられたと思ってるので、TV版での歌わない・飛ばないのやり取りを経ていないだけで根底にある関係性はどちらも同じだと思います。
            激情版のフレイアにとっても、女性として歌姫として一人の人間として、ハヤテは必要不可欠な唯一無二の存在。
            恋愛関係だけじゃない、運命共同体に見えます。
            ちなみにフレイアの歌姫としてのスタンスは、一人でも完結してしまいそうなくらい歌バカのバサラとは異なるタイプの、人と寄り添って立つことで力を発揮するタイプの歌姫なのかもしれないなと思います。
            ワルキューレというユニットで歌うことで、ハヤテと共に生きていくことで、潜在能力を120%出す事が出来る感じ。
            ハヤテとミラージュの相棒描写を強化したことによって、ハヤフレ部分も相対的に関係性が際立ったと思うんですけどね。
            尺の長さは減っても質が劣化したわけじゃないぞ!と。
            激情版の展開の勢いと派手さが、その辺りを見えづらくしているんでしょうか。
            それともわたしがTV版とごっちゃまぜに捉えてるだけなんですかね。
            キャラの本質はどちらも同じで、けれど起こった事象の些細な違いによってキャラ同士の表層的な展開や見え方が変わっただけと思って、勝手に納得してるんですが。。。

            • ありがとうございます。

              琴線に触れるなどでは収まらず、心の鍵盤を1つ残らず調律して頂いた様な爽快感に包まれました。

              ハヤフレの関係は、単なる恋愛や三角関係に留まらず、デルタ世界のヴァール化や神経同調というモチーフを描く上でのマスターピースであり、多くの謎を考察するネタだらけなんですけどね。

              デルタはセリフも表情も含みを持たせており、視聴者の数だけ捉え方もあるわけでしたね。
              そんな中、これだけ共通理解出来る殿と出会えて、水魚之交の悦びに浸っています。

              アニメジャパンに来ました。みのりんごさんのトークまで暇します。

              • Δは視聴者に解釈を委ねるタイプの作品なうえに、マクロスシリーズの視聴者は老若男女、好みも十人十色なカオスな客層ですもんね。
                激情版ハヤフレに物足りなさを感じた視聴者は、TV版以上の甘々こってり系恋愛描写を期待したのかもしれませんね。キスシーンとか結婚式みたいなド直球のを。

                今日はマクロス7に浸かってました。
                今までは観たくなった時だけレンタルするゆるいスタンスだったけど、シリーズの中でも特に好きな作品なら応援兼ねて、わたしもマクロススタッフも
                Win-Winの関係だー!と勢いでポチしました。Δを収めた棚に、7とプラスが一度に我が家に集結して、大人買いに財布がビビってますが気分はウハウハです。来月くらいには愛覚も召喚しちゃおうと画策してます。
                公式スタッフよ、これより貴艦を援護する!なんちゃって。

                フォールド細菌の亜型も色々ありそうですよね。ウィンダミア型、ヴァール症候群型の天然種の他に、イプシロン産やケイオス産の人工種もそのうち出てきちゃうんだろうなぁ。
                戦闘力の高いウィンダミア人とゼントラーディーとサイボーグにだけ効いて、地球人だけは無害とかな特殊なタイプを生み出したりとか新統合軍の要請でベルガーさんがこっそり研究進めてそう。

                • 7を愛でながらヴァール症候群の考察を進めようと、自分の断片的な理解を整理するべく、過去の考察をノートに書き出してたら、家族にテレビのチャンネル権を奪われ、気づいたら流れ星銀をひたすら観てました…。

                  リキもすごく好きだったなぁと感慨に耽っていたら、声が銀河万丈さんで思わず吹き出してしまいました。
                  サウザー様と同じ声だったんですね。
                  昔は気づかなかったなぁ。。。
                  サウザー様が脳内でヒャッハーさん達と爆走ドライブかましてくるので、考察が進みません。w

  47. 管理人さんのスレ立ても皆様の書き込みも滞っちゃってますね。

    ろくに考察も新たな療法も思い浮かんでないので、書き込みしづらい心持ちですが、
    昨晩遅くに小咄を投稿したので、取り急ぎ報告です。
    お師さんとの考察をダイレクトに盛り込みました。それでも全てを網羅できたわけじゃありませんが。
    引き続きメッサー君の生存する世界線を模索します!

    • 殿、ご無沙汰しました!

      何とかΔの続編が実現しないかと、ツイッターの書き込みに腐心する日々を過ごしておりました。すっかりこちらのスレの書き込みが滞ってしまい、気が付けば一月近くになるのですね。

      激情のワルキューレもついに全国で終演してしまいましたが、時期外れの28日の応援上映でΔ続編の発表があるのではないかと強い期待を持っています。明日の応援上映の抽選発表が待ち遠しいです。

      思えば今年に入り、3次元での中の人達との接点が増え、舞い上がっていましたね。
      純粋にΔの残された謎を考察できていたころの愉しみとはまた別の悦びですが、気が付けば一課金兵になっていただけかもしれません。

      前スレ「マクロスΔ残された謎・伏線等の整理と考察まとめ」が依然ランキングのトップにいるのに、こちらのスレは読まれないのは考察の質が落ちているのでしょうかね。

      劇場版は謎や伏線の回収が殆どされなかったので肩透かしを食いましたが、その分続編に期待し続けています。

    • pixibの投稿拝読しました。殿のメッサー君愛が全編に溢れてますね。

      • ありがとうございます。
        お師さんの考察のおかげで、今までの5作品のなかで一番評判いいみたいです。
        小咄のくせにかなり長いので、最後まで読むのを敬遠されちゃうかも…と心配だったんですが。
        現在、考察妄想小咄の第2弾を下書き中です。またまたお師さんとの考察をダイレクトに織り込む予定です。順調に進めばGWまでには投稿できるかも。。。

        話は変わりますが、最近ぼんやり考えているのはフレイアのスパイ疑惑についてです。
        本編ではマキレイのお二方のセリフだけでさらっと解決してました。
        現実社会だと、どんなに好感度が高いタレントさんでもアンチはうじゃうじゃいるし、たった一度のスキャンダルや不祥事で再起不能に追い込まれることもありますよね。
        それに比べてずっと深刻なスパイ疑惑を、ああも簡単な伏線回収で済んでしまうのはもったいないし、思考統制されたいびつな世界のようにも思えて据わりが悪かったのですが、
        以前のお師さんの考察を読み返して、一つの可能性を思い付きました。

        ずばり!
        ハヤテだけでなくケイオス職員もマスコミ各社も一般人の皆様も、フレイアはその気になれば洗脳できてしまう!

        もちろんレイナを筆頭に情報処理班や広報部の火消し能力が素晴らしいのと、
        命懸けの戦場ライブでフレイアの歌に救われたのと、
        フレイアの素朴で若干どんくさそうなキャラが一般的なスパイのイメージと解離しているなど様々な要因があるわけですが、

        スパイなんかじゃないやい!という思いがフォールド波によって無意識に拡散して、みんなの深層意識に大きく作用してたのかな〜なんて。
        風の歌い手に様々な生き物からの愛され体質の設定があるのも、無意識に他者の感情をコントロールしているのかも。
        歌で寿命を削ってしまう風の歌い手は、生存本能の一側面として、他者を魅了という名の洗脳で、床に臥しがちな自身の身の回りの世話をさせるのかも。

  48. お師さん、ご無沙汰してます。

    たった今、メッサー君の生存を模索する小咄をpixivにアップしました。
    考察とはとても呼べない捏造のオンパレードになっちゃったんですが、以前お師さんと考えたウィンダミア型フォールド因子とフォールド細菌との力関係などをヒントに、メッサー君の体内のフォールド細菌に頑張ってもらいました。
    公式ではお亡くなりになったままだけど、これでやっと私もメサロスを昇華できそうです。

    • 殿、ご無沙汰してます。
      ツイッター三昧でした。メサロス昇華できそうで何よりです。
      Δ新作がなかなか公表されず、モチベーションが上がりません。

      • 拝読しました!
        今までの考察に殿独自のアイデアを加えた生還ライン、秀逸ですね。
        メッサー君もキースも生還して、Δ新作への条件は整いますね。
        投げっばなしだった制作陣へのヒントになったら良いですね。

        • ありがとうございますー!!
          お久しぶりです〜!

          我ながら突拍子もないご都合設定を盛り付けちゃいましたが、自画自賛してます。
          マクロスらしくフォールド細菌さんとも共生…というか共闘という展開になったので気に入ってます。

          • ほんとにかくも長き不在で、申し訳ありませんでした。
            殿のPixibの小説は十分なリアリティーのありましたよ。

            • いえいえ。
              またお話できて嬉しいです。

              途中何度もこの治療法についてお師さんに相談したくなって、でもまっさらな状態でお師さんに読んでもらいたいと思い、わたしもこちらに書き込みするのを控えてましたから。

  49. 中の人達による3次元のイベントに翻弄され、薄れそうになりかけたΔ愛の灯に、今ひとたび火をいれなければいけませんね。

    ずっとメッサー君の生還ラインを、追究し続ける殿の熱意に脱帽です。

    劇場版は見易く纏まって、評判良かったですが、やはり考察し甲斐のあるテレビ版が好きです。

    • 新作の情報解禁は次の豊洲イベントあたりですかね。

      気長に気楽に待つのがいいんだろうけど、なかなか難しいですよね。
      メッサー君がお亡くなりのままのお話だとしたら世界を斜めに見てしまいそうです。
      新作の続報が待ち遠しいような、そうでないような複雑な心境です。

      • メッサー君の生還LINE、殿のお話に乗らせていただいて良いですか?

        • はい!もちろんです。
          乗っかっていただけるなんて嬉しいです!
          わーい!

          さほど長文にしてないのに、書き込みが5次元にフォールドしてしまいます。次元断層の壁が…!うぬぅっ!

        • もちろんです!いいともー!!

        • かつてここで考察したレセプター発現幹細胞のキメラ化に、シマリスの冬眠誘導蛋白、水素療法などを加味して、肉体(脳以外の主要臓器)を護り生還LINEを導き出した、殿のぶれないメッサー君愛にまず敬意を表します。

          次に、メッサー君の脳神経を如何に復活させるかですが、これは話し出すと長くなりますが、従来からのフォールド細菌の細菌形質とウイルス形質の相互変換、中枢神経系でのアストロサイト感染による個体支配に加え、小胞体ストレスとミトコンドリアへのフォールド細菌の関与という、私の大好物ばかりを絡めて必ずやメッサー君を復活させましょう。

          • お褒めいただき、ありがとうございます~。

            脳神経の復活にもフォールド細菌さんは活躍してくれそうですよね。
            アストロサイト感染してるなかで、レトロウイルスベクターみたいな働きをして、損傷した遺伝子の復元とかもしてくれるんじゃないかな~と期待したり。。。
            そこにカナメさんや美雲さんのいるワルキューレの5重奏からの信号を受け取って…。

            シマリスの冬眠誘導蛋白は肝臓で分泌されてる血中ホルモンらしいですが、それによく似た蛋白はヒトの体内にもあるみたいです。(まだその働きは解明されていない用途不明の蛋白のようですが)
            不活性状態のそれを活性化させることが出来れば、ヒトが冬眠することも可能になるやも???
            ちなみにシマリスの中にもまれに冬眠できない個体がいるそうですが、冬眠体質のシマリスの寿命が10年超なのに比べて冬眠出来ないシマリスの寿命は2~3年なのだとか。
            冬眠体質は長寿に関わるようなので、フレイアの体内のフォールド因子にもぜひ会得してもらいたいです。

            • 殿のアイデアを踏襲しますね。
              メッサー君が全身からの大量出血で脳の循環を断たれ、ニューロンが連鎖的に死滅していくのを回避する方法。
              前提から妄想仮説が爆発しますので、取り扱い注意です。頭の固い方は読まないで!

              中枢神経細胞は、覚醒状態で常にアクティブになっている細胞群と、必要な時に活動電位を発し、それ以外では静止状態の細胞群が混在していますよね。脳虚血で数分から10分程度で中枢機能が障害されてしまうのは、覚醒中(カルシウムチャンネルの流動性あり)の細胞群が津波のように押し寄せるカルシウムの流入で、細胞内のミトコンドリアの機能不全を招来するからとしてみます。覚醒に関与するオレキシン作動性ニューロンや、覚醒時に作動している海馬の記憶に関するニューロン群などは、ニューロンネットワークを介してドミノ倒し式に死滅してしまいます。一方で、休眠状態のニューロンはチャンネルをしっかり閉ざしているおかげで、第一波のはカルシウムの流入を免れるわけですが、幹線道路(主要なニューロンネットワーク)がボロボロになるため、物資の供給が得られず遅延性に死滅していきます。

            • ミトコンドリアの障害を回避するために、アストロサイトに感染しているフォールド細菌さんが大活躍します。

              通常のアストロサイトも、ニューロンの栄養管理だけでなく、障害されたミトコンドリアのリサイクルに一役買っています。細胞内で小胞体が変性蛋白の3次元構造をシャペロン蛋白で修復するのに似ています。

              フォールド細菌さんは、メッサー君がカナメさんの胸に落ちたその刹那に、アストロサイトの突起をフォールド移動して、ニューロンのミトコンドリアのカルシウムチャンネルを一斉に閉じてしまったのです。

              結果メッサー君は脳死状態に陥ります。しかし、活動電位を発せられない神経細胞は、アストロサイト(フォールド細菌さん)の庇護のもと、細胞死は免れるのでありました。

              しかし、良いことばかりではありません。
              フォールド細菌さんに光より早くフォールドされた軸索や樹状突起は、粘菌が張り巡らせる最短距離のネットワークの如く、主要なルートだけを残し、あとの神経線維は寸断されてしまうのです。メッサー君の22年間が築いた個人を個人たらしめる、後天的かつ細やかなニューロンネットワークは、細胞群を休眠させる代償に悉く断裂させられてしまったのです。
              その意味するものは、後天的に培われたパイロットとしての能力が失われるばかりでなく、本能以外の記憶もその多くを失ってしまうのです。

              ここから、復活への長い道のりを辿らなければなりません。
              果たして、Δ小隊に再度エンゲージすることは可能なのか、カナメさんへの想いはどうなってしまうのか。。。

              • な、なんですと…!?メッサ―君ピーンチッ!!!!!

                でも信じてますよ、お師さん! 
                歌は愛!歌は希望!歌は命!歌は神秘!歌は元気!
                ワルキューレの歌がある限り、メッサ―君は不死鳥のごとく甦るって!

  50. 駄目なのか

    あらゆるAIによる解析も、入手可能な銀河中の生命体の神経成長因子の髄液注入も、フォールド細菌の閉ざしたメッサー君の神経細胞を冬眠から覚ますことは出来ないのであった。

    その時までは

    • 殉職したメッサー君の肉体が、カナメさんの造血幹細胞移植により心拍再開していることは、医療班の中でもその実態は秘匿されていた。プロジェクトMとしてAIの指示に従うスタッフの中には、レイナ・プラウラーでさえ破れなかったホログラムプログラム故に、その肉体の主が人類種と気付く者さえ皆無だった。

      レディMからの厳命でアーネストと共に、プロジェクトの真相を知らされたアラドは、クラゲ送りに参列した仲間達に覚られることを畏れ、その日以来、人を饒舌にするアルコールを絶たざるをえなかった。その姿がまた、ワルキューレとデルタ小隊の8人には、最愛の部下を喪った隊長の哀しみと映り、メッサー君の生存ラインを祈る心の糸を断つのに一役買っていたのであった。

      肉体を構成する諸臓器をレスキューしたものの、中枢神経系のニューロンネットワークが潰滅したことは、レディMにとっても大きな誤算であったようだ。フォールド細菌の振る舞いには、まだまだ人智も人類種ベースのAIも解析不能な謎があるのであった。

      • はわわわ、はわわわ、はわ〜!!!!!

        続きを全力正座でお待ちしてます!

        • ロイド・ブレームがかつて企てた様に、星の歌い手の歌で銀河の民がニューロネットワークで繋がれるのだから、メッサー君の脳のニューロネットワークも美雲・ギンヌメールの歌で繋がるのではないか?

          アーネストもアラドも当初は楽観していた。

          しかし、思惑は外れ続けた。ハインツ様のルダンジャールで、星の歌い手と化した美雲・ギンヌメールの歌が効かないのだ。ワルキューレの歌も考えうるあらゆる組み合わせを試すが効かない。数十年前の地球で細胞の初期化に、考えうる転写因子の組合せを導入し、大きな成功を導いた方法論は通用しなかった。

        • 生の歌声だけでは足りないのだ。

          ある時はアルブヘイムにメッサー君を乗せた医療船が赴き、扇情のライブを行い、カナメ・バッカニアがAXIAを歌うことも当然試みられた。

          しかし、反応しないのだ。

          確かにアストロサイトの中に、フォールド細菌はウイルス形態で留まっている。アストロサイトから神経細胞に繋がる突起も存在する。しかし、神経細胞同士がニューロンを形成する、軸策と樹上突起が全く見られないのだ。

          マクロスの歴史からは、歌で繋がる筈のものが反応しないのだ。

          • 歌以外の要素ですか?!
            なんだろう…。美雲さんやワルキューレが通用しないとなると…。

            ミトコンドリアさん達のカルシウムイオンチャンネルが閉じているから機能不全になってて、でもミトコンドリアさん達は死滅したわけではないんですよね?
            これはかなりの難題ですね…。

          • お師さんの難題に脳みそが爆発しちゃいそうです。

            幼児退行しそうなポンコツ脳が、今、
            「歌がダメならキスしちゃえよ! キース! キース!」と無駄に煽ってくるのですが…。
            「お姫様の眠りを覚ますのが王子様のキスなら、メッサー君の眠りを覚ますのはカナメさんのキス」とか言って思考の邪魔をしてきます。
            5つめの季節とかが鍵になるんですかね???
            わたしの脳も思考がことごとく断絶されて、まとまりません!ひ~!!!

            • 殿!
              流石です

              やはり我々思考がシンクロしちゃいますね。
              少し引っ張ろうと思ったのですが。。。

              ロイドと共に爆死したキースに一役買って貰うつもりです。

            • 星の歌い手の細胞が、ライト・インメルマンによりレディMの手に渡り、美雲・ギンヌメールが世にでて3年が経つまでに、7年の歳月を要しました。

              シグルバレンスが爆発した後の残がいの中、キース・エアロ・ウィンダミアを探しに、燃え上がる瓦礫の上に立っているボーグ・コンファールトとテオ・ザオ。

              息継ぎも出来ない炎の中では 探しても 見つけても 意味がないよ♪

              レイナの声にも耳を貸さず、そこで3人の手にしたモノとは?

              魂が 輪廻に咲く

              その日まであと5日 ハヤテ・インメルマンの誕生日の2日後に何が起こるのか!

          • プロジェクトMのミーティングが久しぶりに開かれた。

            現在のケースMの中枢神経系の状況がいつものようにホログラムで机上に現れた。
            赤く煌めくアストロサイトからレーザー光線の様に多数の突起が錯綜しているのと対照的に、突起を全て失いシュリンクした神経細胞とオリゴデンドログリアは濃淡の異なるくすんだ蒼い光を弱々しく発している。

            神経線維がないとまるで宇宙空間に浮かぶアステロイドのみたいだな。このメンバーの中では軽々に言葉は発せられないとアラドはのみこんだ。

            「御覧の通り、Mの肝類洞由来のマクロファージによりミエリンの残骸の処理は99.999%まで進みました。軸索再生阻害因子の除去も同様です。」
            「各種神経栄養因子に加え、カナメ・バッカニアの培養骨髄間質細胞も十分量用意できています」
            「ジャイアントミトコンドリア(神経細胞内で膜融合により一塊となることにより表面積を最小限に残存している)は、何時でも分離可能です」

            各ユニットからの報告に大きな進展は今回もないようだ。

            何故成長円錐が出芽しないのだ!

            個体発生と系統発生の後追いで神経再生に必要なツールはそろっている筈ではなかったのか?

            • ジャイアントミトコンドリア…なんか強そう。以前のお師さんとの書き込みを気に読み返したパラサイトイブが脳裏をよぎります。

              この展開の先にあるキースの役割とは…。めっちゃ気になりますね。引き続き正座でお待ちします!

              • ジャイアントミトコンドリアは肝障害時などに現れますが、恐ろしく巨大なミトコンドリアの電子顕微鏡写真があります。

                メッサー君覚醒まであと4日。その時、大きな発表が。。。

                • 豊○で奇跡が…!
                  わたしもリンゴと水とカレーを準備して、吉報を待ちます!
                  ルダンジャール・ロム・マヤン!
                  心のルンを研ぎ澄ませて!

  51. 2070年9月21日

    ハヤテ・インメルマンの21回目の誕生日

    キッチンから漂ってくるアップルパイの香りを、この日に嗅げるようになって3年経ったのか。香りと共に流れてくる幸せに満ちた鼻歌。かつて空中騎士団にカバーされて大ヒットしたあの曲。毎回ライブのとりを務る歌姫は、今日も一段と元気だ。

    • フレイア・ヴィオンがルンピカさせながら、オーブンからパイを取り出している、まさにその時!
      長い年月をかけて輝きを失っていた2つのルンが、その高貴な取り戻した。

  52. フィック・レンスの存在を知るウィンダミア人は果たして何人いるのだろうか?ロイド・ブレームと同じ神官の家系に生まれた150年に1人の天才。古ノルド語を6歳でマスターし、プロトカルチャーの言語を殆ど理解した最初の人類種。ロイドの論文も彼無しではあり得ない。しかし、その存在は決して表に出ることはなく、ただ見える存在を操るだけなのだ。そう、5次元を遷移するアストロサイトクイーンの様に。

    ニューロンを影で操るアストロサイトには、バジュラクイーンや、セルの核の様なアストロサイト全体を統括する存在があった。体内時計に中枢時計が、心臓に房室結節が在るようにと言えば乱暴過ぎるだろう?ここで便宜上アストロサイトクイーンと呼ぶ存在は、5次元を遷移し有機的構造物に意識や心を宿す存在でもある。

    それは、中枢神経系における軸策ガイダンスのかなめをなす存在だ。レンスはプロトカルチャーが歌を使って、アストロサイトクイーンの5次元遷移を制御していた事も知っているが、誰にも話す気はなかった。かつて地球人のごく一部であるが、その存在に気付いた者が、エクト⚪️ラズムとして認知しかけたが、存在証明がニュートリノほど簡単ではなくたち消えた。

    • 遂に9月23日を迎えた。

      医療船にはケイオスの面々だけでなく、空中騎士団の馴染みの4人がマスターの遺影を持って参列していた。

      アーネストとアラド以外に、何故ここに呼ばれたのか知る者はいない。

      皆の前に眠っている2体の異世界生物。プロジェクトMに従事してきた医療スタッフにとっては、頭の痛い存在だ。しかし、この2体が並んでいる状況は、スタッフにとってはとても違和感のある光景だ。

      3,000人が見守るなか、一体何が発表されるのだ。固唾を呑みながら立ち尽くす一同。ワルキューレのメンバーが呼ばれて前に出た。

      「歌ってくれカナメさん」突然のアラドの一言に、呆気にとられるリーダーと4人。
      「奴の鼓動を繋げる為に!」
      いつになく真剣なアラドの眼差しに、マキナとレイナを伺い、何かを察した3人。流れる前奏。

      思いがけずワルキューレの生歌を、小さなピットの中で聴くことになり、歓声をあげる3,000人。

      歌詞がマキナからカナメのパートへ。差し掛かった瞬間に、2体をシールドしていたフォールド波遮断障壁が解除された!

      「白騎士サマー」走り出すボーグ
      ♪騙し絵から 脱け出せ 迷子たち 生まれ変われ♪

      歌詞に合わせてホログラムが解かれて現れた二人!

      カナメが歌詞を忘れて絶叫する

      メ ッ サ ー

  53. ボーグは瞬時に感じた。敬愛する人のルンから発する風を!

    会場を流れる生演奏が、突然あの曲に変調する。
    ♪夢は 君が 一人描くんじゃなく 見えない 風が とどけてくれる♪

    あの日からバッカニアは原因不明の耳鳴りが止まなかった。それでもリーダーはメンバーにさえ、感情を見せない。一瞬で覚醒した!

    メッサーが胸の中で事切れたと見えたその刹那、慟哭に反応したアストロサイトクイーンは、カナメの中に遷移していたのだった。それが今、同じ状況に晒された事で、メッサーという剣の鞘に再び戻ったのだ。

    さらに!

    死闘のあの刹那、キースのルンから風を感じた瞬間に、ヴァールシンドロームの最終段階に瀕していた中枢神経の脂質ラフトが一斉に反応した。それが、今もう一度同じ風に曝されて、脂質流動性が一気に冬眠状態から醒めたのだ!

    ジャイアントミトコンドリアは一気に膜を分離し細胞内に再分布した。シュリンクしていた神経細胞は成長円錐を一度発するや、活性化したアストロサイトの軸索ガイダンスをフォールドして、元のニューロネツトワークを瞬時に再構築してしまった。植物の種が同じ形質を受け継ぐように、ひとつひとつの神経細胞も、オリゴデンドログリアも、自身の枝と根の張り方をしっかりメモライズしていた。

    「カナメ。。。さん」
    キースの儚い粒子が繋げた鼓動が、ずっと絶やさなかった、その人を想う光芒も、瞬時に脳神経を伝達させた。

    皮膚の知覚神経と中枢神経がミエリン化されたことを、右の頬で感じた。

    • 殿、長い間お付き合い頂き有り難うございます。

      最後、時間ギリギリとなり、推敲せずに誤字や読み苦しい点は御容赦下さい。

      豊⚪️外れてしまいリアタイ出来ませんが、Δ新作発表もなさそうな雲行きで、考察妄想もこれで一区切りですかね。

      結局謎は投げっぱなしで終わりそうで残念です。しかし殿との考察で、多くの謎に自己満足とはいえ幾つものスピンを楽しむことができました。

      途中から考察ネタがなくなり、妄想が出来の悪い二次創作化してしまいました。特に劇場版がエンタメ性重視で、本編で折角構築した考察ネタを放棄したのは残念でした。

      ワルキューレの活動は続きそうですが、本編あっての歌の感動の要素が失なわれるのは残念です。

      一年間有り難うございました。ピ⚪️

      • お師さん、深い考察物語をありがとうございます!

        豊○は夜の部もすでに終わったころでしょうか。
        ものぐさなわたしは豊○遠征にいそしむ熱心なワルキューレファンの方々に心の中でエールを送りつつ、朝からマイペースに激情版のオーコメ第2部で「カナメ…さん…」と膝折れ、ミトコンドリアさんを調べるべく図書館に向かい、帰宅後はゆるゆるとマクロスプラスの劇場版を観ておりました。
        劇場版を観るとOVA版も見返したくなるので、この連休はシャロンとガルドとミラードさんを追いかけるのに費やしそうです。

        Δの多くの謎…、セリフでの伏線回収で終わらず、いつかエピソードを掘り下げてほしいですね。
        ワルキューレの活動が続くのならば、いつかひょんな形でそれが叶うかも。。。
        みのりんご隊長のもとで、その日が来るまで英気を養っていてくださいね。

        いつの日か、Δ新作の世界線でまた語り合いましょう! 吉田兼好こと、は○○し。

        • Δ劇場版で完全新作発表されました!
          考察もまだまだ続けられそうですね!

        • 今、マクロスのサイト覗いたら、Δ劇場版で完全新作が告知されてましたね!!
          どの謎やエピソードを掘り下げるんでしょう??!
          過去?未来?

          何よりわたしの懸念は、メッサー君の出番があるかどうかなんですけども。。。
          やばい、手が震えてきました~!!

  54. Δ小説版の続きが出ないんけど…打ち切りかな?。

  55. 殿

    豊洲のΔ新作発表から早一週間ですがが、如何お過ごしでしょうか?
    続編は我々の想像の遥か上を行くでしょうから、楽しみで仕方ありません。

    今日は収穫祭に行って参ります。

    ワルキューレ関連のチケット確保が、会を重ねるごとに困難となり、うれしい悲鳴です。

    ワルキューレの頑張りで、酷評されてきたΔ本編のBDを見直す人が出てきたのも喜ばしいことです。反芻されることで、Δ本編の魅力が再認識されることを願っています。

    • 大規模停電でしばしネット断ちを余儀なくされてました~。

      Δは掘り下げてほしかったエピソードが山のようにあるので、ワルキューレの活躍のおかげでその機会が得られるのはとてもありがたいです。
      ワルキューレの活動が続く限り、Δの評価もじわじわ右肩上がりになりそうですね。
      歌マクとかは手を出してないけど、Δ、プラス、7、愛おぼあたりをループして観てます。
      考察・妄想したくなるのは断トツでΔなんですけど、他の作品もそれぞれ味があって好きなんですよー。
      どの作品も作り手のこだわりがビシビシに詰まった尖った作品で、そこに痺れる憧れるぅ~って感じです。

      そしてまたΔを妄想する。。。
      メッサー君とアラド隊長の漢!って感じのエピソードが観たい。。。と念を必死に飛ばしてます。

      • 停電大変でしたね。冷蔵庫の中の物は大丈夫でしたか?
        天災に人災が加わり、あちこち大変ですよね。

        Δの新作いつ頃情報出ますかね?

        新作が出ることで、相乗効果的にワルキューレの注目度もうなぎ登りです。

        早く新しいピースが欲しいですね。

        • プレミアムな時に食べようと目論んでたハーゲンダッツが御臨終しちゃいましたけど、幸い我が家はその程度の被害で済みました~。
          信号の点かない道路を走るのが怖かったですね。ダイハード4のサイバーテロを思い出したり、ここ数年日本を襲う災害の多さに、ついつい昔懐かしいMMRを思い出したり。。。

          完全新作となると、公開は2~3年くらい先なんでしょうかね。
          掘っても掘っても底がないくらいΔの設定はテンコ盛りだから、監督がどこを掘り下げるのか楽しみでなりません。

          メッサ―君の出番もありますように。お百度参りをして情報解禁に備えたいと思います。。。

コメント欄

*
DigiPress

話題のデカルチャー!!

Return Top